株取引に高速計算機 今夏から実証研究―東芝

2021.05.13
0
by 時事通信

 は13日、自社開発した高速計算機を株式売買に導入し、効率的な株価形成に有効かどうかを検証する実証研究を今年夏をめどに始めると発表した。東証での実際の取引に計算機を活用する。こうした試みは世界初という。
 この計算機は「疑似量子計算機」で、膨大な選択肢の中から最適な解を導き出す。今回の検証に加わる超高速取引(HFT)業者「ダルマ・キャピタル」(東京)が計算機を売買に活用する。計算機は金融取引や医薬品開発などでの利用が見込まれている。(2021/05/13-00:15)

print

人気のオススメ記事

  • PR 知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    知らなきゃ損?想定より300万も不動産を高く売る、賢い方法
    (PR:ウェイブダッシュ)