楽天格付け、投機的水準に 携帯投資重荷で引き下げ―S&P

2021.07.26
0
by 時事通信


楽天のロゴマーク

楽天のロゴマーク

 格付け大手S&Pグローバル・レーティングは26日、の長期発行体格付けを「トリプルBマイナス」から、投機的水準とされる「ダブルBプラス」に1段階引き下げたと発表した。携帯電話事業での先行投資により、先行きの財務基盤が大きく悪化すると判断したという。
 S&Pは楽天の携帯事業について、基地局設置などの投資が続く中、「競争激化で顧客獲得が遅れる」と指摘した。格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」とした。楽天は2020年12月期連結決算で1141億円の純損失となった。
 楽天は「財務健全性へ配慮しながら財務運営を行っていく」とのコメントを出した。(2021/07/26-23:17)

print

人気のオススメ記事

  • PR お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    お金に悩む日々よ、さらば。住宅ローン返済を無理なく減らせる暮らし方
    (PR:SBIスマイル)