衆院選、950人超が立候補予定 時事通信集計【21衆院選】

2021.10.14
0
by 時事通信


国会議事堂

国会議事堂

 時事通信は14日、第49回衆院選の立候補予定者数を集計した。衆院が解散された同日時点で951人。各党は19日の公示に向けて候補者の上積みを急いでおり、さらに増える見通しだ。
 立候補予定者の内訳は、小選挙区827人、比例代表(重複立候補を除く)124人。政党別に見ると、自民党310人、立憲民主党216人、公明党53人、共産党131人、日本維新の会91人、国民民主党26人、れいわ新選組23人、社民党15人、「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」30人などとなっている。 
 ◇各党の立候補予定者数
     合計  選挙区  比例  解散時勢力
自民  310  280  30    276
立民  216  214   2    110
公明   53    9  44     29
共産  131  106  25     12
維新   91   91   0     10
国民   26   21   5      8
れいわ  23   18   5      1
社民   15    9   6      1
N裁   30   27   3      1
諸派    8    4   4      1
無所属  48   48   ―     12
欠員    ―    ―   ―      4
計   951  827  124   465
注)比例は比例代表単独候補。解散時勢力で正副議長は出身政党に含めた。(2021/10/14-21:41)

print

人気のオススメ記事

  • PR 衆院選はこれで完璧!誰かに言いたくなる最強の選挙マメ知識とは
    衆院選はこれで完璧!誰かに言いたくなる最強の選挙マメ知識とは
    (PR:東京都選挙管理委員会)