政府、被災者生活支援へチーム設置=安倍首相「全力で捜索・救助を」

2019.10.14
0
by 時事通信

非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(左から3人目)=14日午前、首相官邸

非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(左から3人目)=14日午前、首相官邸

 政府は14日、台風19号の被害に関する非常災害対策本部の会合を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は各省庁横断の被災者生活支援チームの設置を表明。被災者の救助や安否不明者の捜索に全力を挙げるよう指示した。
 首相は「3万人を超す方が避難生活を続ける中、被災者へのきめ細やかな支援は急務だ」と強調。「生活や経済活動への影響が長期化する懸念もある」と述べ、政府一丸の対応を求めた。
 支援チームは、杉田和博官房副長官をトップに、関係省庁の局長級で構成。(1)電力・水道の早期復旧(2)水・食料などの緊急輸送(3)避難所の環境整備(4)住宅の確保-などに取り組む。
 菅義偉官房長官はこの後の記者会見で、警察や消防、自衛隊、海上保安庁など計11万人超の態勢で対応していると説明。また、激甚災害指定について「早期指定に向けて被害状況の把握に努めている」と語った。
 河野太郎防衛相は記者団に対し、災害対応の長期化に備え、即応予備自衛官や予備自衛官を最大1000人規模で招集する意向を明らかにした。(2019/10/14-13:02)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)