青森県の2地銀、統合検討を表明 「地域に最良」「前向き進める」―両頭取

2021.05.11
0
by 時事通信




 は11日、経営統合に向けた協議入りに関する報道について、「統合に関して検討を行っているのは事実だ」とする声明をそれぞれ発表した。みちのく銀の藤沢貴之頭取は同日、取材に対し「地域のために何が良いかと考えたとき、(統合が)一番の選択肢だと判断した」と明かした。
 青森銀の成田晋頭取も同日朝、記者団に「前向きに考え、進めていきたい」と話した。両行は週内にも取締役会で統合協議を進める方針を確認する見通しだ。
 青森県に本店を置く両行は、2019年10月から包括提携の検討を進めてきた。人口減少や長引く低金利で経営環境が厳しさを増す中、統合による経営基盤の強化で生き残りを目指す。(2021/05/11-17:19)

print

人気のオススメ記事

  • PR 知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    (PR:ウェイブダッシュ)