JWCS WILDLIFE NEWS!

  • ¥0

    無料

著者サイト

NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)の発行するメールマガジン。ここでしか読めない海外発ニュースなど、国内外の野生生物保全に関するニュースをいち早くお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            メールマガジン
     JWCS  WILDLIFE NEWS !

       【vol.127  2017年 6月 5日】

          http://www.jwcs.org
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 海外のNGOは活動のアピールに着ぐるみをよく使います。そこで
JWCSでもやってみる?とボランティアの皆さんと相談中です。
着ぐるみは夏は暑いから、動物のぬいぐるみ風のティッシュボック
スカバーを頭にかぶるのはどうかな?というアイデアが出ました。
でもお店で頭にかぶれるのか試していたら怪しいですよね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 改正・種の保存法案 可決
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の
保存法)」改正案が可決しました。
 JWCSは「種の保存法改正法案へのNGO共同意見書」の中で意見
を表明し、他団体とともにロビー活動を行いました。法案の変更には
至りませんでしたが、今後の運用や5年後の改正に向けた討論や附帯
決議の採択に貢献することができました。
 改正では国内の二次的自然に生息する絶滅危惧種(昆虫、魚、両
生類など)が販売目的での大量捕獲が規制されるようになりました。
また希少種の保護増殖を行う適切な動植物園等を認定する制度が創設
されました。
vそして国際希少野生動植物種のうち、ワシントン条約附属書1に掲
載されているペット動物を国内で流通するときは、登録にあたって
マイクロチップや足環など個体を識別する措置を義務付けることや、
登録に期限を設けて死んだ動物の登録票の使いまわしを防ぐことを
狙った法改正が行われました。しかし、規制前取得として登録できる
期間に定めがないことや、疑わしいペット販売がなかなか検挙されな
い現実が改善されるのかなど、国際的な野生生物犯罪の取り締まり強
化に貢献できているのか疑問が残ります。
 先月公開された、米国の政府機関や国際団体などによる報告書では、
日本の空港は密輸を取り締まれていないことを示すグラフが掲載さ
れていました。
(http://routespartnership.org/industry-resources/
publications/flying-under-the-radar-final.pdf  p89)
 象牙に関しては、業者に対する規制が強化、個人所有の全形牙の登
録審査の厳格化と登録推進が打ち出されたものの、ワシントン条約第
17回締約国会議で採択された国内象牙市場閉鎖とは程遠い法改正に終
わりました。
 次回の法改正の5年後までにできることは、絶滅危惧種ペットの密
輸や象牙市場の活性化をさせないため、消費者から需要を減少させるこ
とと、違法取引への監視の目を強めることです。
今後とも活動へのご支援をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ NGOと企業のパートナーシップを考えます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度公開理論研究会
「企業のリスク管理とNGOとのパートナーシップによる取り組み」
●主催:認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
●日時:2017年6月17日(土)15:00-16:30
●会場:武蔵野市市民会館 会議室
http://www.city.musashino.lg.jp/m/shisetsu_annai/
shisetsu_bunka/bunkageijutu/1000600.html
●報告者:永石文明(JWCS理事)
●お申し込み:資料準備のため事前に、メールまたはファクス、
電話(留守番電話が承ります)でお名前と参加人数をお知らせく
ださい。
E-mail:event@jwcs.org/TEL・FAX:0422-54-4885
14:30-14:45はJWCSの会員総会を行っています。どなたでも傍聴
できますのでお気軽にお立ちよりください。
くわしくは http://www.jwcs.org/activity/event.html

★JWCSは新年度会員を募集しています。
JWCSのウェブサイトからご連絡ください。
http://www.jwcs.org/join/person.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JWCSとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人間にとっての自然環境を守るためにも、野生生物界が健全に維
持されることは必要不可欠です。野生生物は多様なので、人間との
共存を達成する方法もさまざまであると考えられます。
中でも日本が野生動植物を商業的に利用することでその存続を危
うくしている野生生物種の保全を中心に、緊密に連携しあう実践と
理論の構築を行っています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
★当会への寄付金・正会員会費は所得税・都民税・相続税・
法人税の優遇措置の対象になります。
ご入会・ご寄付のご案内(ネットバンキングがご利用になれます)
→http://www.jwcs.org/join/person.html
 Tel/Fax 0422-54-4885
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

==================================================
JWCS WILDLIFE NEWS! / Vol.127 2017.6.5
認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
URL :http://www.jwcs.org
メール :info@jwcs.org
Twitter:https://twitter.com/JWCSJWCS
Facebook:現在536いいね!
https://www.facebook.com/JapanWildlifeConservationSociety/
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL: 0422-54-4885
発行人:安藤元一  編集人:鈴木希理恵
==================================================
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
JWCS WILDLIFE NEWS!
発行周期
不定期
最終発行日
2017年06月05日
 
発行部数
702部
メルマガID
0000131580
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ