ワーキングウーマンのための「食」通信

  • ¥0

    無料

「心身元気になる料理生活」をモットーに食材食べきりレシピや食・健康に関する情報を料理教室・食の企画事務所Y'sfoodlabo主宰の管理栄養士二本木ゆうこが発信します。家で、職場で、日々頑張っているあなたに!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ワーキングウーマンのための「食」通信
発行周期
不定期概ね月1回発行
最終発行日
2017年08月05日
 
発行部数
1,270部
メルマガID
0000090890
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > レシピ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

-*-*-*-*-*-*- 第343号(2017/8/5) *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
     
ワーキングウーマンのための「食」通信
          
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 「心身元気になる料理生活」。作る楽しさと、作る人+その大事な人
  の「美味しい」というヨロコビが心身の元気を作ると信じています。
  料理教室・食の企画事務所Y'sfoodlaboの管理栄養士 二本木ゆうこ
  が食情報をお送りします。

____________________も_く_じ________________________________

1.材料使い切りレシピ「冷蔵庫の片隅に愛を込めて」
  ・・今号は この時期、沢山手に入る茄子で美味しく!
    「茄子のグラタン」

2.「両親に作ってあげたいちょっと柔らかめの料理」
  ・・第20回 「はちみつトマト」    
 
3.料理の基礎トレーニング『マンツーマンレッスン』のご案内
                  
4.セミナー(無料)のおしらせ・・興味ある方ご参加下さい!
          「40歳からの介護を遠ざける食生活」
______________________________________________________________

いつもお読みいただきありがとうございます!
 皆さまお元気ですか?

今号レシピその1は「茄子のグラタン」

 そして「両親に作ってあげたいちょっと柔らかめの料理」は
 「はちみつトマト」です。



●1.材料使い切りレシピ「冷蔵庫の片隅材料に愛を込めて♪」

今号は・・・ この時期、沢山手に入る茄子で美味しく!
        「茄子のグラタン」

 ひとこと:ラタトゥイユ風の煮込みにチーズをかけて焼きます。
      結構さっぱり味。焼かずに食べても美味しいです。

<材料>3~4人分
 茄子          5本
 玉ねぎ        1/4個 
 トマト      大き目1個
 にんにく(みじん切り)1片
 オリーブオイル    適量
 塩・胡椒       適量
 顆粒コンソメ    小さじ1
 カレー粉      小さじ1
 豚ひき肉       150g
 ピザ用チーズ     適量

<作り方>
1.玉ねぎは粗みじんに切る。茄子は2cm角に切り水に5分ほど
  晒してアクを抜きざるに上げておく。
  トマトは1.5cm角に切る。

2.フライパンににんにくとオリーブオイルを入れ点火。玉ねぎ
  を炒め始める。油がなじんだらひき肉を加えて炒め塩、こし
  ょうする。

3.茄子を入れすぐに塩を振り茄子の表面に油がなじむまで炒め
  (足りなければ油を足す)トマト、カレー粉、顆粒コンソメ
  を加えて蓋をし茄子が柔らかくなるまで蒸し煮にする。

4.トマトの水分がなべ底にあれば少し煮詰めて塩で調味し火を
  止める。グラタン皿などに移しピザ用チーズを振りかけトー
  スターまたはオーブン(230℃前後)でチーズが程よく焼
  けるまで焼く。

●ここがポイント!
 カレー粉は「ちょっとスパイシー!」くらいの量なのでお好み
 で増やしても。甘味が欲しい場合は少量の砂糖で。味の印象が
 結構変わります。

 画像はこちら:
 https://ameblo.jp/1to1lesson/entry-12298890182.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 

●2.「両親に作ってあげたいちょっと柔らかめの料理」
 
 このコーナーでは「ちょっと柔らかめ」の料理や「いつも
 の調理に食べやすさや柔らかさのヒントを加えたレシピ」
 など家族みんなで食べられるレシピを紹介しています。

 年齢を重ねて噛む力が衰えることで食べるものが偏ってく
 ると徐々に栄養バランスが崩れがちになります。

 いつまでも元気で過ごしていただくために、そして食の楽
 しさをいつまでも。よかったらヒントになさって下さい。
 
 
 
 第20回 「はちみつトマト」    

ひとこと:柔らかさのポイントは「皮の湯むき」。
     果物替わりにデザート、おやつにもなります。     

 <材料>作りやすい量
 トマト1個
 はちみつ適量
 レモン汁小さじ1/2
塩一つまみ

<作り方>
1.トマトはへたをくりぬき下の部分に浅く十字の切り目を入れる。

2.小鍋に湯を沸かし1を全面転がしすぐに引き上げる
   (冷水にとっても良い)。

3.皮を手で剥き食べやすく切ってはちみつを絡め、レモン汁、塩
  を振って一混ぜし器に盛る。

●ここがポイント!
 はちみつを絡め時間が経つと徐々に脱水して来ます。(それはそ
 れで美味しいです)が、食べる間際に絡める方が実のジューシー
 さという点でおすすめ。皮むきの一手間で味なじみがよく食べや
 すくなります。ミニトマトでも美味。 
 
 画像はこちら
 https://ameblo.jp/1to1lesson/entry-12298890182.html
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


●3.料理の基礎トレーニング『マンツーマンレッスン』のご案内

◇料理の基礎トレーニング『マンツーマンレッスン』のご案内

 2008年からマンツーマン専門教室として沢山の方の上達を
 サポートしています。煮る、焼く、蒸す、揚げる、魚をおろす、
 包丁を研ぐ など家庭料理の基本一通りをすぐに役立つ
 人気定番メニューで学びます。
 ご結婚前の準備、そしてご結婚後「即実践」の集中トレーニング
 にも大変ご好評いただいております。

 ご自身と大切な方のために「料理上手になりたい!」想いを全力
 でサポートします。
 近年神奈川、東京ほか千葉、埼玉、静岡など他県からもお越し頂
 いています。
       
  マンツーマンレッスン:http://yfood.net/mantoman/
  
  『生徒さんの声』(随時更新)http://yfood.net/voice/
 

 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

●4.セミナー(無料)のおしらせ・・興味ある方ご参加下さい!
          「40歳からの介護を遠ざける食生活」

○8月18日に横浜メディア・ ビジネスセンターで開催される異業種
 交流会 BizCafe8( ビズカフェエイト)のゲストスピーカーを
 務めます。

 1時間のセミナーでお話しする内容は

「40歳からの介護を遠ざける食生活」です

 概要ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 働き盛りのご自身の将来とそろそろ介護が気になる親御さんのた
 めに「元気なうちから心がけたい食生活」について一緒に考えま
 しょう。
 噛む力が弱い方に食べやすい、すぐに活用できる「柔らかめ調理」
 の工夫もご紹介します。
 -----------------------------

 数年前、数カ所の介護予防セミナーで講師を務めました。
 当時講座は運動、口腔、栄養が柱になっていて各専門の先生方と
 一緒に仕事をさせていただいて講座の期間を通し高齢のご参加者
 がどんどん元気になっていく姿に感銘を受けたものでした。

 その後、自分が遠距離介護を実際するようになってつくづく改め
 て思うのは「体力を落とさない食が必要」ということと「食は楽
 しみであることで心も満たされるもの」ということです。
 
参加費無料でどなたでもご参加いただけます(要事前予約)。
興味ある方、ぜひご参加下さい!

お申込みは「ビズカフェ8 事務局」に直接お申込み下さい。
※下記URLのどちらのページでも一番下に連絡先がございます
 
 〇「ビズカフェ8」とは⇒ http://bizcafe8.jp/
 〇 8月18日の詳細WEBチラシはこちら
⇒ http://bizcafe8.jp/20170717-announcement-14th-bizcafe8/


○書籍「料理教室へ行こう!首都圏版Vol.2」(双眼社刊)に当教
室のインタビュー、レシピが掲載されています。
 http://www.sougansha.co.jp/SHOP/9784907981297.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
■メールマガジンのご感想、料理を作ってみられたご感想など
 よかったらお気軽にお聞かせ下さい↓
 info●yfood.net   ●→@ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 3つのブログ・HPを運営しています。最近の内容は・・・

□【料理教室ブログ】 http://ameblo.jp/1to1lesson/
 『暑い毎日ですが料理熱も高い!』ほか

□【HP「おとなの食活しんぶん」】
  http://otonashoku.net/
 『汁物の大切さ』ほか

□【食と健康の企画事務所ニュース】
  http://blog.goo.ne.jp/yfood/
 『パティスリー&ブーランジェリージャパン2017』ほか   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 それでは! また次号、元気でお会いしましょう!

----------------------------------------------------------------
【発行者】「食」と「健康」の企画事務所 Y's food labo
     元気食プロデューサー・管理栄養士 二本木ゆうこ

・個人向け料理の基礎トレーニング・法人、団体向け料理研修     
・調理イベント講師・実演用レシピの開発
・商品開発・メニュー開発支援
 http://yfood.net
      
 ※有料広告、相互広告は承っておりません。
 ※このメールマガジンはまるごと転送歓迎です。興味があ
  りそうな知人ご友人に転送してあげて下さい。 
 ※内容・レシピ・画像等の無断転載は固くお断りしています。

【登録・解除・バックナンバーはこちら】
 解除ご希望の場合はご自身にて下記より簡単に操作できます。

 〇まぐまぐご利用⇒ http://www.mag2.com/m/0000090890.htm  
  ※画面上のバーの中の「登録解除」から操作

 〇メルマご利用⇒ http://melma.com/backnumber_154229_5842821/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ