DSC04525のコピー-min copy 

もう国は頼らない。FP・花輪陽子が明かす、夢の「海外投資生活」

先日、メルマガ『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』を創刊し、海外での投資や資産運用に興味がある人に向け、自分が体験した実践的なノウハウを読者に伝えているファイナンシャルプランナーの花輪陽子さん。これまで20冊以上の著作を出し、テレビや雑誌などにもたびたび登場する花輪さんが、なぜこのタイミングで2回目となる有料メルマガを創刊したのか。まぐまぐが花輪さんに直接お聞きしました。

私は実験台。次の人が簡単だと思える道筋を指南します

──まず、花輪さんがどのような方なのか、初めての読者さんにも知っていただくためにも、現在のご活動やご自身について教えていただけますか。

花輪:外資系の投資銀行を経て、リーマンショックでのリストラを契機にファイナンシャル・プランナーとして独立しました。日本にいた時には「ホンマでっか!?TV」や「有吉ゼミ」などのテレビや雑誌などに出たりしていましたが、2015年から夫の仕事の関係でシンガポールに生活の拠点を移しました。

当時1才の子供を連れて始めての海外だったために、約2年育休を経て、2018年頃から主にシンガポールと東京で資産運用のセミナーや個別相談を開始し、数百人の方から相談を受けています。海外での資産運用や教育移住などのニーズが強く、海外居住者(移住を希望者する方も含め)のための情報サイト(会員制)も運営をしています。

──花輪さんにとって『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』は2回目の有料メルマガ創刊ですよね? またメルマガを始めてみようと思った理由を教えてください。

花輪:はい、実は2009年に『願いがかなうマネープラン』という有料メルマガを発行していたのですが、その後、出版をした著書がベストセラーになり、テレビ出演などで忙しくなり辞めてしまったことを今でも後悔をしていたんです。

独立をして約10年が経過し、著書も累計20冊以上出版をし、オンラインメディアでも複数の連載を持っています。セミナーや個別相談で臨床経験も増え、自分の中でのコンテンツが十分に溜まって、発信しきれていない部分が溢れてきたので再度創刊をしようと思いました。

──メルマガ説明文に『読者の方に実践的なノウハウを提供』とありますが、具体的にはどのようなノウハウなのでしょうか?

花輪:資産運用でもビジネスでも私は現在、山頂を目指し山道を登っている過程だと思っています。実際に自分が実践してみて、この道は難しかったから、こっちの道を進んだ方が優しいなど、後から同じ方向に進もうとしている方の指南を具体的に行うことができると思っています。いわば、自分が実験台となり、やってきたことで次の人が簡単に思えるようにアドバイスできればと思っています。

例えば、非常に成功をしている経営者の指南は距離が遠かったり、教えが抽象的で、考え方は素晴らしいものの、そこからマネるのは困難ということがよくあります。実際に部下が何人もいて任せているので細かいことは把握していないという場合もよくあります。

その点、私はFPであり、起業家であり、コンテンツ発信者なので、独立や起業などについて「やってみなさい」というだけではなく、個人事業主として独立をする場合「税金はこうなりますよ」「こうして確定申告をしますよ」「分からない場合はここに無料で相談ができますよ」「法人の場合はこうしたメリットとデメリットがありますよ」というように、具体的なことがお伝えできます。

資産運用に関しても、実際に自分でオフショア投資を行っているために結果も含めて具体的なことをお伝えすることができます。また、子供の教育も日本語、英語、中国語のトリリンガル教育を行っているために、どのような結果と苦労があるのかなどもシェアできます。

メルマガの裏テーマ「どうすれば “経済的な自由”を勝ち取れるか」

──花輪さんが実際に経験されたことで特に驚いたことはありますか?

花輪:そうですね、実はシンガポールでは法人を設立するのがいとも簡単だったことに驚きました。シンガポールの場合、ほとんどの申請作業がオンラインで行えるので仕事もスピーディーで効率化されています。

ただし、海外で外国人としてビジネスを行うのは、規制があったり、生活費も含めた維持コストなども高かったっりと、日本でビジネスを行うのと比べて緊張感があります。そうした意味でも今、私がどうなっているといった臨場感溢れるエピソードもメルマガではお読みいただけると思います。

──日本では老後の生活資金問題など、「これからのお金」について不安に思っている人は多いと思います。花輪さんのメルマガを読むと老後に向けた資産運用の方法なども知ることができるんでしょうか?

花輪:私のメルマガの裏テーマは個人としていかに経済的な自由を勝ち取るれかです。少子高齢化によって日本以外の国も国家システムが力を失ってきています。そんな中、GAFA(Google、Amazon.com、Facebook、Appleの4社のこと。各企業の頭文字を取り総称する呼称)などIT企業や一部の富裕層は国を超えた存在になりつつあります。国家のシステムに依存せずに、自分で社会保障を作るといった考え方も含めてお伝えしたいと思います。もちろん、年金に100%依存することなく、経済的な自由を目指す資産運用の方法をお伝えしていきます。

──このメルマガをどんな方に読んでほしいですか?

花輪:そうですね、海外で働いて住みたい方、日本にいながらも副業や海外投資をして資産を増やしていきたい方などに読んで欲しいですね。先ほども言いましたが、このメルマガは、海外での生活や教育、オフフョア投資も含めた海外投資、ビジネス(副業、独立、起業)、コンテンツの発信の仕方などを具体的に提供していきます。読者のみなさんからのご質問にもできる限り回答していきたいと思いますのでぜひ参加してみてください。

定年まで働いて、年金を100%あてにして、節約をして細々とした生活をしていきたいという方にはこのメルマガは向かないかもしれません。そうではなく、会社や国家への依存を徐々に減らし、住む場所や働き方やライフスタイルなど自由を勝ち取りたいと思っている方はぜひ私と一緒に踏み出していきましょう!

──今後のメルマガ、期待しております。この度は、お忙しいところありがとうございました。

DSC04513のコピー-min

花輪陽子(はなわ・ようこ)
外資系投資銀行を経てFPに。2015年からシンガポールに移住。ジム・ロジャーズ著『日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く』 (講談社+α新書)をインタビュー監修。『シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書) 『夫婦で貯める1億円!』(ダイヤモンド社)など著書多数。「ホンマでっか!?TV」「有吉ゼミ」などテレビ出演や講演経験も多数。海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営。オフィシャルサイトはこちら

花輪陽子『花輪陽子のシンガポール富裕層の教え 海外投資&起業実践編』

印刷する

人気のオススメ記事

  • もう国は頼らない。FP・花輪陽子が明かす、夢の「海外投資生活」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい