三陽商会、代替素材を検討 新疆産綿使用認める―ウイグル人権問題

2021.04.14
0
by 時事通信

 アパレル大手のは14日、中国・新疆ウイグル自治区における人権侵害問題が広がりを見せる中、同社の複数ブラドで新疆産綿花の使用を確認したと明らかにした。大江伸治社長は同日の記者会見で「企業の社会的責任(CSR)の観点を踏まえ、不適切と判断した場合は代替素材を検討したい」と強調。同綿花を使用したブラド名については開示しなかった。
 「無印良品」を展開するも同日、製品に使用する綿花が同自治区の農場で栽培されていると公表した。
 新疆産綿花をめぐっては、アパレル企業が少数民族の強制労働で恩恵を受けているとして国際的に批判が高まっている。「ユニクロ」などを展開するは、フランスのNGOなどから告発される事態に発展している。(2021/04/14-20:47)

print

人気のオススメ記事

  • PR 最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    最大115万円の補助金も!電気自動車に乗り換えるなら今が絶好のチャンス
    (PR:株式会社ゼロホーム)