安倍首相、国内感染の拡大防止に全力 帰国第5便を派遣

2020.02.16
0
by 時事通信

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=16日午後、首相官邸

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=16日午後、首相官邸

 政府は16日、新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・首相)の会合を首相官邸で開いた。国内での感染確認が相次いでいることを受け、首相は「各地の自治体と連携して検査態勢を大幅に強化するとともに、治療、相談態勢の拡充、強化に全力を挙げる」と述べ、拡大防止に取り組むよう指示した。
 首相はまた、カンボジアに寄港したクルーズ船「ウエステルダム」をめぐり、日本人の乗客4人について「早期の帰国が可能となるよう全力を挙げる」と強調した。同船は新型コロナウイルスの感染者が乗船している疑いがあるとして、日本などが寄港を拒否した。


中国湖北省から日本人とその家族らを退避させるため、武漢市への出発準備をする政府チャーター機の第5便=16日夜、東京・羽田空港

中国湖北省から日本人とその家族らを退避させるため、武漢市への出発準備をする政府チャーター機の第5便=16日夜、東京・羽田空港

 対策本部はウエステルダムを下船した外国人について、当分の間、特段の事情がない限り日本への入国を拒否することを確認した。
 感染が拡大している中国湖北省には依然、帰国希望の日本人とその家族らが数十人残っている。政府は16日夜、第5便となるチャーター機を武漢空港に派遣。ゴーグルや防護服などの支援物資も届ける。17日午前に羽田空港へ戻る見通しだ。
 1月28日から始まったチャーター機派遣は、第5便でいったん終了する。(2020/02/16-23:32)

print

人気のオススメ記事

  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)