ガンの基礎知識[癌の予防と対策]

  • ¥0

    無料

今や「がん」で3人に1人が亡くなる時代です。決して他人事ではありません。40歳代からは、誰しも要注意!ガンの基礎知識、予防方法などを簡潔な文章で少しずつお届けします。癌宣告されてからでは間に合いません。今から正しい知識を身につけておきましょう!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ガンの基礎知識[癌の予防と対策]
発行周期
週2~3回
最終発行日
2017年07月26日
 
発行部数
1,696部
メルマガID
0000194654
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■       ガンの基礎知識 【癌の予防と対策】     ■□■
   健康食生活知識 → http://www.mag2.com/m/0000095467.html
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+



読書灯で人生変わった ← レビュー必読!
http://item.rakuten.co.jp/eigo/led-desklamp/



【 胃がんの病期 】



 胃がんは胃の粘膜から発生します。粘膜は血管やリンパ組織に乏しいので,

 がんが粘膜にとどまるあいだはほとんど転移することはないそうです。

 粘膜下層には血管やリンパ組織が豊富にありますので、がんが粘膜下層まで

 浸潤しますと転移が起きてきます。


 しかし転移が認められるリンパ節は大部分が胃に接したものですので、この

 時期の胃がんは手術によりほとんど治癒するとのことです。


 がんの浸潤が固有筋層に達したり、あるいはこれを越えて深くまで浸潤する

 ほど転移が激しくなり、手術してもがんを取りきれなかったり、取りきれた

 と思ったがんが再発してきたりします。


 そこで、がんの浸潤が粘膜と粘膜下層までのものを早期がん、それ以上のも

 のを進行がんと呼んで区別しているとのことです。


 がんが胃壁のどこまで浸潤しているか(深達度)、リンパ節転移がどこまで

 及んでいるか(リンパ節転移程度)、リンパ節以外の臓器への転移(遠隔臓

 器転移、腹膜転移、肝転移など)の有無などによって、4つの病期(ステー

 ジ)に分けられています。


 ステージ1は早期のがん、ステージ2は軽い進行がん、ステージ3はかなり進

 んだ進行がん、ステージ4は末期のがんということになります。



読書灯で人生変わった ← レビュー必読!
http://item.rakuten.co.jp/eigo/led-desklamp/



【 IPT療法(インシュリン強化療法) 】<NEW16>



 ブドウ糖が大好物なガン細胞の特性を利用する療法です。

 ガン細胞の大好物、それはブドウ糖(グルコース)です。

 PET検査もこのガン細胞の特性を応用しています。

 ガンに対するIPT療法(インシュリン強化療法)は、ガンが好きなブドウ

 糖を取り込む時に、一緒に量を加減した抗ガン剤やアミグダリンをブドウ

 糖に混ぜておいて、ガン細胞だけを弱らせようというアイディアです。

 その時、ガン細胞がよりブドウ糖を欲する体内環境を作る必要がありま

 す。そのため、糖尿病に使うインシュリンで患者さんの全身の血糖値を一

 時的に下げます。

 血糖値低下は正常細胞よりガン細胞に飢餓状態をもたらします。血糖値が

 下がったタイミングを見計らって、抗ガン作用のある成分を混入したブド

 ウ糖液を点滴します。

 飢えているガン細胞は、正常細胞に先んじてどんどんブドウ糖を食べてい

 くと、含まれている抗ガン成分によって自滅するというわけです。


 IPT療法(インシュリン強化療法)は、血糖値低下が人体に悪影響を及ぼ

 さないようにコントロールすること、抗ガン成分はできれば正常細胞には

 害にならないものを使うとより安全性が高まります。


読書灯で人生変わった ← レビュー必読!
http://item.rakuten.co.jp/eigo/led-desklamp/





*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

  http://www.next-digital.com/mail_magazine/ 各種人気メルマガ発行

  ご感想・ご意見は、このメールの返信に記載(返信)送信下さい
  発行人 Next Digital   http://www.next-digital.com

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ