メールマガジンカテゴリ分類 (2020/11/28 04:13:23 更新)
  1. アート・文芸

  2. 文芸

  3. 古典

PR

{{ ad.magazine.title }}

ID: {{ ad.magazine.idView}} 価格:無料 発行元:{{ ad.magazine.publisherName }}
{{ ad.magazine.description }}
「登録する」ボタンを押すと発行元が配信する上記のメールマガジンに登録されます。 ご利用者様のメールアドレスは登録日時情報とともに、発行元の上記メールマガジンの配信を目的として、ご利用者様に代わって当社から発行元に提供され、 発行元のプライバシーポリシーによって管理されます。 ※ 提供後のメールアドレスの扱いについては当社は関知いたしません。メルマガの配信停止等のお問い合わせは発行元へお願いいたします。
上記内容に同意して {{ ad.magazine.publisherName }}によるメルマガに登録されます

このカテゴリのメルマガです(1~/7誌)

無料メルマガ登録規約 登録前に必ずお読みください。登録した方には、まぐまぐの公式メールマガジン(無料)をお届けします。

『致知』 一日一言・言葉のエネルギー
  1. アート・文芸
  2. 文芸
  3. 古典

創刊33年!人間学を学ぶ月刊誌『致知』ご登場の各界一流人の名言を、あなたの携帯へ毎朝配信!朝イチの名言で、1日を変える!人生を変える!!

  • M0063489
  • 無料
  • 2,919部
  • 2020/11/27
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 日刊
カルチャーメルマガ「日本の歴史<人物編>」
  1. アート・文芸
  2. 文芸
  3. 古典

中学・高校の学生さん、歴史好きの諸兄、歴女さま、歴史をメルマガで学びましょう!歴史を知れば未来がわかります。戦国時代など、各時代を代表する人物を読みやすく、簡潔に、メールでお届けします。受験に定期テスト対策にも有効です。購読は無料です。

  • 0001031282
  • 無料
  • 1,106部
  • 2020/11/27
  • PC向け/テキスト形式
  • ほぼ 日刊
徹底解説 ホツマツタヱ講座
  1. アート・文芸
  2. 文芸
  3. 古典
表紙
発行者経歴
 
このメールマガジンに対してひとこと
 
発行者プロフィールを閉じる

古事記や日本書紀の原典と言われるホツマツタヱの全40章を、詳細に丁寧に解説します。単に現代語に訳すことにとどまらず、登場人物や語句の説明、現代とは異なる意味の言葉についても解説。さらには神社の伝承とホツマツタヱの記事の関係などについても説明します。ベテランの方はもちろん、初めての人にもわかるように配慮しています。これを読んで古代日本の美しい思想や文化に触れてください。古事記や日本書紀では決して得られない感動がホツマツタヱにはあります。

  • 0001678492
  • 550円/月(税込)
  • 2020/11/27
  • PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • 毎週 金曜日
購読にはクレジットカードやVISAデビットがご利用いただけます。
江戸時代の怪談
  1. アート・文芸
  2. 文芸
  3. 古典

ご担当者 様へ

 もう、8年ほど「落語に見るオモシロ江戸風俗」を書かせていただいている、福々亭笑助と申します。

 この度、「江戸時代の怪談」さんが、休刊とのメールを頂き、残念に思いました。

 江戸の庶民風俗なら、そんじょそこらの人には負けないだけのうんちくはもっております、私めが、「江戸時代の怪談」リニューアルとして、続編を書きます!!原稿の送信先をお教え頂ければ、きんきんに何か書いて送りますので、よろしくご配慮の程御願いいたしまする。

  • 0001515470
  • 無料
  • 68部
  • 2020/11/27
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 週刊
西行辞典
  1. アート・文芸
  2. 文芸
  3. 古典

「西行の京師」の姉妹紙として発行します。内容は西行の歌・詞書、その他を網羅する、西行についての辞典としての発行をしたいと思っています。

  • 0000165185
  • 無料
  • 151部
  • 2020/11/21
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 不定期
レフティやすおの楽しい読書
  1. アート・文芸
  2. 文芸
  3. 古典

元「本屋の兄ちゃん」といっしょに読書嫌い・古典苦手を克服し、「読書は楽しい!」を実感する「プチ教養人」に変身しよう!(若い頃、本好き読書好きで、司馬遼太郎先生のエッセイ「駅前の書店」(『司馬遼太郎が考えたこと 15』新潮文庫)に登場する東大阪市の栗林書房、その今はなき八戸ノ里支店で5年8カ月働く。)月の半ばは初心者のための読書法を、月末は古今東西の古典の名著・名作を隔月交互に一点ずつ紹介します。読書とは他人(ひと)様の人生や思惟を追体験すること。「楽しい読書」で素敵なひと時、豊かな人生を!

  • 0000257388
  • 無料
  • 71部
  • 2020/11/15
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 月二回
君ら世界をあきらめてしまうのか ~ニーチェ格言集~
  1. アート・文芸
  2. 文芸
  3. 古典
表紙
発行者経歴
東京都出身、早稲田大学卒。48歳。1999年、ニーチェ没後100年に「ニーチェ格言集」の原稿を作成。数社出版社を回るも、出版にこぎつけることができず、2010年に「ニーチェの言葉」が出版され120万部のベストセラーとなる。しかしここには書かれていない箴言・名句を世に送るべくドイツより原書を取り寄せ、翻訳・編集し、本メルマガの発行を決意。 
このメールマガジンに対してひとこと
わたしは多くのみなさんと同じく、日々忙しく日常の業務に追われる普通のサラリーマンです。わたしがニーチェの矢のような文章に胸を射抜かれたのは、まだ学生時代のことでした。とにかく天才とはこういうものか思ったのを覚えています。しかも短いものでは、一行や二行で表現されているのです。本メルマガでは、必ずや読者の胸に突き刺さるような文章が出てくるはずです。ぜひ、本メルマガにご期待ください。 
発行者プロフィールを閉じる

ドイツは二人の巨人を生み出した。陽のゲーテと陰のニーチェ。 その言葉は魂をゆるがし、心をえぐる。 彼の言葉にかかればたちまち偽善者はみなそのヴェールをはがされる。 ここには世を渡る黄金の舵が隠されている。天才哲学者ニーチェの言葉を独自の解釈で伝える。

  • 0001685393
  • 110円/月(税込)
  • 2019/07/14
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 毎週 日・水・金曜日

このメルマガは2019/07/31に廃刊予定です。

発行が遅れているため登録できません。

購読にはクレジットカードやVISAデビットがご利用いただけます。