浸水想定区域に16カ所=新幹線の車両基地-国交省

2019.10.30
0
by 時事通信

 国土交通省は30日、全国の新幹線車両基地など28カ所のうち、16カ所がハザードマップ(被害予測地図)の浸水想定区域に含まれていると明らかにした。台風19号で浸水被害を受けたの長野新幹線車両センター(長野市)も含まれる。
 日本の大動脈である東海道新幹線をはじめ全体の半数以上が、大型台風などの際に浸水のリスクにさらされていることになる。28カ所には、留置線や引き上げ線と呼ばれる一時的に車両を停車させておく施設も含まれている。
 新幹線の車両基地には平らで広大な土地が必要。こうした条件を満たす敷地は川の流域などの平地に集中している。鉄道各社はこれまで大規模水害の経験がなく「水害対策の優先順位は高くなかった」(鉄道事業者)との声もある。(2019/10/30-18:50)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)