DSC_8569_2000 

そんなに画面たくさん並べて何見てる?デイトレーダー5人のお部屋拝見

2018.10.29
268
by gyouza(まぐまぐ編集部)

みなさんは「デイトレーダー」と聞いて、なにを思い浮かべますか?チカチカと素早く動く画面が表示されたモニターがたくさん並び、その前でマウスを操作している…そんなイメージではないでしょうか。あのたくさん並んだモニターには何が表示され、なんのためにたくさんの画面があるのか。また、デイトレーダーはトレードしている以外の時間はどのように過ごしているのでしょうか。そこで今回、謎多きデイトレーダーの生活を覗き見るべく、MAG2 NEWS編集部が「お部屋を見せてください!」とお願いしてみました。はたして、皆さんどんなお部屋でデイトレされてるんでしょうか?

25億円デイトレーダー「テスタ」さんの部屋

DSC_8553

DSC_8588
テスタさん
(@tesuta001)

投資歴:13年(専業歴13年)
設備にかかった費用:30万円くらい
デイトレ1日あたりの最高額:ファミコンカセット3000本くらい(定価で換算)
PCの種類と台数:PC2台(特注のWindows)
モニターの枚数:メインモニター1枚、サブモニター6枚、合計7枚
回線の速さ:600から700M/bpsくらいdaytrader-profile

7枚のモニターで秒単位の取引を自由自在に操る、こだわりのトレード環境

これまで株式トレードで25億円(2018年10月現在)もの利益をあげた、有名デイトレーダー「テスタさんのご自宅は都心の高級タワーマンション。大きな窓が並んだリビングからは、東京の夜景を一望できます。

テスタさんが秒単位の取引をおこなっているのは、8畳ほどのトレードルーム。主にトレードを行うのは4Kの大画面モニターで、Twitterも一緒に表示しています。右側に配置したサブモニターには、その時注目している銘柄のチャートなどを多数配置。

6画面あるサブモニターには世界標準のトレードツール 「トレードステーション(略してトレステ)」専用。トレードの準備から実際のトレードまで幅広く活用できるので、どんなワークスペースにするかはまだ考え中なのだとか。

「トレステは、株価を監視する目的で使ってます。細かい設定であったり、自分がああしたいこうしたいと思うことが何でもできるところがいいですね」

DSC_8576

椅子は10年以上愛用するエルゴヒューマン。トレード中は前のめりなので、背もたれなどは操作したこともないそう

テスタさんの専業投資家歴は13年専業になる前の投資歴はたった「3ヶ月間」というから驚きです。

「今でこそ秒単位のトレードが中心ですけど、当初は持ちっぱなしだったんですよ。専業になってから取引の時間軸がどんどん短くなって、手法がデイトレードに移行していった感じですね」

株式投資を始めるようになって半年後には「スキャルピング(数秒単位でティックと呼ばれる最小値幅の売買を繰り返す取引手法)」中心の取引になったというテスタさん。

投資資金が増えた現在は、短期のトレードは動かしやすい金額に抑え、中・長期のさまざまな投資手法でほとんどの資金を運用しているそうです。

トレード疲れの「癒し」は寝室にあり!

DSC_8590

疲れを癒す方法は、寝室のプロジェクターで海外ドラマを観ること

秒単位の取引を繰り返すデイトレードは、かなり体力を消耗します。そんなテスタさんのリラックス法は、寝室の大きなプロジェクターで、寝る前に海外ドラマや映画などを観ること。また、先ほどの広いリビングで親しい友人らとゲームに興じることも楽しみと、大量のファミコンカセットを床に並べながらお話してくださいました。

そんなテスタさんも使っている、世界標準のシステムトレードツールトレードステーション(マネックス証券の日本株取引ツール)」略して「トレステ」。その世界観を味わってみませんか?

トレステに関する詳細はココをクリック!

 

板読みデイトレードの勝ち組「けむ。」さんの部屋

gazou01_2

gazou04_reのコピー
けむ。さん
(@kemu77_77)

投資歴:14年(専業歴14年)
設備にかかった費用:80万円くらい
デイトレ1日あたりの最高額:高級な猫缶50年分くらい
PCの種類と台数:メインPC1台(8画面出力用の特注)、ノートPC2台(VAIO薄型、DELL 2-in-1)
モニターの枚数:メイン8枚、ノート2台、サブモニター2枚、合計12枚
回線の速さ:600M/bpsくらいdaytrader-profile

手元に置いたタブレットやモニターで投資仲間と情報交換

続いては、都内某所の閑静な住宅街の高級マンションにある、板読みトレードで有名な「けむ。さんのご自宅へ。約6畳ほどのトレード部屋には、扱いやすいよう機能性を重視した棚と机と椅子、そして8枚のPCモニターがぎっしり。その様子は、まるで飛行機のコックピットやマンガに出てくる司令室です。

モニターが縦に並べられているのは、モニターで監視して手元のノートで発注するときに目線を上下に動かしやすいからだそう。画面に表示されている個別銘柄もチャートではなく板情報というのが、特徴的ですね。

gazou03のコピー

トレード中の情報収集・交換も重要!手元にはSNSなどを表示したタブレットやモニターを配置

もともとは会社員だったという「けむ。」さん。あえて予備知識なしの状態で、いきなり板読みトレードをはじめたのだとか。はじめの7、8年は数秒単位で1日に200回もトレードを行うスキャルピングをしていましたが、最近では数日持つスイングトレードも増え、10~15分で1日に50回程度トレードするデイトレが中心になっているそうです。

「けむ。」さんもテスタさんと同様にトレステを愛用しているそうですが、どのように使っているのでしょうか。

「トレステの板発注(リアルタイムで表示される板画面からおこなう発注)は頭一つ抜けて使いやすいので、とてもありがたいです。まず速さがいいですね。そしてドテン(買い方から売り方、または売り方から買い方にポジションをひっくり返すこと)が楽なこと、情報が多いところが好きです」

トレード疲れの「癒し」は2匹の美猫とボードゲーム

DSC09985

トレード疲れを癒すのは、ご自宅で飼っている2匹の猫(きなこちゃんとあずきちゃん)。また、週末には投資仲間で集まって自宅でイベントをすることも多いのだそう。棚いっぱいに並べられたボードゲームもトレードのストレス解消に。

「けむ。」さんのスピード感あふれる板読みトレードをサポートする、トレードステーションを体験してみませんか。

トレステに関する詳細はココをクリック!

 

卓越した記憶力が武器!「りんたん」さんの部屋

OVb9KaLg1-768x514


りんたんさん
(@nekonorintan)

投資歴:17年(専業歴10年)
設備にかかった費用:50万円くらい
デイトレ1日あたりの最高額:カッコイイ新車を買えるくらい
PCの種類と台数:メインPC1台(OSはあえてWindows7)、サブPC1台(Windows8.1)、ノートPC1台(Windows8.1)
モニターの枚数:メイン5枚、ノート1台
回線の速さ:150M/bpsdaytrader-profile

6画面&自慢の空気清浄機でベストなトレード環境を構築

ツイッターでは鍵アカながら、7000人以上のフォロワーを数える「りんたんさんニュースを生かしたデイトレードスイングトレードを中心に行う「りんたん」さんのトレード環境は5枚のモニター+ノートPC、その奥には歴代の四季報がずらりと並んでいます。チャートや開示情報をどこに表示するかは、常にアレコレ試行錯誤しているとか。でも、それを考えている時間もまた楽しいそうです。

トレード部屋の一番のこだわりは、シャープ製の空気清浄機。「ストレスがたまりにくい環境をつくる」「集中力を維持しやすい環境をつくる」という、トレーダーにとってマストな新機能を装備しているとのことで、発売と同時に即買いしたとか。

WG6v63Ny

12万円以上もする、こだわりの高級空気清浄機

「りんたん」さんは、2001年の米同時多発テロ事件の少し前にミニ株で投資デビューしました。当初は断片的な知識をもとに「行き当たりばったり」で新興株を買っていたものの、オプション取引で手法を確立。しかし、専業になった2008年にリーマンショック」、約3年後の2011年には東日本大震災」で打撃を受け、ザラ場に向き合える専業の環境を生かした日本株の売買を再開することを決意します。

そしてザラバの情報収集卓越した記憶力で勝ちを重ねる現在の手法を確立。年初から下げる場面の多い今年の日本市場でも、着実に勝ちを積み重ねている投資家のひとりです。

トレード疲れの「癒し」は人気の音楽!

avmssCla

さて、「りんたん」さんがリラックスできる「癒しアイテム」として紹介してくれたのが、Perfume やきゃりーぱみゅぱみゅなどのプロデューサーとして有名な中田ヤスタカさんに関するライブやフェスのパンフレット。お部屋に飾ったこれらのグッズを見ているだけで、トレードで疲れた身体も心も癒されるそうです。

そんな「りんたん」さんも新たに挑戦してみたいと考えている、トレードステーション。一緒に初めてみませんか!

トレステに関する詳細はココをクリック!

 

23歳、美人投資家「藤原ひかり」さんの部屋

DSC_0219_650

DSC_0243
藤原ひかりさん(@hikari_f11)
23歳 投資家、モデル、タレント

投資歴:3年
設備にかかった費用:20万円弱くらい
デイトレ1日あたりの最高額:クレジットカードのゴールドカード限度額くらい
PCの種類と台数:ノートPC1台(OSはWindows)
モニターの枚数:ノート1台、サブモニター2枚
回線の速さ:600M/bpsくらいdaytrader-profile

可愛いモノに囲まれながら3画面で和室トレーディング!

投資家として、またモデルやタレントとしても活躍中の「藤原ひかりさんは、まだ大学を卒業したばかりの23歳。首都圏郊外にあるご実家にてご両親と同居中で、女の子らしいグッズや、シングルベッドの置かれた6畳ほどの和室をトレードルームにしていました。

いかにも若い女の子らしいアイテムであふれているトレードルームは、秒単位で動いている投資家とは思えないガーリーな雰囲気

DSC_0177

ノートPCにモニター2枚をつなぎ、3画面で値動きをチェック

いまは主に「FX投資が中心という藤原さん、もともとは大学生だった20歳の時にバイトで貯めたお金を元手に「新興株」を中心とした株式投資からスタートしたとか。株に関する知識は本を2冊読んだ程度でほとんど独学。あとは実際に手を動かして覚えたそうです。

大学生の頃は教室内にノートPC2台を持ち込み、授業中もデイトレしていたほどだったとか。投資先をFXに変えてから「スキャルピングの手法が自分に向いていると気づき、お部屋で、あるいは移動中にノートPCでトレーディングする日々。一時「スランプ」に陥り、マイナスが続いて一時的に投資からしばらく離れていた時期もあったそうですが、あまり考え込まずに自分の感覚を信じる投資スタイルを貫いていくことを決心して「負けることへの恐怖心がなくなった」とのこと。まだ23歳とは思えない「信念」の強さに思わず脱帽です。

トレード疲れの「癒し」は、お気に入りの香り

DSC_0224

トレード疲れはアロマオイルの香りで癒す

さて、そんな藤原さんの癒しアイテムは「アロマオイル」。最近はポーカーにもハマっていて、思い入れのあるカードをお守り代わりに置いたりしているそうです。

そんな藤原さんに「トレステ」についてうかがってみたところ、「まだ使ってみたことはないけど、名前は知ってるし、とても興味あります。これからもっと詳しく知りたいです!」とのことでした。

トレステに関する詳細はココをクリック!

放浪ミニマリスト投資家「ろんぽう」さんの部屋

DSC_0102


ろんぽうさん
投資家、ミニマリスト

投資歴:11年(専業歴3年)
設備にかかった費用:0円(もともと使っていたPC使用)
デイトレ1日あたりの最高額:海外旅行に行けるぐらい
PCの種類と台数:メインMacBook、サブWindows
モニターの枚数:ほぼスマホ
回線の速さ:30M/bpsdaytrader-profile

ミニマムな荷物で引っ越しを繰り返す「ろんぽうさんは、アベノミクスの上昇相場に乗って兼業から専業へ。今年の相場に苦戦しながらもなんとか取り組んでいるのだとか。

毎年のように引っ越しをする「ろんぽう」さん。最近も引っ越したばかりの和室には特別なトレード部屋はなく、トレード用のPCをセッティングしているのはなんと!押し入れ。引っ越しやすいようにシンプルなトレード環境を心掛け、使っているのは1台のノートPCとサブのモニターだけ。デイトレ銘柄やSNSを表示させつつ、注文はついつい兼業時代に慣れたスマホでしてしまうそう。

「慣れると、意外にこっちのほうが早いんですよ」

DSC_0113

会社員時代も始業前の時間をいかし、市場が一番よく動く朝1時間のデイトレが日課。現在もそのスタイルを活かしながら、中長期投資を強化するべくファンダメンタルズの勉強中なんだとか。

「トレステは発注ではまだ使いこなせていませんが、ファンダメンタルズのスクリーニングにも活用できるのが便利。なんでチェックしていたのか忘れてしまうので、銘柄ごとにメモを記入して活用しています」

トレード疲れの「癒し」は庭いじり

DSC_0146

現在の部屋は、狭いながらも庭があるところが気に入って借りたそう。トレードの休憩中には庭の手入れをしたり、ぼんやりと眺めたりするのが癒しの時間になっています。

ファンダメンタルズ派にも活用できる、トレードステーションの便利な機能を体験してみませんか?

 

トレードに興味を持ったなら!「トレステ」でスタート

トレードステーションは、米国で先進性、機能性において最高評価を受けたトレーディングツールの日本株版(※1)。株価ボードには最大2,000銘柄が登録でき、それぞれにアラートも設定可能。

ワンクリック注文ができる板発注機能、27年分の株価データが描画できるチャート機能など、プロ並みのトレード環境が実現できます。

ツイッターやLINEから問い合わせできるなど、サポート体制も万全。

この機会にトレードステーションでプロ並みのトレード環境を体験してみませんか。

※1 米バロンズ誌オンライン証券会社アクティブトレーダー部門最高位を8年連続で獲得。

トレステに関する詳細はココをクリック!

 

PR: マネックス証券

印刷する

  • そんなに画面たくさん並べて何見てる?デイトレーダー5人のお部屋拝見
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい