トヨタ、米で3800億円投資 EV電池生産、30年までに

2021.10.18
0
by 時事通信

 【ニューヨーク時事】トヨタ自動車は18日、米国で2030年までに電気自動車(EV)用などの車載用電池生産に約34億ドル(約3800億円)を投資すると発表した。車両の電動化促進の一環。同社は9月、世界で30年までに約1兆5000億円を電池供給体制の整備に投じると公表しており、米国での投資はこの計画の一部となる。
 電池の現地生産に向け、トヨタの北米法人と豊田通商が米国で新会社を設立し、25年から稼働させる方針。新会社はまず、ハイブリッド車(HV)向け電池の生産に力を入れる。
 北米法人の小川哲男最高経営責任者(CEO)は「米国の顧客に手頃な電動車を提供し、二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減につなげるとともに、米国で雇用を創出していく」と強調した。(2021/10/18-21:56)

print

人気のオススメ記事

  • PR いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    (PR:SBIスマイル)