東証3市場に再編 TOPIX見直し、新指数―金融庁案

2019.11.20
0
by 時事通信


 金融庁は20日、東証の上場市場区分見直しを議論している金融審議会(首相の諮問機関)の作業部会を開き、現在の東証4市場を三つに再編する案を示した。東証1部の全銘柄を対象に算出している東証株価指数(TOPIX)も見直し、銘柄を絞り込んだ新指数に衣替えする方針。年内の報告書取りまとめを目指す。
 東証の市場区分は現在、1部、2部、ジャスダック、マザーズに分かれている。金融庁は4市場について、取引が活発で企業統治の強化にも力を入れている企業が集まる「プライム(仮称)」、一定の時価総額や流動性のある企業による「スタンダード(同)」、成長性の高い企業による「グロース(同)」に再編する案を示した。
 スタンダードは東証2部やジャスダックに上場する企業のほか、取引が低調な1部上場企業で構成。マザーズの上場企業はグロースに入ることを想定している。
 ただ、三つの市場に上下関係はなく「並列」と位置付ける。既存の上場企業に関しては、どの市場に入るかを選択できるようにする。例えばプライムの数値上の基準を満たしていなくても、企業統治に力を入れるといった計画を示せば上場を認める方向だ。(2019/11/20-21:34)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)