米コンビニ買収、修正の可能性 当局委員が「違法」声明―セブン&アイ

2021.05.17
0
by 時事通信




 セブン&アイ・ホールディングスは17日、米連邦取引委員会(FTC)の委員2人が「違法の恐れがある」との声明を出した米コンビニエンスストア「スピードウェイ」の買収に関し、「米国子会社から適法に完了したと報告を受けた」とのコメントを出した。委員の声明に法的な拘束力はないものの、セブン側はFTCと協議を継続する方針。米当局の動き次第では今後、買収規模の縮小など修正を求められる可能性がある。
 セブンは今回の買収をめぐり、FTCとの間で14日に実行する契約を結んでいたという。委員が声明で言及した反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いについても、ガソリン販売の293店舗を売却する和解契約を結んでおり、委員らが承認すれば「競争上の懸念」は解消されると主張した。(2021/05/17-17:54)

print

人気のオススメ記事

  • PR 知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    (PR:ウェイブダッシュ)