最大900億円削減 30年冬季五輪招致案を公表―札幌市

2021.11.29
0
by 時事通信


定例記者会見で2030年冬季五輪・パラリンピックの大会概要案を説明する札幌市の秋元克広市長=29日午後、同市役所

定例記者会見で2030年冬季五輪・パラリンピックの大会概要案を説明する札幌市の秋元克広市長=29日午後、同市役所

  • 1972年札幌冬季五輪の聖火台。奥は札幌市役所=29日午後

 2030年の冬季五輪・パラリンピック招致を目指している札幌市は29日、開催経費を2800億~3000億円とする大会概要案を公表した。既存の競技施設の活用などにより、3100億~3700億円としていた19年の試算に比べ最大で900億円を削減。開催に向け、市民の理解を得たい考えだ。
 開催経費の内訳は、大会運営費が2000億~2200億円(19年試算は2300億円)、施設整備費が800億円(同800億~1400億円)。
 このうち大会運営費はスポンサー収入などで賄い、税金は投入しない。新型コロナウイルス対策などのため、予備費200億円を新たに盛り込む一方、開閉会式の企画・運営費などを削減した。(2021/11/29-19:21)

print

人気のオススメ記事

  • PR 少しでも高く売りたい…不動産売買で知っておきたい便利な査定術
    少しでも高く売りたい…不動産売買で知っておきたい便利な査定術
    (PR:ウェイブダッシュ)