クラウドサービスを実態調査 寡占進展の疑い―公取委

2021.04.14
0
by 時事通信

 公正取引委員会の菅久修一事務総長は14日の定例記者会見で、データの管理やメールのやりとりなどの機能をインターネット経由で提供するクラウドサービスに関し、実態調査に着手すると発表した。菅久氏は、クラウド市場は米グーグルなど巨大IT企業の台頭で「寡占が進んでいるとの指摘がある」と述べ、適正な競争環境が維持されているか確認する必要があると説明した。(2021/04/14-16:11)

print

人気のオススメ記事

  • PR 最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    (PR:株式会社ゼロホーム)