星空ウォッチング

  • ¥0

    無料

かつて発行していた「星空ウォッチング」(2013年12月廃刊)を再び復刊させたいと思います。 海や、山、川…と並ぶ素晴らしい大自然。それは星空です。 その魅力の数々を、毎週1回メールマガジンで配信したいと思います。 星空のウォッチングポイント、新天体情報、天文トピックス、天文エッセイ等 いろいろな情報を、随時発信していきたいと思います。 一緒に、もう一つの大自然と戯れてみましょう!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
星空ウォッチング
発行周期
週刊
最終発行日
2017年11月18日
 
発行部数
210部
メルマガID
0001650211
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 宇宙

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 /
★´--------------------------------------------------------------------

   星空ウォッチング
             2017年 11月 20日 ~ 2017年 11月 26日の星空

★ Vol.776 ★ ---------------------------------------------------------

 星空ウォッチング 第776号をお届けします。

 立冬が過ぎ、日本列島に寒波が押し寄せて来ています。
山々は赤く色づき、その頂きが白く雪化粧する日も近いことでしょう。
さて、宵の夕空低く、土星と水星が接近して輝き、美しい光景を見せてくれてい
ます。日が暮れるのが早いこの季節、水星を観測する絶好の機会です。

■ 観測ガイド ----------------------------------------------------------

 22日(水) 小雪
 23日(祝) 勤労感謝の日
 24日(金) 水星が東方最大離角(-0.3等)
 27日(月) 上弦の月

■ トピックス ----------------------------------------------------------

【地球から11光年先の近距離に、地球のような惑星発見】

 太陽系からわずか11光年という近距離にある赤色矮星ロス128に、もしかし
たら生命が存在するかもしれない惑星が発見されました。
この惑星「Ross 128 b」は、表面温度がマイナス60~プラス20℃の範囲にあると
考えられ、水が液体で存在している可能性が高いと見積もられています。
世界の注目を集めることになったこの惑星は、今後、さらに色々な角度から観測
され分析が進められることでしょう。

■ 今宵の天体 ----------------------------------------------------------

【水星が東方最大離角】

 地球よりも内側の軌道を公転する内惑星の水星と金星は、真夜中の空に見るこ
とはなく、宵の西天か、明けの東天で、僅かな時間 観測できるだけです。
特に、太陽に一番近い軌道を公転する水星は、いつも太陽の至近距離にいて観測
機会の少ない惑星です。

 その水星が24日の朝9時27分に太陽の東側に最も離れる東方最大離角(22°)と
なります。もっとも、その時刻に水星を見ることはできませんが 前日23日の宵の
西天か、当日24日の宵の西天が最も離角の大きな状態で観測が可能です。

 望遠鏡で観測すると、半月過ぎの丸みのある姿を目にすることができます。
(連日、継続して観測すれば、少しずつ細く欠けていく様子が観測できます)


  )月齢4.8


  。 。南斗六星(いて座)
 。 。    。
      。




          〇土星


          ●水星       23日 17hJST
---------------------------------------------------
南西    西

■ 今宵の星座 ----------------------------------------------------------

【うお座】

 「うお座」は、12番目の黄道星座です。ぺガスス座の四辺形の左下(南西)に
ありますが、南のうお座のように1等星もなく、目立つ星座ではありません。
しかし、色々な意味で重要な星座ですので、暗い星々を辿り、星座の形を覚えて
おいて下さい。

         。τ

       。υ  北の魚

        。φ

        。χ



     。η


   。ο

          ε δ           西の魚
          。 。        ω      θ
        。             。  ι  。
 。α    ζ                 。      β
                                。
                        。    。
                       λ   。 γ
                           κ
       うお座 Pisces (Psc)

 ♪星座を結んでみよう(うお座)....................................♪

   「北の魚」と「西の魚」がリボンで結ばれた姿をしています。
   「北の魚」はτ-υ-φ-χ、「西の魚」はω-ι-θ-β-γ-
   κ-λ-ωです。
   χ-η-ο-αと、ω-δ-ε-ζ-αがリボンで、結び目がα星
   です。
 ♪................................................................♪

 「北の魚」と「西の魚」(および、2匹の魚を結んでいるリボン)を合わせて
「うお座」と呼びます。

 現在、春分点は「西の魚」のω星付近にあります。
すなわち、春分の日に太陽は、ω星付近にあり(勿論、うお座は見えませんが)、
この春分点の位置を赤経0時として東回りに数えていくのです。

 地球の歳差運動のため、北極星が次第に移り変わっていくという話を以前MM
でも取り上げましたが、同じ理由で、春分点も移動していきます。(毎年約50秒
角ずつ西進)

 星座が作られたバビロニアの時代には、春分点は東隣りのおひつじ座にありま
したので、占星術でいう黄道12星座は、おひつじ座から数え始めるのです。
(もし占星術が今の時代に誕生していれば、うお座から数え始めた事でしょう)
ちなみに27世紀には、春分点は西隣りの水瓶座に移ってしまいます。

 α星は明るさのよく似た二重星です。この二重星は 720年周期で回りあう連星
で、それぞれの星が伴星を伴っているので、実際は4重連星です。
(肉眼では二重星にしか見えません)

 「北の魚」を結んでいるリボンの中頃にあるη星のすぐ東隣り(左)には系外
銀河M74があります。
10等級と暗い星雲なので小型望遠鏡では非常に見づらい星雲ですが、口径15cm
以上の望遠鏡をお持ちの方は是非観測してみて下さい。
写真に撮ると、渦巻き銀河を真上から見ている姿をしており綺麗な星雲です。

■ 星雲星団 ------------------------------------------------------------

【NGC281】

 カシオペア座α星の西にある赤い星雲で肉眼で見るのは非常に難しい事ですが
カラーには写りやすく狙ってみたい星雲です。

  NGC281

  赤経α=00h 52.8m  赤緯δ=+56°36’  光度 7.8等   
  散光星雲       カシオペア座     距離 5,500光年

■ 銀河系の星々 --------------------------------------------------------

【うお座ζ星】

 うお座ζ星は、地球から174光年の距離にある5等星で 5つの恒星が多重星を
構成しています。
 主星のζ星Aは、A型のスペクトルを持つ2つの準巨星のAaとAbから成り、
両星はわずか0.15秒角だけ離れた状態を観測することができます。
 一方、伴星ζ星Bは、F型のBaとG型のBbの主系列星が 9.075日の周期で
互いに周回しており、B星のペアはA星のペアから22.90秒角離れた位置にあり
ます。
 そしてさらに、B星から 1秒角の位置に12.2等のC星があります。
 また、ζ星Aには、固有名をレーヴァティとすることを、2017年6月30日に、
国際天文学連合で承認されました。
「レーヴァティ」は、ヒンドゥーの月宿であるナクシャトラの第26宿レーヴァティ
に由来します。

★--------------------------------------------------------------------★
 星空ウォッチング   (週刊天文情報マガジン)

 当メールマガジンは、等倍フォントでご覧下さい。
 プロポーショナルフォントにされますと、星座の形等、崩れて表示されます。

 当メールマガジンの内容について、転載・複写を希望される場合は、事前に
 発行者に連絡の上、承諾を得て頂きますようお願い致します。  
 また、掲載情報及びリンク先のサイト情報について如何なるトラブル・損失
 が生じても、当方では一切責任を負えませんので、あらかじめご了承下さい。

                              by Y.Iwaki
★--------------------------------------------------------------------★

★´ 星空入門 第673号 (11月22日発行予定)-----------------------

 第2の地球か? 11光年先の系外惑星
 星座神話(テュフォン襲来)、
彗星観測(C/ASASSN彗星,24P/ショーマス彗星)
 星雲星団(M74)、天文知識問題、彗星カタログ、変光星、二重星など

-----------------------------------------------------------------------

★星空入門・サンプル閲覧、購読申込み(申込当月無料)及び バックナンバー
   http://www.mag2.com/m/P0002586.html

★バックナンバー目次一覧はこちら
   http://hosizora-nyumon.seesaa.net

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃バックナンバーのみの購入も可能┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
-----------------------------------------------------------------------

■ブログ・星の喫茶室
http://hosi-kissa.cocolog-nifty.com/blog/

■ブログ・紀伊半島を訪ねて
http://kiihanto.cocolog-nifty.com/blog/

-----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ