メールマガジンカテゴリ分類 (2017/01/23 04:36:07 更新)
  1. メルマガランキング

  2. カテゴリ別総合ランキング

クルマ・バイクで、先週1週間の間に1回以上発行されたメールマガジンの発行部数ランキングです。

会員規約 登録前に必ずお読みください。登録した方には、まぐまぐの公式メールマガジン(無料)をお届けします。

1位
殿堂入り 風聞~イタたわGP
  1. クルマ・バイク
  2. モータースポーツ
  3. 2輪
表紙
発行者
生年月日
 
発行者経歴
モトGPブログ『イタたわGP』管理人です。 
このメールマガジンに対してひとこと
ブログ『イタたわGP』同様、メルマガ『 風聞~イタたわGP 』もよろしく!両方合わせてお楽しみ下さい。 
発行者プロフィールを閉じる

モトGP情報ブログ『イタたわGP』では紹介しきれない掘り下げた情報や、イタリアの巷に流れる噂等をご紹介します。

  • 0001630079
  • 324円/月(税込)
  • 2017/01/18
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 1/1回
  • 毎月 第3水曜日
2位
クルマの心
  1. クルマ・バイク
  2. クルマ
  3. その他
表紙
発行者
生年月日
1952年03月24日 
発行者経歴
1952年3月24日静岡県三島市生れ、神奈川県川崎市育ち。75年レースデビュー。プライベートで奮戦するもベストリザルトは1977年JAF富士GP TS1300クラス3位表彰台。レース参戦中、縁あって専門誌編集者と出会い自動車ジャーナリストの道へ。以来37年、単なる走り好きマシン好きは、様々な試乗記からモータースポーツや国内外の国際自動車ショー取材、TV/ビデオ出演にインタビュアーから講演まで。FRの伝道師の異名を頂戴し、気がついたら還暦を迎えていました。 
このメールマガジンに対してひとこと
正しさより面白さ。安心安全よりも自由。クルマは、元来そういうものだと思います。夢のような超高速性能は憧れであり挑戦の対象ですが、それ以上に己の身体機能拡大装置として、文字通り手となり足となる身の丈サイズの性能に注目したいと思います。モットーは不偏不党。徒党を組んで平たい意見にまとまるなら、一人で風車に剣を抜くアホのほうがいい。今の日本社会に必要なのは多様な意見を認め合う度量。基本何でもありということですが、長く深く考えた結果として僕の価値判断はある。時折間違えますが、その時は改めましょう。『クルマの心』ひとつの考え方としてぜひ参考にして頂きたいと思います。読者の皆さんの支持が何よりの励みです。クルマはまだまだ面白くなるはずです。 
発行者プロフィールを閉じる

価値観が大きく変化しようとしている今、なすべきことは何か? このまぐまぐ!のメルマガ『クルマの心(しん)』を始めて多くのことに気づかされました。ずっとフリーランスでやって来て37年目、還暦を迎えたこの段階でまだまだ学ぶことが多いですね。どうしたら自動車の明るい未来を築けるのだろうか? 悩みは尽きません。新たなCar Critic:自動車評論家のスタイルを模索しようと思っています。よろしくお付き合い下さい。

  • 0001538851
  • 864円/月(税込)
  • 2017/01/17
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 3/4回
  • 毎月 第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日
3位
川上滋人の全日本ロードレースメルマガ
  1. クルマ・バイク
  2. バイク
  3. バイク全般
表紙
発行者
生年月日
1961年04月08日 
発行者経歴
1980年代中盤からロードレース取材開始。ロードレース専門誌編集長を経て、現在はフリージャーナリストとして専門誌、web、関連メーカーのwebでのレポートなどで活動中。ライダーやメカニックインタビュー、独自の視点からのレースレポート、マシン分析などに定評がある。1990年代中ごろから、国内で開催されるロードレースの決勝後に行われるメディア向け共同記者会見の代表質問者として現在まで活動中。同時並行してポケバイスクールを2002年から主宰。のべ1000人を超える子供たちにバイクの楽しさを伝えてきている。また、小学生、および中学生世代のサッカーコーチとしても活動中。それらの経験から、ロードレース界で若手育成を行うチームのサポートを行い、アスリートに求められる高いレベルの心・技・体の『心』の部分のライダーへのケアを行い、ヨーロッパでも活躍する選手を送り出している。 
このメールマガジンに対してひとこと
かねてより、独自のメディアを持ちたいと自分のwebを持ったりとさまざまなトライをしてきましたが、仕事になりにくく、継続することができませんでした。あるきっかけでこうした場を持つことが可能であることを知り、悩むくらいなら見切り発車でいいからスタートさせろ! との信念によって始めることにしました。専門誌の編集長時代でも、広告主への配慮やさまざまな人間が発信することが雑誌であるとの認識から、100%自分の作りたい本にすることはできませんでした。ですがこれは川上滋人発信のメルマガですので、コアな熱いレースファンに伝えたい私の声をリアルタイムに書いていきたいと考えています。また私・川上一人だけでなく、信頼するチーム関係者にも情報発信者として登場してもらう予定です。メインの情報は全日本ロードレースですが、タイミングによっては鈴鹿8耐、MotoGP情報も伝えていきたいと考えています。 
発行者プロフィールを閉じる

1980年代半ばより取材開始。
現在も全日本ロードレース選手権シリーズの現場で
取材を続けるジャーナリスト川上滋人。
今はなきサイクルサウンズ誌元編集長である氏の
視点からロードレースの奥深い魅力を、
最先端の情報の中から伝えます。

  • 0001489570
  • 540円/月(税込)
  • 2017/01/18
  • PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • 1/4回
  • 毎週 水曜日(年末年始を除く)
4位
写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン AutoProve
  1. クルマ・バイク
  2. クルマ
  3. その他
表紙
発行者
生年月日
 
発行者経歴
AutoProveは2010年にスタートした本格Ca Webです。執筆メインは編集長の高橋明と編集委員の松本晴比古。ほかにジャーナリストや元メーカー開発エンジニアが執筆しています。 
このメールマガジンに対してひとこと
AutoProveは「クルママニアだけど、ちょっと賢い人が読む」メディアとして注目されています。意識の高い人や既存のカーWebでは満足できないと感じているあなたにぴったりのメルマガです。 
発行者プロフィールを閉じる

AutoProveは2010年3月に創刊したカーWebマガジンで、このメルマガ内にあるパスワードを入れることで写真や動画も楽しめます。

主な記事は試乗レポートや新車解説、メカニズム解説そしてニュースです(一部無料開放)。

執筆は編集長の高橋明と松本晴比古を中心に、モータージャーナリストの舘内端氏、清水和夫氏、そして元ホンダで指揮していた繁浩太郎氏ら多数の方が情報を発信します。雑誌には載らない情報も発信しますのでクルマ好きには必読のメルマガです。

*企業から金銭サポートを受けた記事は掲載しませんが、例外的に掲載の場合は[PR]の表記が入ります。

  • 0001670868
  • 1,296円/月(税込)
  • 2017/01/21
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 2/4回
  • 毎週 金曜日(祝祭日・年末年始を除く)