古代の叡智に学べ! 陰陽 自然塾

  • ¥0

    無料

陰陽道とは? この世の中の物質は陰質と陽質に分類される、すべての動植物における性別、季節、食物、言葉に至るまで万物が陰陽に大別されます。さらに、自然界の物質に類別を試みると五行(木、火、土、金、水)に分かれていると考えられるのです。そして、この五行は、宇宙の天体と密接な関わり合いを持ち存在するとともに影響を受けながら存在を維持しているのです。この摂理を体系化した論理こそが陰陽道の基礎を形成しているのです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
古代の叡智に学べ! 陰陽 自然塾
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年12月04日
 
発行部数
245部
メルマガID
0001277151
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

天 社 自 然 暦
平成弐九丁酉年神無月乙丑日きのとうし(本暦10月17日)       
(西暦(ユダヤ暦)2017年12月4日)            
歳徳神(恵方)北北西
一白水星 山下火                      
七曜日   木曜日                 陰の気
月印象   十七夜日(望月)満月
二十八宿   北方玄武      危(ウミヤマボシ)宿       小吉日
       商品売買吉  その他事積極的に用いず                                                         
十二直    満神(みつ)  移転、婚姻、新規事業開始、祝い事、造成吉
吉凶度     40点(100点満点)上小吉日 
二十八宿  小吉日
十二直   大吉日
宇宙エネルギーは弱くなり、地上エネルギーは非常に強くなります。全体的に陰
性的に萎縮して働くでしょう。
(運勢)
運気は小康運です。心身ともにエネルギーが萎縮的に働き不安定要素が作用するで
しょう。
判断力は平常心を呼び働きます。行動は冷静に取り組みましょう。
古来の占いとは、自然界の原理原則を論理的かつ経験的に習得したものが総合的
に判断した事象であり、情緒的、空想的に判断したものではありません。従って
出た結果を見て努力目標や留意点として活かして頂きたいのです。
自分の運勢は自分で作っていくものであり何かに任せたり頼るものではありませ
ん。無心に意見を求める事は大切な事です。その時のベストを尽くすことが運気
を上げる最良の方法です。第三者によって鑑みられる自分自身に対する評価こそ
が自分自身の本質なのです。自分自身の本当の欠点は第三者からの指摘に的確性
があるのです。聞き流してはいけません。大人にとって無意味なプライドほど成
長を邪魔するものはないのです。
真からの「謙虚」が大人の心得と知りましょう。ここに言う大人とは完成した人
という意味です。孫子の兵法には「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」
とあります。先ず自分の長所、短所を知る事から始めましょう。
菜根譚には「良い運命の主人公になりたかったら、心の中に感謝と歓喜の感情を
持つ事だ。感謝と歓喜に満ちた言葉と好意は、人生の花園に善き幸福という身を
結ぶ」とあります。
さらに荘子の言葉に「之を聴くに、心をもってせよ」とあります。人の話を聞く
ときは、「耳で聞く」ものではなく、「心で聴く」ものである。耳で聞けば上辺の
みを聞き私的感情に捕らわれる、心で聴けば、相手の言いたいことの真意が伝わ
るそうすればどのような忠告も自分の成長につながるものです。
自分自身にとって自分という存在は絶対であり常に最良となってしまいます。
しかし、己自身を本尊としてはならないのです。傲慢は最大の違背行為です。
人は敢えて曲げたくない思いがあるものです。否定し止めることは容易なのです
が思いを遂げる方法を示してこそ真の占術といえるのではないでしょうか。これ
こそ陰陽道奥儀の一つであると言えるでしょう。
人の運勢というのは自然との共生の中に育まれるものです。名前の画数や因縁や
先祖の供養の有無で決定されるものではありません。成功者と呼ばれる人たちが
書いている書物が書店に並びますが「成功」とは何かと考えるとこの自称成功者
達が決して尊敬できる人間と判断しかねるからです。天意に適う自らであるか否
かが真の成功であり、莫大な金銭を手にし、不動の地位を得る事が成功ではない
のです。己の地位に溺れ他人を愚弄したり嘲ったり挙句に天意に背く事を平然と
為し得る者の運気は必ずや尽きるのです。
荀子は「自分ひとりの時間に何をしているか、自分だけが知っている。その一人
のときにどんな思いを持っているのか、それがその人の運命を決めていく。」と
と示しさらに「迷う者は路を問わず、溺れる者は遂を問わず、亡人は獨を好む」
つまり、徳の無い無能な人間程独断で他人の意見に耳を貸さないという意味なの
です。そして、嘘や言い訳に終始し反省をせず成長しないのです。周りにいなが
らこれを助長し増幅する者の罪はさらに深いのです。
(今日の歳時)
両手の親指どおし人差し指どおしを付け丸に近い三角を作り額に当て太陽の光を
導きます額から太陽の熱を感じたら目を閉じ熱を臍下丹田に下しながら「トフカ
ミエミタメ」と唱えながら息を整えます。そして、自らの気を気になる場所に下
し「祓い給え浄め給え」と三唱します。その間常に太陽を脳裏にイメージしまし
ょう。これは他人に施すことも可能です
上記とは対照的に月の力を内に入れる法は両手で輪を作り臍下の位置に持っていき
月の光を取り込む気持ちで月の力を全身に引き込みます。日月それは、光と鏡その
ものであり、神の陰陽のリズムの原点なのです。
朝拝の一例をここに紹介しましょう
1.口をすすぎます(歯磨きは朝拝の後で大丈夫です)
2.部屋か屋外の庭に立ちます。気が散る場所は避けましょう
3.東天に向かい太陽の印を組みます
4.「トフカミエミタメ・カン・コン・シン・ソン・リ・コン・ダ・ケン 祓え給
え浄めで給う」を唱える(三種の祓い)
5.「天地大自然の限りなきカミの恵みに感謝し今在る我を慶びます」と唱えます
6. 願い事を具体的に祈願する
7.「オン・シャタビシャ・ノウキシャタラ・ソワカ」(危宿真言)三唱
8.「オン・ダキニ・ギャチ・ギャカニエイ・ソワカ」(荼枳尼天真言三唱)
9. 空に星を描き「オン」と結ぶ
自らの誠を捧げる祀り事には呪詞(ノリト)は不可欠な言葉です。自然(カミ)に
語り掛けずして何の呪詞と言えるでしょうかシンプルかつ自らが理解できている
言葉で唱えてこそ呪詞です
自身の自然治癒力が自らを病から解き放ってくれるのです。
朝一番と就寝前の1杯の水は寿命に一日の光をそそいでくれる命の水です。
そして、今正に受験を控える子供には、母親の握った塩結びこそ最高の食事であり
至高の脳エナジーに変化する事でしょう。成績アップ間違いなし。
(自然暦)
亥の刻(午後10時)体測
北斗七星は別段異変が見られません。
季節は陰季に入って体温は低下傾向にあり、新陳代謝と免疫強化に心掛けましょう
高麗人参の飲用や根菜類の食物そして炭酸温浴も効果的です。
今日の気圧配置は、高気圧が大陸中部に存在します。
低気圧が日本海上朝鮮半島東部沖に存在します。太平洋中部及ぶ北部に存在します。
天候は中部日本以北の大平洋側及び九州南部、沖縄はは晴れその他の地方及び日本
海側は雨もしくは雪となります。
海底火山と地底龍の活動は活発です日本列島に潜ってしまえばいつでも大地震とな
ります。津波を伴う海洋型地震ではなく内陸型地震となるでしょう。東京都中心部
には落ち込み型地震の可能性があります。その可能性は10%となります。
その他震度5以上の地震発生確率は北海道地方10%、三陸沖から北関東では20%と
なり房総半島付近5%となり東海地方は5%です。九州地方は10%となります。
日本海側に不安材料が広がり北信越は10%となります。近畿、四国地方は10%とな
ります。
(今日の一言)
万民の上に位する者、己を慎み、品行を正しくし、驕奢を戒め、節倹を勉め、職事に
勤労して人民の標準となり、民その勤労を気の毒に思うならでは、政令は行われ難し
                           「西郷隆盛」の言葉より



                                                         


                            






メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ