古代の叡智に学べ! 陰陽 自然塾

  • ¥0

    無料

陰陽道とは? この世の中の物質は陰質と陽質に分類される、すべての動植物における性別、季節、食物、言葉に至るまで万物が陰陽に大別されます。さらに、自然界の物質に類別を試みると五行(木、火、土、金、水)に分かれていると考えられるのです。そして、この五行は、宇宙の天体と密接な関わり合いを持ち存在するとともに影響を受けながら存在を維持しているのです。この摂理を体系化した論理こそが陰陽道の基礎を形成しているのです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
古代の叡智に学べ! 陰陽 自然塾
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年06月11日
 
発行部数
235部
メルマガID
0001277151
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

天 社 自 然 暦
平成参〇戊戌年卯月甲戌日きのえいぬ(本暦4月28日)                 
[西暦](ユダヤ暦)2018年6月11日)
歳徳神(恵方)南南東  
九紫火星 平地木                      
七曜日   木曜日                      陽の気   
月印象    二十八夜月
(本日の運勢暦)
二十八宿  東方青龍      心(ナガゴホシ)宿        中吉日
神仏祭祀、移転、入居、婚姻吉                       
十二直神  定神(さだん)  上棟、建築、移転、婚礼、開業、売買吉   
吉凶度    70点 (100点満点)中吉日 
二十八宿    中吉日
十二直     中吉日
宇宙エネルギーは強くなり、地上エネルギーも強くなります。全体的に陽性を帯
び膨張的に働くでしょう。
運気は良運です。心身ともにエネルギーが陽性的に働き安定的傾向に作用するで
しょう。
判断力は安定的なります。行動は常識的に取り組みましょう。
古来の占いとは、自然界の原理原則を論理的かつ経験的に習得したものが総合的
に判断した事象であり、情緒的、空想的に判断したものではありません。従って
出た結果を見て努力目標や留意点として活かして頂きたいのです。
自分の運勢は自分で作っていくものであり何かに任せたり頼るものではありませ
ん。無心に意見を求める事は大切な事です。その時のベストを尽くすことが運気
を上げる最良の方法です。妬み、嫉みや悲観的行動は運気を最も下げるマイナス
行動にほかなりません。

(運気安定の鎮魂法)
両手の親指と人差し指どうしを付け丸に近い三角を作り額に当て太陽の光を導き
ます額から太陽の熱を感じたら目を閉じ熱を臍下丹田に下しながら「トホカミエ
ミタメ」と唱えながら息を整えます。そして、自らの気を気になる場所に下し
「祓い給ひ浄め給へ」と三唱します。その間常に太陽を脳裏にイメージしましょ
う。これは他人に施すことも可能です
上記とは対照的に月の力を内に入れる法は両手で輪を作り臍下の位置に持ってい
き月の光を取り込む気持ちで月の力を全身に引き込みます。日月それは、光と鏡
そのものであり、天の陰陽のリズムの原点なのです。
朝拝の一例をここに紹介しましょう
1.口をすすぎます(歯磨きは朝拝の後で大丈夫です)
2.部屋か屋外の庭に立ちます。気が散る場所は避けましょう
3.東天に向かい太陽の印を組みます
4.「トホカミエミタメ・カン・コン・シン・ソン・リ・コン・ダ・ケン 祓え給
え浄めで給う」を唱える(三種の祓い)
5.「天地大自然の限りなきカミの恵みに感謝し今在る我を慶びます」と唱えます
6. 願い事を具体的に祈願する
7.「オン・セイシュッタ・ノウキシャタラ・ソワカ」(心宿真言)三唱
8. 「オン・アボキャ・ビジャヤ・ウン・ハッタ」(不空羂索観音真言)三唱
9. 空に星を描き「オン」と結ぶ
自らの誠を捧げる祀り事には呪詞(ノリト)は不可欠な言葉です。自然(カミ)に
通じる胆力をつけましょう。私たちの三次元個体は能動体ではなくあくまでも受
動体なのです。素(す)になりましょう。ただひたすら素(す)になりましょう。
10.両手を重ね空間を作り中に慣れるまでは実際に勾玉や水晶玉を入れ転がすよう
に手を振ります。これを振り玉といいます。手を止め玉を手の中に挟み合掌する。
息を整え半眼半口状態で足は楽で安定した座法を取ります。大和座(正座)、結跏
趺坐、半跏趺座のいずれでも構いませんしいずれも無理な場合は椅子に座っても
大丈夫です。一番楽な座法を取って下さい。結跏趺坐とは右の腿に左足を左の腿
に右足を乗せて取る座法、半跏座は右の腿に左足を乗せて座る方法です。
頭の中は、七曜の自然をイメージします。木の気(きのえ、きのと)ならば̠樹木や森
をイメ―ジします。5分から10分程行いましょう。
唱える言葉の意味が解らずして何の呪詞と言えるでしょうかシンプルかつ自らが理
解できている言葉で唱えてこそ呪詞です。旧来の祝詞は、帝や首長などを神に置き
換えに申し上げる言葉であり天の神にささげる直接の言葉ではありませんでした。
首長対する謁見儀礼が現在の神社参拝の作法原型です。神への祈りに正式も何もあ
りません。在りのままの自分で祈りましょう。
自身の自然治癒力が自らを病から解き放ってくれるのです。
朝一番と就寝前の1杯の水は寿命に一日の光をそそいでくれる命の水となります。

(自然暦)
亥の刻(午後10時)体測
北斗七星第五星に異変が見られます。豪雨の危険性があります注意して下さい。
我国においては、今年1年間を通し風害に注意です。風による気のぶつかりは雷の
発生を呼び起こします。そして、自律神経失調症を誘発し様々な心身のトラブルの
原因となっていくのです。
初夏の候、陽気は徐々に強く満ち溢れます。天気が寒龍、暖龍のぶつかりによる乱
気の発生が気にかかります。つまり、落雷と航空事故です。後、人事的には精神錯
乱による凶悪事件なども心配なのです。
免疫強化のために高麗人参にはちみつを加えたものの飲用や昆布やモズクなどの海
草は非常に有効です。冷房に当たりすぎたと感じる時は必ず腰湯につかりましょう
日光も浴びず、室内にこもり添加物いっぱいの食事をして、スナック菓子三昧と夜
更かし三昧の日々ここに病の蔓延のすべてがあるのです。
そして、滅菌剤散布し放題の環境が次第に身体を蝕んでいるのです。生活環境の在
り方を今一度見直す時がやって来ているのです。そうでなければ、我国を恐ろしい
感染大国になってしまうでしょう。医学界、薬学、製薬会社、薬品会社の為の番組
を垂れ流しする健康番組を安易に信じてはいけません。自然界の摂理を打ち砕き我
々の健康を奪うからです。和平の道が開かれれば武器商戦は下降気味になります。
一方で医療ビジネスが興隆を始めます。どのような病気の流行が到来しても身体の
免疫力を強くしなければいけません。自然と融合しなければ、医療ビジネスの餌食
となってしまうのです。
(自然の様相)
本日の気圧配置は高気圧が大陸南部及び太平洋北部に存在します
低気圧が朝鮮半島上に存在し、さらにオホーツク海にも多頭的に前線を伴い存在
します。尚、梅雨前線は太平洋に横たわります。
小笠原諸島近くには台風が存在し北東に進みます。
天候は北海道を除き全国的に雨となります。
地龍は動き出しているのです。フォッサマグナ沿いと中央地溝帯の混在地域は特
に強い警戒が必要です。昨日、西の空に放射雲が体側しました火山放射です。
首都圏には常に落ち込み型の地震の危険があります。現在の状況から危険度は30
%です。その他震度5以上の地震発生確率は北海道地方20%、三陸沖から北関東
では20%となり房総半島付近10%となり東海地方は10%です。九州地方は40%
となります。日本海側に不安材料が広がり北信越は40%となります。近畿、四国
地方は20%となり,中国地方は20%となります。
(今日の一言)
物事をなすには上手下手があり、物によってはよくできる人、あまりできない人
もある。そのことに動揺する人もあろうが、天の道を実践するという点では上手
下手もなくできないという人もないものなのだ。
                         「西郷吉之助」の言葉
物事を為すには、我が身二分が丁度いい、五分なら欲深く、七分取れば強欲とな
り、九分では餓鬼に陥り、十分は最早地獄の住人と呼ぶ。
                              (和孝語録)より
                       
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ