eyecatch03_0807-min 

【堀江貴文×MB】日本人がGUよりユニクロを好む納得の理由

メルマガ『堀江貴文のブログでは言えない話』も大好評な、出版やビジネスにと精力的に活動を続けるホリエモンこと堀江貴文さん。そんな堀江さんの人気YouTubeコンテンツ『居酒屋ホリエモンチャンネル』に、メルマガ『【最も早くおしゃれになる方法】現役メンズバイヤーが伝える洋服の着こなし&コーディネート診断』の著者で、8月にファン感謝イベントを開催予定の人気ファッションアドバイザー・MBさんがゲストです。「低身長向けブランド」の立ち上げで盛り上がった第1回に続き、第2回目の今回は、ユニクロの姉妹ブランドとして安さが人気の「GU(ジーユー)」について。MBさんいわく、日本でGUの人気がイマイチとのことですが、一体なぜなのでしょうか?

MBさんが分析「日本でGUがイマイチなワケ」

堀江:それで、さっきの155もそうだけど、アパレルってまだまだ色々あると思います。

MB:そうですね。色々あると思います、全然。

堀江:俺が考えてるのは、やっぱ靴のマーケットなんだよな。「甲高幅広族」向けのとか……。

寺田:あぁ、私もそっちなんですよ。

堀江:そういう人って結構いると思うんだよね。

寺田:女子なんかだと、パンプスが履けない問題があって……。

MB:そうですよね。パンプスなんて大きいサイズを選んじゃうと、スポッと抜けちゃいますもんね。

寺田:そうなんです。だから、足が甲高幅広の女子って、履ける靴がめちゃくちゃ限られてくるんですよ。

堀江:ホント、「甲高幅広族」ってマイナー民族なんだよ。

MB:そういうのをだんだん潰していきたいんですよ。でも、一番困ってるのは低身長だと思うんですよ。

堀江:でしょうね。それは完全にそうだよね。だから、それは3年前に155ってことで考えたのよ。

MB:さすが。

堀江:それで僕、ちょっと思ったんですけど、ZOZOTOWNとMBさんの関係性って言うか、どうなんですかね。その辺をちょっと話しておきたかったんだよね。

堀江貴文氏

堀江貴文氏

MB:ZOZOと僕は、めっちゃフラットですよ。たまに会って話すぐらいで。

堀江:でも何だろう。ZOZOは既存のアパレルブランドとは別の動きじゃないですか。

MB:まったく違いますね。

堀江:その動きに対して、既存のアパレルはどう考えてるのかっていうところが、結構気になってて。やっぱファッションECでは世界で一番イケてると思ってて、戦略的にも……。

MB:そうですね。

堀江:例えば、WEARでナンバーワンの子って高橋愛ちゃんだけど、彼女ってちょっと低身長じゃない? 彼女ってブランドとかを作んのかなって、思ったりしてたんだけど。

MB:いや、その説明は彼らからもよくされるんですけど、結局は彼らってデベロッパーなんですよね。自分たちで何か事を起こしてっていうことには、あんまり積極的ではなくて。まぁブランドはやってるけど。例えば僕がZOZOのなかでこのブランドが好きで「これ宣伝したい」ってみたいなことを言っても、彼らはひとつのブランドに偏ることはしたくないからって言うんですよ。

堀江:プラットフォーマーっていうこと? でも、プライベートブランドは立ち上げているじゃない。

MB:そう。そこの矛盾感はあるんですけどね。でも彼らと話をしてると、やっぱそういう話はしてきますよね。

堀江:だって、サイズを取りに行こうとしてるじゃない? ZOZOスーツで。アレ、頼みました?

寺田:頼んでないです。

MB:僕はやりました。

堀江:僕はね、初期型を持ってたから……。でもね、初期型って使えなくなっちゃったの。なんかアプリに登録したのに、初期型はダメになっちゃって。それで水玉が来ちゃったんだけど、アレって撮影を11回しないといけなくって……。

MB:そうなんですよね。

堀江:それがスゲーめんどくさいなって。旧型は着るだけでよかったから、めっちゃラクなの。

MB:それはすごい難しくて。結局ZOZOで売れてるのって、今はオーバーサイズなものばっかりなんですよ。トレンドがオーバーサイズなんで。でも、ZOZOがやってることって、世界的にはすごくレアなことなんですけど、ミドルレンジのとこなんですよね。……日本の今のファッション業界って、ハイブランドと中間の価格帯とファストファッションって3段階になってますけど、世界的にはもうミドルレンジって存在しないんですよ。日本だけミドルレンジの価格帯って生きてて、それを担ってるのがZOZOなんですけど。

そのミドルレンジっていうのは、ファストファッションよりもイイものが欲しいって人たちだから、感度がすごく高いんですよ。で、その感度が高い人は何に手を出すかって言うと、今はオーバーサイズがトレンドだから、やっぱそういうサイズを気にしなくてもいいものを買うんです。

それじゃぁ、ZOZOスーツってどんな必要性があるのよっていうと、実はミドルレンジの人たちにはハッキリ言って全然必要なくって、ローレンジの人たちをミドルに上げるための施策だと思うんですよ。ところが、そういうローレンジの人たちが、果たして12回まわって撮影するっていうめんどくさいことをするのかっていう話なんですよ。その辺の不一致感は、ZOZOスーツってまだまだあるなぁって思うんですけどね。

堀江:だからアレ、一番最初のバージョンのままだったら良かったのにって思ってて。

MB:そう。一番最初のままだったら良かったですよね。でも、いまAmazonがまた開発してるみたいですよ。

堀江:そうなんだ。……今、コメントで「寺田さん、公開ZOZOスーツ」だって。

寺田:なんでだよっ(笑)。なんで全部公開になるんだよ、私の場合。

堀江:じゃぁ、それZOZOに提案してみよう(笑)

MB:あぁ、それイイかもしれませんね(笑)……でも155のヤツは、ぜひモデルになって。

MB氏

MB氏

寺田:確かに155はそうかもしれないですけど、ZOZOは要ります?

堀江:いいじゃん、全部出しちゃえよ。

寺田:要らないと思うんだけどなぁ。

堀江:……いやぁ、でもそこは面白いと思ったんだけどなぁ。高橋愛ちゃんとかブランドやらないんだ。そういうプラットフォームにするんだと思ってたんだけど。

MB:やらないんでしょうね。やればいいと思うんですけどね。

※8月中にお二人のメルマガにご登録いただくと今回のトークのフルバージョンを全文お読みいただけます。↓ご登録はコチラから

堀江貴文さんのメルマガは初月無料/詳細・登録はこちら

 

MBさんのメルマガも初月無料/詳細・登録はこちら

 

印刷する

  • 【堀江貴文×MB】日本人がGUよりユニクロを好む納得の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい