人文機構ニューズレター

  • ¥0

    無料

著者サイト

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構(構成機関:国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館、国立国語研究所、国際日本文化研究センター、総合地球環境学研究所、国立民族学博物館)の活動やイベントなどの情報をお伝えします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
      人文機構ニューズレター
       第8号 (2017.4)

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構(NIHU)の
活動やイベントなどの情報をお伝えします。
      http://www.nihu.jp/ja
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

*目次*
▼講演会・シンポジウム等イベントの御案内

1. 【本部】人文機構シンポジウム「海の向こうの日本文化 ‐その価値と活用を考える-」(6月3日・福岡)
2. 【地域文化の再構築】フォーラム「なぜアーカイブズは必要なのか Part.2 地方再生に向けた公文書管理」(5月12日・釜石)
3. 【歴博】「URUSHIふしぎ物語―人と漆の12000年史―」(8月5日・佐倉)
4. 【歴博】映画の会(6月3日・佐倉)
5. 【歴博】歴博講演会(5月13日・佐倉)
6. 【歴博】くらしの植物苑 観察会(5月27日・佐倉)
7. 【日文研】日文研フォーラム 「三つの「赤い」と二つの「寒い」から、方言を考える――方言と言語類型論の出会い」(5月9日・京都)
8. 【日文研】創立30周年記念イベント 映画「ハッピーアワー」上映&監督・主演女優トーク(5月26日・京都)
9. 【民博】音楽の祭日2017 in みんぱく(6月18日・吹田)
10. 【民博】公開講演会「メソアメリカとアンデスの古代文明と現在)(7月1日・吹田)

▼ NIHU Magazine vol.10,11,12

▼展示情報

**********

▼講演会・シンポジウム等イベントの御案内
1【本部】人文機構シンポジウム「海の向こうの日本文化 ‐その価値と活用を考える-」
日時:6月3日(土)13:30~16:30
会場:九州大学西新プラザ(福岡市早良区西新)
海外に運ばれた日本関連資料の調査研究について紹介し、その成果を日本の関係が深い地域で文化資源として活用する方法について考えます。
参加無料、要事前申込、(先着200名)
詳細は、HPをご覧ください。
http://www.nihu.jp/ja/event/symposium/30

2【地域文化の再構築】フォーラム「なぜアーカイブズは必要なのか Part.2 地方再生に向けた公文書管理」
日時:5月12日(金)13:00~17:00
会場:釜石PIT (釜石情報交流センター) 参加無料
報告1 これからの被災文書レスキューと震災アーカイブズのあり方(青木 睦)
報告2 熊本地震 震災アーカイブズ収集の取り組み(河瀬 裕子)
報告3 公文書を活用して地方再生を図るために(加藤 聖文)
報告4 天草アーカイブズにおける公文書の移管と評価選別(橋本 竜輝)
報告5 公文書管理法 を活かした新設アーカイブズ-大仙市の事例から-(高橋 一倫)
コメントと質疑応答(奥村 弘)

3【歴博】「URUSHIふしぎ物語―人と漆の12000年史―」
日時:8月5日(土)13:00~16:30
会場:歴博 講堂
参加無料、要事前申込、(先着260名)
(※申込受付は6月5日(月)夕方より行う予定です。)
詳細は、HPをご覧ください。
http://www.rekihaku.ac.jp/events/forum/index.html

4【歴博】第30回 歴博映画の会「沖縄の成巫儀礼―イザイホウ―」
歴博には制作および収集してきた民俗と歴史の記録映画があります。これらの映像を通じて民俗と歴史への知識と理解を深めていただくとともに、歴博の研究活動をひろく皆様に知っていただきたいと思います。教員による作品解説も行います。
日時:6月3日(土)13時30分~15時30分
会場:歴博 講堂
参加無料、申込不要(当日先着順260名)
http://www.rekihaku.ac.jp/events/movie/index.html

5【歴博】歴博講演会
「晩ご飯は何?資料のデンプンから探る昔の食べ物」講師:渋谷 綾子
参加無料、申込不要、先着順(定員260名)。詳細はHPをご覧ください。
日時:5月13日(土)13:00~15:00
会場:歴博 講堂
http://www.rekihaku.ac.jp/events/lecture/index.html

6【歴博】くらしの植物苑 観察会 
くらしの植物苑では、毎月講師を交えて「観察会」を実施しています。申し込み不要。
入苑料100円(高校生以下は無料)。集合場所はくらしの植物苑内の東屋の前。

第218回「梅雨の植物文化誌」
日時:5月27日(土)13:30~15:30
講師:辻 誠一郎
詳細、今後のスケジュールはHPをご覧ください。
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/plant/observation/index.html

7【日文研】日文研フォーラム 「三つの「赤い」と二つの「寒い」から、方言を考える――方言と言語類型論の出会い」
方言には、いわゆる標準語にはない言葉の分化が見られ、土地の人々の伝統的な感覚や考え方を反映しています。
日時:5月9日(火)14:00~16:00
会場:ハートピア京都 3階大会議室
受講料無料、申込不要、先着180名まで。
http://events.nichibun.ac.jp/ja/archives/cal/2017/05/09/index.html

8【日文研】特別講演会 創立30周年記念イベント
映画「ハッピーアワー」上映&監督・主演女優トーク
日時:5月26日(金)11:30~19:10
会場:京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
4月28日(金)必着、要事前申込、定員446名(申込者多数の場合、抽選)
https://webform.nichibun.ac.jp/ja/2017_05_26

9【民博】音楽の祭日2017 in みんぱく
「音楽の祭日」は、プロ・アマを問わずにみんなで音楽を楽しむイベントです。
みんなで世界の楽器を持ち寄って みんぱくに世界 の音をひびかせましょう !
日時:6月18日(日)10:30~16:30
会場:民博 特別展示館等
参加無料、出演者の申込締め切りは3月31日(金)必着
http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/fetedelamusique/2017/index

10【民博】みんぱく公開講演会「メソアメリカとアンデスの古代文明と現在」
日時:7月1日(土)14:00~17:00
場所:国立民族学博物館 第4セミナー室(吹田市)
参加無料、申込不要、定員50名(先着順)
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20170701

▼ NIHU Magazine vol.10
「高度連携・統合検索システム「nihuINT」をリニューアル」を公開しました。
http://www.nihu.jp/ja/publication/nihu_magazine/010

▼ NIHU Magazine vol.11
「第29回人文機構シンポジウム 和食文化の多様性-日本列島の食文化を考える-」を公開しました。
http://www.nihu.jp/ja/publication/nihu_magazine/011

▼ NIHU Magazine vol.12
「バチカン図書館所蔵マリオ・マレガ収集文書調査研究・保存・活用」を公開しました。
http://www.nihu.jp/ja/publication/nihu_magazine/012


▼展示情報 休館日、開館時間などは、HPから御確認ください。
【歴博】くらしの植物苑 特別企画「伝統の桜草」(4月11 日~5月7日・佐倉)
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/plant/project/index.html

【歴博】企画展示「デジタルで楽しむ歴史資料」3月14日(火)~5月7日(日)
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

【歴博】特集展示「見世物大博覧会 現代編」4月18日(火)~ 7月17日(月祝)
http://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/special/index.html

【国文研】通常展示 「和書のさまざま」1月16日(月)~5月27日(土)
http://www.nijl.ac.jp/pages/event/exhibition/2016/washosama201701.html

【民博】特別展 開館40周年記念特別展「ビーズ‐つなぐ・かざる・みせる」
3月9日(木)~6月6日(火)
http://www.minpaku.ac.jp/museum/exhibition/special/20170309beads/index

**********
本メールにつきましては、配信専用となっております。
ご返信いただきましても対応しかねますので、あらかじめご了承願います。

------
《発行について》
「人文機構ニューズレター」は、メールマガジン配信サービス『まぐまぐ!』を利用して発行しています。
<http://www.mag2.com/>(マガジンID:0001674003)
登録・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001674003.html
------
《編集・発行元》
 編集:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合情報発信センター
 発行元:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 
     http://www.nihu.jp/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎人文機構ニューズレター
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0001674003/index.html?l=fry15cf011

◎人文機構ニューズレター
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0001674003.html?l=fry15cf011

メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
人文機構ニューズレター
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年05月01日
 
発行部数
203部
メルマガID
0001674003
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ