快眠セラピスト 三橋美穂の【目指せ!眠りの達人】

  • ¥0

    無料

不眠や寝不足で体調を崩していませんか?快眠セラピストとしての経験や知識を生かして、すぐに役立つ快眠法や季節の睡眠情報、日々思っていることなどを綴っていきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
快眠セラピスト 三橋美穂の【目指せ!眠りの達人】
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年09月01日
 
発行部数
721部
メルマガID
0000124020
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

▲▽-------------第140号-----------▲▽ (2017/9/1)


みなさん、こんにちは!
快眠セラピスト/睡眠環境プランナーの三橋美穂です。

今日から9月ですね。
昨日の東京は最高気温が22℃で、8月とは思えない
涼しさでした。
盛夏がないまま秋に突入しぞうですね。

例年なら間もなく「秋バテ」の時期。
今年も天候が不順なので、体調不良の人が増えるのでは
ないかと思います。

そこで今回は、秋バテを防ぐコツについて、
お伝えしたいと思います。


---------------------------------------------------


●『“秋バテ”を防ぐ眠り方』


先月は夏風邪が治ったかと思ったら、
今度はひどい腰痛になり、夏休みは寝込んで過ごしました。


それがきっかけで近所の鍼灸院に通い始めたのですが、
先生に指摘されたのが、内臓の冷えです。


腰痛のきっかけは別のことでしたが、内臓の冷えによって
腰の筋肉が緊張状態にあることが、本質的な問題との
ことでした。


内臓が冷えている自覚は何となくありましたが、
それが腰痛につながっていたとは思ってもいません
でした。そして、その診立てには合点がいきました。


鍼とお灸を施してもらったら、手足がぽかぽかしてきて、
腰の痛みもスーッと引いて行き、体が緩んで気持ちよく
なっていくのが体感できました。


冷えの自覚がない人でも、夏の間の冷飲食で胃腸を冷やしたり、
クーラーのかけすぎで体力を消耗し、秋バテ症状が出るのが
9月です。


私たちの体は、暑ければ汗をかいて放熱しようと、
自律神経で体温を調節しています。3~5度の温度差なら
無理なく対応できると言われていますが、例えば
外気温が32℃で室温は25℃だと、自律神経への負担は
相当なものです。


冷たい飲食で胃腸機能が弱ってくると、栄養吸収もままならず、
体力も落ちてきます。


そこにストレスや睡眠不足が重なると自律神経失調状態となり、
疲れが抜けない、体がだるいという、秋バテ症状になるのです。


自律神経を整えるためには、まず睡眠をしっかりとることです。
睡眠の「質(睡眠の深さ)」、「量(適切な睡眠時間)」、
「リズム(規則性)」を意識してみましょう。


良質な睡眠は入眠直後が一番深いので、
まず目指したいのは寝つきをスムーズにすることです。
そのために心がけたいことは、こちらです。


・日中は活動的に過ごす(夕方の運動がGood!)
・夕方以降は、うたた寝しない
・就寝1~2時間前にぬるめの入浴
・就寝前の食事、カフェイン、アルコール、タバコは避ける
・スマホは寝床に持ち込まない
・清潔で、暗く、静かな寝室を


睡眠時間は7~8時間しっかりとってみてください。


起床は毎日同じ時刻に揃え、就寝は遅くとも12時までに。
そして、思い切って夜10時に寝ると決めてみませんか。
10時就寝で7~8時間睡眠を1週間続ければ、
かなり疲れはとれるはずです。(私も今やっているところです!)


パジャマは長袖長ズボンを着て、
腹巻きとレッグウォーマーも着用してみてください。


睡眠中は体温調整をするための反射機能が低下しているので、
掛け布団が外れたときに寒さを感じるまでのタイムラグがあり、
風邪を引きやすいのです。
しっかり着込んでおくことが、寝冷えを防ぐコツです。


さらに腹巻きでお腹を温めると、体の内側の熱が外側に移動して、
深部体温が下がりやすく熟睡感が得られます。
手足とお腹が温かいのが、熟睡サインです。


9月の気温は不安定で、急に寒くなったり暑くなることがあります。
寝るときには足下にタオルケットや毛布を用意しておき、
寒さを感じたら、サッと掛けられるようにしましょう。


鍼灸の先生から勧められたのは、食事は鍋料理、シャワーではなく入浴、
そして早めの就寝です。さらに、冷たい飲食、体を冷やすフルーツや
甘いものを控えることでした。


これらを参考に、体調が不安定になる季節の変わり目を
乗りきってください。


----------------------------------------------------


(おわりに)

新刊のお知らせです。

『赤ちゃんとママがぐっすり眠れる本』(リベラル社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4434237365

この中で年齢別におすすめの、おやすみ絵本を20冊
セレクトしてご紹介しています。

医学監修は、3ヵ月待ちの人気の小児科専門医
小山博史先生。赤ちゃんが夜泣きするのは普通のことで、
これを読むと気持ちが軽くなるでしょう。
もちろん対処方法も載っています。

ぜひ、お役立てくださいね。
プレゼントにもおすすめです。

みなさんにとって、9月が佳き一か月でありますように!

三橋美穂

公式サイト http://sleepeace.com/
ブログ http://mmmiho.blog27.fc2.com/
ツイッター http://twitter.com/384miho


----------------------------------------------------


≪書籍≫

●『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』
 (かんき出版) 【6刷増版】
 http://tinyurl.com/pg5wmus

●『脳が若返る快眠の技術』(KADOKAWA)
 ~ぐっすり眠れる人は、認知症にならない~
 http://tinyurl.com/omxxohz

●『ニャンともぐっすり眠れる本』(主婦の友インフォス情報社)
 http://tinyurl.com/zzscj7n

● 世界的ベストセラー 日本語版監訳 【シリーズ100万部突破】
 『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)
 『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』(飛鳥新社)
 『おやすみ、エレン 魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)
 http://www.asukashinsha.jp/oyasumi-roger/


---------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ