「eスポーツ」で社員親睦 旅行や運動会に代わり―NTT西など

2020.01.25
0
by 時事通信

NTT西日本が主催した社内eスポーツ大会の決勝戦=2019年12月7日、大阪市都島区

NTT西日本が主催した社内eスポーツ大会の決勝戦=2019年12月7日、大阪市都島区

 コンピューターゲームの対戦をスポーツ競技と捉える「」を、社員の親睦を深めるため積極的に活用する企業が現れている。上司らとの旅行や運動会を敬遠する若手も、なじみのあるゲームなら抵抗が小さい。職場の一体感を高める新たな手段として注目されそうだ。
 西日本は昨年、世界の一流選手が登場するサッカーゲーム「ウイニングイレブン」の社内大会を主催。対戦はスマートフォンを使って行われ、9、10月にインターネット上で実施した予選には約1800人のグループ従業員が参加した。
 12月に大阪市内の会場で行われた決勝戦では、勝ち進んだ8人がスマホを操作し、トーナメント方式で熱戦を展開。スクリーンに映し出された試合を見ながら応援した社員や家族は約200人に上った。会場に駆け付けた社員は「白熱したゲームになった」と語る。
 昨年は1999年のNT分割・再編から20年の節目。記念事業として、運動会を開く案も出たが、より多くの参加が見込めるを選んだという。決勝戦に出た8人には、NT西が家族分を含めた交通費を支給した。
 予選期間中は、ゲームが上手な社員がコツを教える「ノウハウ伝授会」や自主的な練習試合も行われた。小林充佳社長は「時間と空間を超えてみんなで盛り上がることができた」と振り返る。
 のIT子会社、日立システムズ(東京)には「部」がある。社内交流を促進するため、北野昌宏社長が発起人となり、2018年10月に設立された。部員は当初10人程度だったが、現在は約40人に拡大。月に1回程度、終業後に会議室を使ってウイニングイレブンやパズルゲーム「ぷよぷよ」などに取り組んでいる。
 企業の人材育成に詳しい青山学院大学の山本寛教授は「eスポーツは社員旅行などに比べ若手が参加しやすい」と指摘する。今後は「シニア層の参加を促す仕掛けが課題だ」と話している。(2020/01/25-13:02)

print

人気のオススメ記事

  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)