郵政、損失3兆円 ゆうちょ銀の株価下落

2020.09.30
0
by 時事通信


記者会見する日本郵政の増田寛也社長=30日午後、東京都千代田区

記者会見する日本郵政の増田寛也社長=30日午後、東京都千代田区

 は30日、グループのの株価下落に伴い、2020年4~9月期の単体決算で3兆404億円の特別損失を計上すると発表した。増田寛也社長は記者会見で「経営の健全性に影響を及ぼすものではない」と説明した。
 低金利による収益低下に加え、電子決済サービスを通じた多額の貯金不正引き出しなどが投資家の不安を招き、ゆうちょ銀の株価下落につながった。増田氏は「真摯(しんし)に受け止め、企業価値の向上に取り組む」と述べた。
 日政が保有するゆうちょ銀株の簿価は1株当たり1732円。これが30日の終値で半分以下の821円まで値下がりした。
 会計制度上、連結決算には影響はないという。ただ、配当原資となる日政単体の利益剰余金の取り崩しにつながり、配当が減る可能性がある。増田氏は「通期の配当は未定だが、(安定的な)配当政策に変更はない」と話した。(2020/09/30-20:38)

print

人気のオススメ記事

  • PR 米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    米大統選相場を味方につける。withコロナ時代の今こそ投資家デビューを
    (PR:岡三オンライン証券)