三菱グループ、人材育成支援=創業150年で財団設立

2019.10.16
0
by 時事通信

三菱グループの教育支援財団「三菱みらい育成財団」の設立を発表し、写真撮影に応じる平野信行・三菱UFJフィナンシャル・グループ会長(中央左)、宮永俊一・三菱重工業会長(同右)ら=16日午後、東京都千代田区

三菱グループの教育支援財団「三菱みらい育成財団」の設立を発表し、写真撮影に応じる平野信行・三菱UFJフィナンシャル・グループ会長(中央左)、宮永俊一・三菱重工業会長(同右)ら=16日午後、東京都千代田区

 三菱グループは16日、次世代の人材を育てる活動を支援する財団「三菱みらい育成財団」を設立したと発表した。創業者の岩崎弥太郎が祖業の海運会社を興してから2020年で150周年を迎えるのを記念した事業で、学校や民間非営利団体(NPO)、企業などが中高生や大学生に行う教育活動に資金を助成する。
 自ら課題を見つけ解決策を探る人材や優れた才能を持つ個性的な人材を育てるプログラムなどが助成対象。実施期間は20年度から10年間。総事業費は約100億円で、グループの主要企業27社が拠出する。
 理事長に就いた三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行会長は「既存の知識偏重型の教育を変える取り組みを応援したい。日本の教育レベルが上がり、ノーベル賞受賞者が今後も現れるようにしたい」と意気込みを語った。(2019/10/16-17:40)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)