1日2食の健康革命

  • ¥0

    無料

朝食を抜くと、なぜ健康になるのか? 体のあらゆる不調が改善される1日2食健康法を教えます。疲れがとれます。花粉症も治るのです。4年連続「まぐまぐ大賞」部門賞に選ばれたメルマガ。読むと人生が変わります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
1日2食の健康革命
発行周期
月3回
最終発行日
2018年05月19日
 
発行部数
10,107部
メルマガID
0000134473
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

  提供: まぐまぐ!




―□□□―――――――――――――――――
―――■ 1日2食の健康革命
―□□□
―□―       vol.560 2018/5/19
―□□□―――――――――――――――――




 こんにちは。松井です。




  ◆クローン病中ひざくりげ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 東京・銀座にある白川太郎先生のクリニックにやってきた。


 オシャレな院内で1時間半ほど待つと、

 「松井さあん」

 きたー。




 わたしと家内とで診察室に入る。


 「まえに富山市の講演会でお会いしました、
松井です。クローン病の……」

 「ああ、」覚えていてくださった。「わざわざ
東京まで来てくれたんですか」


 「もっと早く来たかったんですが。
講演会のときおっしゃった
NS乳酸菌はすぐに飲みはじめまして、
いまそれだけでずいぶん良くなっています。
1日20回から30回あった便が10回
くらいになりました。
便の形状もよくなっています」




 先生は問診票に目をやられ、
「んっ? 6月18日?」
誕生日である。
「わたしと同じじゃないですか」


 「え~、そうなんですか! お名前も
親近感をおぼえていたんです」


 先生は太郎、わたしは二郎。

並べて書くのは恐縮だが。




 「いま薬は飲んでるんですか?」


 「ペンタサは飲んでいませんが、」

これまでのいきさつと松本医学の治療を
していることを話した。

「それでほかのひとは治っているのに、
わたしは治らないものですから、
そんなとき白川先生の講演会をききまして、
みてもらいたいと思ったんです」


 「その漢方薬というのは、効いているの?」

 「はい」


 「うん、じゃあ、それはそのまま続けてください。
松井さんは子供のとき牛乳は飲んでた?」

 「母が牛乳信者で、わたしに水を与えるかわりに
牛乳を与えたことが自慢でした」


 「うん、そしたら、きみにはもっと合うものが
あると思うよ」

 「あ……それで講演会のときおっしゃっていた、
ヒマラヤなんとかを試してみたいんですが」

 「ああ、」

先生はすぐに足元の袋から出してくれた。




 “ヒマラヤ仙草エキス”※

   (※現在は「安夢治(アムチ)」に名称変更)




 10センチ四方ほどの紙箱に、
なにやら中国語が書いてある。

先生はそれを机のうえにのせて、


 「クローン病の原因は牛結核菌という
説があるんです。
アレルギーになるような物質を排泄しにくい
腸にしてしまう。

クローン病は、原因物質は不明だけれど、
原因物質があるのはまちがいなくて、

クローン病のひとというのはその原因物質を
剥(は)がして出す力が極端に弱くなっている。

ふつうのひとはできていることが
クローン病のひとはできていないんです。

ですから、剥がす力、出す力、
これを合わせれば、
クローン病は理論上は良くなるんです」


 箱を手にとられて、


 「このヒマラヤ仙草というのは、
何種類かの漢方薬をまぜてるんですが、
チベットの高山に生えていて、
標高が高いものだから紫外線が強い。
自分で紫外線に対抗して身を守らないと
いけないから強くなるんだ。

そういうのを何種類か、
がんだったらこれとこれの組み合わせ、
アレルギーならこれとこれの組み合わせ
というのがあって、
それがチベット医学の奥義なんです。

ところが漢民族が攻めこんでみんな
持ってっちゃったもんだから、
なくなっちゃってる。
なので、高いんですよ。2万円です。
ごめんね。やりますか?」


 「やります」


 このときは知らなかったが定価は3万7000円なのである。


 「でも原因物質がちがうなら、効きませんよ。
でも試す価値はあります。いいですか?」




(つづく)


      ◇


 では次のコーナーへ。




  ◆NS乳酸菌とは
  1章 菌と人間(2)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    子宮筋腫・子宮頸がんの原因は




 わたしの体を洗う、ということは、わたしの菌を
洗い流しているわけで、まことにもったいない。




 ちなみにわたしは、顔も洗わない。これも菌が
もったいないからだ。

わたしの皮膚を守ってくれている、たいせつな友達
である。

古い角質が浮き上がっているときだけ、やはりこれも、
「しかたなく」洗うことにしている。

なるべく石鹸は使わない。


いまアトピーが出ているので
見栄えのよい顔ではないが、

不潔な顔ではない、

……はず。




 アトピーになってから、ますます、
皮膚の菌に気をつかうようになった。


 皮膚には皮膚免疫というのがある。

皮膚にすみつく菌が、危ない菌を
はじいてくれているのだ。


アトピーになると皮膚が破れる。

その破れ目から病原菌が入ってくれば感染症、
ようするにカゼをひいてしまう。

カゼくらいならよいが、最悪のばあい敗血症
や髄膜炎もあるので、

めったにないとはいえ命にかかわることで
あるから気をつけねばならない。

菌をたいせつにしておかないと。




 いっぽう、アトピーのかゆみも菌がおこしている。

かゆみの半分は免疫細胞がおこしているが、

もう半分は破れた皮膚に繁殖した黄色ブドウ球菌
やレンサ球菌が吐きだす毒素のせいである。




 そこで、この黄色ブドウ球菌・レンサ球菌を
洗い流すために体を洗うべきか、

皮膚免疫を育てるために洗わないべきかは、

悩むところだ。




 洗えば、

ずいぶんとアトピーの湿疹が引っこむ。
かゆみも減る。

とくに洗った直後はかゆみが激減する。

黄色ブドウ球菌らを洗い流した成果であろう。




 じゃあ、アトピーのひとは毎日からだを洗えばいいよね、

とはならない。

さっき述べたように皮膚を守っているのもまた菌だから。


基本は洗わないべきだ。洗うときは

「そろそろ洗わないといけないからしかたなく」

という姿勢が正しい。




 このように皮膚にとって菌ほど大事なものはない
といっていいくらい、菌は大事。




 さらに……こんな話まである。


(以下は引用)




          ◇


 日本の女性に、子宮筋腫が増えています。

子宮筋腫はウイルス感染によるものですが、じつは、
感染率の推移と生理用品の普及率が相関しているのです。

これはつまり、こういうことがいえるのではないでしょうか。




 いまの生理用品には殺菌剤・抗菌剤が入っています。

それらが含まれた生理用品で膣の入り口をガードすると、

生殖道である膣や子宮口では、有機酸をつくれる乳酸菌が
死んでしまいます。

するとペーハー(pH)が上がっていき(酸度が弱くなり)、
無防備な状況になるわけです。

その結果、子宮頸がんの原因になるHPVウイルスの侵入を
防げなくなってしまうのです。




(金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』)
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569802567/jironosyosai-22/ )


          ◇




 がんは老化現象である。それなのになぜ
30代・40代で子宮頸がんになるのか? 

ずっと疑問におもっていたが、そういうこと
だったのか……。


 「わたし」とは「わたしの菌」である
とするならば。


 菌がいなくなることは老化現象にひとしいのだ。


(つづく)




  ◆1日2食お役立ちアイテム
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[PR] ̄

  <食品>


【NS乳酸菌】

 (amazon)ちょっとだけお得になる2個セット
  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B006BQ4E9U/jironosyosai-22/

  ※かなりお得な6個 +おまけつき
 (楽天)
  http://goo.gl/hOCUjh


【玄米】無農薬のうえに真空パックで届く、うますぎる玄米

  https://agri-1.com


【青汁】甲田光雄先生が監修された、限りなく本物に挑戦した青汁

 https://amazon.co.jp/o/ASIN/B004MK608K/jironosyosai-22/


【調味料その他】すごい塩や醤油、お菓子にいたるまで(笑)、
  松井が厳選した品を並べてみた

  https://www.2shock.net/mall/




  <電子書籍>


 『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか?』
  https://amazon.co.jp/o/ASIN/B00NBHXDUS/jironosyosai-22/


  『クローン病中ひざくりげ』
  https://www.2shock.net/ebook/


 ※読むときはスマホを「機内モード」にして電磁波を切って読んでね!




  ◆編集後記
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 前回の「菌のバリアを洗い流すな」に
ご意見いただきました。




> 松井さま
>
> いつも楽しく拝見しています。
> 大変な闘病の中でも、ユーモアを忘れない、
> 松井さんの文章が好きです。
>
> 身体の垢ですが、
> 温冷浴をしていれば皮膚の毛穴が開いたり
> 閉じたりを繰り返すことによって、
> 自然に垢は落ちますよ!
> 石鹸も不要なはずです。
>
> (西式健康法西会本部より)
> http://nishishiki.jp/whatsit/nishishiki9-1/
>
> 私は髪の毛が長いので、
> 週に一度、重曹を溶かしたお湯で髪と頭は洗って、
> リンゴ酢でリンスします。
> むしろ、フケは出にくくなります。
>
> わかりやすいやり方、リンクで送ります。
> https://www.hairdoctor-men.com/touhi/4272/
>
> 短い髪の方は、お湯だけで洗っている方も
> たくさんいらっしゃるはずです。
>
> 嫌々ながら石鹸使ってるのって、罪悪感。
> 罪悪感って、一番身体に悪いじゃないですか!
>
> 「石鹸、気持ちいい~!
> いい香り~♪
> ブクブク楽しい~!」
>
> って使っているのであれば
> いいと思いますが、
>
> 「あ~、皮膚の細菌流れて、免疫落ちる~↓↓↓」
>
> って、使ってたら、やっぱりそのように作用しますよね~。
>
> ではでは! お節介失礼しました~
> また配信を楽しみにしております。
>
> たまき




 おおっ、

これなら菌に対する罪悪感がないですね!
早速ためしてみます。

 みなさん、いつもご意見ホント感謝してます。


      ◇


 発行者  松井 二郎
 https://2shock.net

 きょうも読んでくださりありがとうございました。

 Copyright(C)2shock.net All rights reserved.


◎本誌は参考となる情報の提供を目的として、発行者独自の見解を述べたものです。必ずご自身の責任と判断においてご利用ください。本誌をご利用の結果生じた直接的または間接的な損害について、発行者は一切の責任を負いません。あらかじめご了承ください。

◎メールマガジンは著作物です。SNS等に転載する際は出典を明記してください。

◎このメルマガに返信するときはメール件名を変えないでください(変えるとフィルタにより届かないことがあります)。原則ご返信はできません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ