アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!

  • ¥0

    無料

断酒すると決意したのに夕方になると「これが最後」と言ってまた飲んでしまうのがアルコール依存症への片道切符です。 このメルマガに登録すると、毎日夕方4時に「内なる悪魔に負けちゃダメ!」という内容のメールが届きます。 断酒に挫折する最大の原因は意志の強い・弱いではなく、魔が差して飲んでしまうことです。 しかしこのメールが届けば、「はっ!」と我に返ることができます。 悪魔に打ち勝つことができれば、翌朝は顔のむくみもなく、スッキリと目覚められるでしょう。 1ヶ月で小顔になり、3ヶ月でお腹ぺったんこになります。 いつしか人生の問題のほとんどが消滅しているでしょう。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!
発行周期
日刊
最終発行日
2018年10月19日
 
発行部数
1,075部
メルマガID
0001678299
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい! No.185

(追伸あり:夜8時の延長戦も配信してます)

※メルマガの到達率が悪くなっているようです。予備としてパソコンでもメルマガの登録をしてください。携帯に届かない場合でも受信できます。
[メルマガが届かないとき]
https://help.mag2.com/000335.html


2018年(平成30年)10月19日(金曜:先勝)16:00(日本時間)
元旦から292日目・年末まで73日(旧暦9月11日)


今週ラストの金曜も、もうすぐ定時ですね。


このメルマガには、何かの事情でお酒をやめたいのにやめられなくて困っている人達に限定した内容が書かれています。


お酒をやめたくない人達にとっては、不快な内容を含んでいますのでご注意ください。


アルコールには発ガン性がありますので、飲酒は口腔・咽頭・喉頭・食道・肝臓・大腸と女性の乳房の癌の原因になります。(厚生労働省e-ヘルスネットより)


[アルコールと癌]
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-008.html


アルコールと自殺は強い関係にあり、自殺した人の約1/3は直前に飲酒しています。(厚生労働省e-ヘルスネットより)


[アルコールとうつ、自殺]
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-006.html


お酒は「発ガン性飲料・うつ病促進飲料(自殺飲料)」です。


このメルマガを読み始めたら、発ガン性飲料・自殺飲料を買わずに帰宅してください。


◎アルコールは自分へのご褒美ではありません。心身への虐待です。

◎アルコールはストレス解消にはなりません。ストレスを増やします。

◎アルコールは百薬の長ではありません。病気の原因です。


「お金の問題」・「人間関係の問題」・「健康の問題」は全て酒が引き寄せています。


[断酒を3ヶ月以上続けるコツ]

1. テレビをつけない

2. 買い物へ行ってもお酒のコーナーには近付かない

3. カレンダーに◯をつける


[なんちゃってサワーの作り方]
http://sp.dansyu.com/fakesour.html


[アメブロ:アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!]
https://ameblo.jp/heathlaker/




[今日の本題]

このメルマガの読者の方がアメブロで「アウトプット」を始められました。皆さんと同じ様に散々お酒で苦労されたお二人の女性です。


当然のことですが、断酒を始めると昔の飲み仲間と疎遠になります。新しい断酒仲間ができるまでは、ひとりぼっち状態になるわけです。


そんなときに同じ境遇を共有できる仲間に今の心境を聞いてもらうことは、例えコメントやメッセージが返ってこなくても、大きな心の支えになるものです。


お二人のアメブロを私も読ませて頂いておりますが、ご主人とのやりとりなどが、実にリアルでドラマや小説よりライブ感があって心を動かされます。


読者の皆さんも是非ご一読下さい。アメブロをお持ちの方はフォロー申請して欲しいです。


[bonne humeur(ボンヌ・ユムール)さん]
https://ameblo.jp/bonnehumeur/

[リリカさん]
https://ameblo.jp/midu10/


さて、断酒を継続するには知識を入れる「インプット」も大事ですが、アルコールで苦労している同じ境遇の仲間に現在の心境を語る「アウトプット」も大事です。


これはアルコールで苦労したことの無い人に聞いてもらってもあまり意味がありません。意味が無いどころか逆効果になる場合もあります。


アメブロはFacebookと違って本名・連絡先などを完全にブラインドで公開できますから、うっかり固有名詞を出してしまったり、部屋の写真をアップしてしまったりしない限り誰なのかを特定されることはありません。


コメントに誹謗中傷を書き込んでくるような心無い人がいたとしても、コメントの設定を「承認しから公開」にしておけば炎上することもありません。


悪意のあるコメントはスルーして即ゴミ箱へ放り込んで下さい。アメブロは管理がしっかりしていますから、あまりしつこい場合は通報すれば即対応してくれます。着信拒否もできます。


アメブロはログインしなくてもホームページの様に一般の人々も閲覧できますので、アルコールで苦労していない人も読むことができます。


しかし、そんな一見さんは気にせずに、お互いにフォローし合っている断酒仲間に向けて現在の心境を書いていけばいいと思います。


もし、このメルマガの読者の方でアメブロで「アウトプット」を始められた方がいらっしゃいましたら新設したヒース・レイカーのアメブロにフォロー申請して下さい。こちらからもフォロー申請させて頂きます。


一般の方もフォロー申請してきますので、アメブロのメッセージ機能に「メルマガの読者です」と書いて送信していただけると助かります。


[アメブロ:アルコール依存症じゃないけど、酒をやめたい!]
https://ameblo.jp/heathlaker


しかし、読者の中にはブログを書いたりするのが苦手な方もいらっしゃいます。


そして断酒会に行くのも嫌がる方もいらっしゃいます。断酒会はアルコール依存症で入院治療し、退院された方が主体の自助グループなので、入院経験の無い方は居心地が良くないと感じられる場合もあるのです。


せっかく断酒をはじめたのに、「ぼっち感」に苛まれて再飲酒してしまったり、きっかけがつかめなくて断酒をスタート出来ない方はどうすれば良いのでしょうか。


そこでとうとう私は、清水の舞台から飛び降りるつもりで、ヒース・レイカーの「断酒アウトプット・プログラム」を開始することにしました。


仕事・メルマガ(3本)・ブログ・運動を継続しながらどうやって時間を捻出すれば良いかを考えたのですが、まず朝4時に起床して12kmジョギングした後の6時から8時をアウトプットの「モーニング」に当てます。


朝の運動(ウォーキング等)を始めるきっかけとできれば理想ですが、部屋にいながらでも結構ですので、携帯電話で「アウトプット」して頂きます。電話はこちらからかけます。


電話で「お名前・住所・職業・年齢・その他」等は一切質問しません。アウトプットしたい方が話したい事を話すだけです。アウトプットは人生相談ではありません。魂の開放です。もし断酒についてのご質問があれば、丁寧にアドバイスさせて頂きます。時間は40分間です。


更に夕方5時から8時までをアウトプットの「イブニング」に当てます。


主婦の方で毎夕料理しながらのお酒がやめられず、いつまでも断酒をスタートできないという方や、お勤めの方で寝酒の癖が治らないという方などにアウトプットして頂きます。お酒を飲みながらのアウトプットは出来ません。


やはりこちらから電話させて頂き、私から質問したりすることもありません。


断酒アウトプット・プログラムは有料です。アウトプットは時間が長いので占いや他のサービスと比べると今回の料金設定では見合いません。将来的には料金を上げさせて頂く可能性もあります。とりあえず今回は需要を測る上で低価格になっています。


飲み代にお金を使ってオシッコにしてしまうなら、人生のために一度は断酒アウトプットしてください。


断酒会へ行けない人のために携帯電話を使ってプライベートな断酒会の環境を実現するのが「断酒アウトプット・プログラム」です。


酒代に延々とお金を使い続けてしまい、将来が心配な方、何かのグループに入り、定期的に会費を支払うのが煩わしく感じる方、そして順調に断酒が続いている方は、1度「断酒アウトプット・プログラム」を利用してみてください。


これは人生相談ではありません。お酒に振り回されない人生を手に入れるための特別なプログラムです。


私が体調を崩したり、このメルマガや夜8時のメルマガに支障が出るようであれば、止むを得ず中止させて頂きます。


いつまで出来るかわかりませんが、お酒をやめたくてもやめられないで苦しんでいる人達に一人でも多く、人生は素晴らしいということを体現して頂きたいと思っています。


ヒース・レイカーの「断酒アウトプット・プログラム」の詳細は以下のリンクからご覧下さい。


[断酒アウトプット・プログラム]
https://designpark.heteml.jp/dansyu.com/output/


[断酒アウトプット・プログラムの解説]
http://dansyu.com/




【お知らせ】
私事ですが、12/16(日)に水戸市で開催される「人生100年時代の生活習慣」という講演会に登壇者の1人として参加することになりました。


詳しくは下記特設ブログをご覧ください。


[人生100年時代の生活習慣セミナー2018年12月16日]
https://ameblo.jp/pro-ikeda


[リーフレットPDF]
http://graphicpark.org/promotion/181216/181216.pdf




夜8時のメルマガ「延長戦」では、読者からのメッセージの紹介や、断酒人生の哲学や、断酒で出来た時間の過ごし方などについて配信しています。


断酒は最初の一口目だけ我慢すれば成功します。


最初の一口目だけ我慢すれば、二口目は無いからです。


今日も寝るまで「面倒くさいから明日飲ませてやる」と内なる悪魔に言い続けて布団に入ってしまってください。


いっしょに今夜も悪魔を退治しましょう。


明日の目覚めは快適で顔のむくみもないでしょう。


1ヶ月で小顔になり、3ヶ月でお腹はぺったんこです。


追伸

せっかくお酒を買わずに帰宅できたのに、どうしても我慢できなくなってしまう時があります。

そこで再び「酒やめたい!延長戦」というメルマガを毎日夜8時に配信してます。


ここで思い留まれれば今夜の断酒は成功するという最後の防衛線です。


「酒やめたい!延長戦」の内容は、


1. 酒を買わずに帰宅出来た方

2. ちょっとだけ飲みたくなっている方

3. もう我慢出来なくてコンビニへ行く寸前の方


というように3つのタイトルに分かれています。


月額500円(税別)の有料メルマガですが、年間50万円以上の酒代が浮けば人生にもっと有意義なことを始められます。


ジムに通う、エステに通う、資格の勉強をする、サイドビジネスを始めるなどなど・・・本当のあなたらしい人生を取り戻してください。


たった1日分の缶チューハイ代で未来が変わります。


初月無料「酒やめたい!延長戦」
http://www.mag2.com/m/0001683036.html


でも、このメルマガを読んでも我慢できない方は手遅れにならないうちに断酒会に連絡してください。もはや人生どうのこうのという状態ではありません。

公益社団法人 全日本断酒連盟 相談窓口(各県別)
http://www.dansyu-renmei.or.jp/mobile/contents05.html

上記のサイトで最寄りの断酒会に電話連絡後、公民館等で毎週1回行われる断酒例会に参加してください。

◯入会金1,000円程度
◯月会費1,000円〜2,500円
◯全断連会費3,600円(年)
※入会金と月会費は地域断酒会により若干の差があります。


本人だけでなくご家族の方がこのメールを読まれている場合でも手遅れになる前に断酒会に連絡してください。決してためらわないでください。


日本はあなたを見捨てません。


ヒース・レイカー






























メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ