京大霊長類研を解体 研究費不正受け

2021.10.26
0
by 時事通信


霊長類研究所の組織再編を発表する京都大の湊長博学長=26日午後、京都市

霊長類研究所の組織再編を発表する京都大の湊長博学長=26日午後、京都市

 京都大は26日、チンパンジー飼育施設をめぐる研究費の不正支出問題があった霊長類研究所(愛知県犬山市)を事実上解体し、一部の研究を引き継ぐ「ヒト行動進化研究センター」(仮称)を新設すると発表した。2022年4月に発足する。
 霊長類研の敷地は京大犬山キャンパスと位置付け、同センターを中心とした運営協議会が共同管理する。霊長類研の研究分野のうち、同センターは「高次脳機能」などを引き継ぐ。一方、不正会計に関わった松沢哲郎・元特別教授らが携わった「思考言語分野」などは廃止され、一部は他の研究機関に移る。(2021/10/26-21:19)

print

人気のオススメ記事

  • PR いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    いまの家に住み続けたい。苦しい住宅ローン返済を気にせず暮らすには?
    (PR:SBIスマイル)