みずほに業務改善命令 異例のシステム監督強化―金融庁

2021.09.22
0
by 時事通信


金融庁=東京都千代田区(EPA時事)

金融庁=東京都千代田区(EPA時事)

 金融庁がシステム障害が多発したみずほ銀行と親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)に対し、近く銀行法に基づく業務改善命令を出すことが22日、分かった。みずほ銀のシステムを監督官庁の同庁が厳しく監督するという異例の行政処分となる見通し。
 金融庁は、みずほ銀とみずほFGだけにシステム対応を任せた場合、抜本的な解決は難しいと判断したもようだ。システム専門家を派遣し、システム運営や更新作業を同行と共同で管理し、障害再発リスクの低減を図る。
 みずほ銀では今年2月と3月に現金自動預払機(ATM)にキャッシュカードが取り込まれるなどのシステム障害が4回発生。同行は6月に再発防止策を発表したが、8月以降も3回の障害が表面化した。
 金融庁は検査を通じ、原因の特定を目指すが、根本的な究明にはなお時間がかかる見通し。9月以降も検査を継続し、みずほ銀のシステム運営と経営体制の課題を調べる。監督強化の間は、同行はシステム運営で負荷のかかる新規事業向けの改修などが制約される可能性もある。(2021/09/22-12:56)

print

人気のオススメ記事

  • PR お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    (PR:SBIスマイル)