東日本大震災で行方不明、遺体発見=両親「娘やっと帰ってきた」-宮城

2019.10.24
0
by 時事通信

東日本大震災で行方不明となっていた大久保真希さんの遺体が見つかり、警察署で遺骨を受け取る両親=24日午前、宮城県亘理町

東日本大震災で行方不明となっていた大久保真希さんの遺体が見つかり、警察署で遺骨を受け取る両親=24日午前、宮城県亘理町

 宮城県警は24日までに、8月に同県山元町沿岸で漁船が発見した遺体について、東日本大震災で行方不明となっていた同町の大久保真希さん=当時(27)=と判明したと発表した。同日、県警亘理署で両親に遺骨を引き渡した。
 同署によると、見つかった遺体は下あごの骨と歯の一部で、8月に山元町沿岸で刺し網に入っているのを漁船が発見した。歯型やDNA型の鑑定の結果、今月11日に身元を特定した。


遺体が見つかった大久保真希さんを含む従業員や教習生ら計37人が津波の犠牲となった常磐山元自動車学校の跡地に建つ慰霊碑=24日午前、宮城県山元町

遺体が見つかった大久保真希さんを含む従業員や教習生ら計37人が津波の犠牲となった常磐山元自動車学校の跡地に建つ慰霊碑=24日午前、宮城県山元町

 骨箱を受け取り、父三夫さん(66)は「生身の娘が帰ってきたようにうれしい」と穏やかな表情を見せた。母恵子さん(61)は「こんなに軽くなってしまったけど、やっと帰ってきてくれてうれしい」と涙を流し、「まだ見つかっていない遺族の方々には、どうか諦めないでほしいと声を掛けたい」と話した。
 大久保さんは常磐山元自動車学校のアルバイト従業員で、勤務中に津波に巻き込まれた。大久保さんの両親や教習生25人の遺族は、同校が迅速な避難を怠ったとして損害賠償を求めて提訴。2016年に仙台高裁で和解が成立した。跡地には慰霊碑が建てられている。(2019/10/24-11:22)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)