DSC00507_01 

なぜ「大富豪の執事」は月2979円もするメルマガを始めたのか?

メルマガ『高く売れば売るほど顧客満足が高まる営業・ブランディング術』を創刊し、ビジネステクニックの啓蒙をしている新井直之さん。世界の大富豪・超富裕層向けの執事サービス会社を設立し、ビジネスを展開する新井さんがどのような思いでメルマガを創刊したのか、なぜ執事をビジネスとして成立させることができたのか、気になることはたくさんあります。そこでMAG2 NEWSは、新井さんが執事になった経緯からメルマガをどんな人に読んでほしいのかまで、そのすべてをお聞きしてみました。

相手が本当に望んでいることを知り、実現することがビジネス

──まず、新井直之さんがどのような方なのか、ということを読者の方が分かるようにできればと思っております。新井直之さんが代表取締役社長をされている「日本バトラー&コンシェルジュ株式会社」はどのようなことをされている会社なのでしょうか?

新井:執事というと、ドラマや映画などで出てくるお金持ちや大富豪の身の回りのお世話をするというイメージがあると思いますが、まさにそういった執事のサービスを提供する会社です。やはりお客様は限られていまして、企業のオーナー様やそのご一族であったりのサポートをさせていただいています。

もちろん、執事ということからイメージされるようにお茶を出したり、食事の際にワインを注いだり、お食事のお世話をしたりというはもちろん、大富豪の方の家も大きいので、家の管理であったり、運転手やメイドがいる場合が多いので、そういうスタッフを管理したり、快適に過ごせるようにしています。

執事を雇うというのは、年間1,500万円から2,000万円かかります。その料金を払ってまで、自分自身の時間を作り出す価値がある方になると、皆さんにしっかりとお聞きしたことはないのですが、年収が5億円以上、資産でいうと50億円以上の方々向けのサービスになります。人材サービスとしては、弁護士や医師といった専門的な方々を除いて、一番報酬が高いサービスになるかと思います。

──執事というと、その家に昔から働いている方がいる、というイメージなのですが、会社にされたのはどのような理由からなのでしょうか?

新井:元々、私自身が執事をしていたこともあるのですが、会社を作ったほうが仕事がスムーズに行えます。例えば、人の雇用です。執事以外にメイドや運転手、シェフなど複数名がチームになって一つのお客様を担当します。もちろんお客様自身が直接雇用する場合もありますが、会社としてやっていたほうが、優秀な人材を採用できますし、労務管理や福利厚生面なども適切に行えます。

また、お客様が直接雇用をしてしまいますと、人を雇用する際の採用活動から人材教育、働く人のモチベーションの維持、退職時の対応など、多くの手間と負担があります。それを私どもが会社として一手に引き受けることにより、お客様は本来のやるべきことや、楽しむための時間を得ることが出来ます。

また、執事の仕事というのは、先ほどの食事のお世話であったり、運転手やメイドの管理、派遣とった人材サービスだけではなく、様々な業務がある、ということもあります。例えば、お役様の家の修繕をする場合、工事会社との契約を我々の会社で契約をするということもあります。そこが個人で執事をしていると、お客様自身が契約をする必要がある。それが執事という業務を行っている会社として受けていることで、工事会社との契約も非常にスムーズに行えるんです。

──なるほど。優秀な人材を採用、育成することと、かつ手間を少なくするために法人化されているんですね。他にはどのような要望があるのでしょうか?

新井:以前、伊豆に別荘を持たれていたお客様に「温泉に入りたい」と言われたことがありました。実は温泉のお湯って購入することが出来るんですよ。なので最初は軽トラにポリタンクで持ち込んで、お風呂に入れたんです。すると「いや、かけ流しが欲しいんだ」と。「掘ってくれ」という意味だったんです(笑)。「かなりお金がかかりますよ」とお伝えしたんですが「やってくれ」と。予算も考えなくていいとおっしゃってました(笑)。ですので別荘の敷地で温泉を掘ることにしたんです。

まず温泉が出るかの調査する専門の会社に依頼したところ、「温泉が出るか出ないかはやってみないと分からない」と言われました。それでもやってみようということで1年がかりで温泉を掘ったのですが、その間、頻繁に電話がかかって来るんです。「もう温泉は出たか?」と(笑)。それも「温泉が出なければ、お前はクビだ!」ぐらいのプレッシャーでした。結果的に温泉が出たのですが、本当に幸運でした(笑)。そういった無理難題に答えていくことも執事の仕事になります。

──スケールが大きい話ですね。他にもそういった無理難題を解決したお話はありそうですね。

新井:ありますね。これも先ほどの温泉のお客様のお話なのですが、「別荘の目の前にある木を切ってこい」と言われたんです。ですが、そこの土地は他人の土地でして、まずはその土地の所有者に問い合わせたのですが、「防風林なので切るなんてことはできません」と言われました。お客様にはその旨をお伝えしたのですが、「それでも木を切れ」と。「出来ないことは無いはずだ」と。これは成功者の方、大富豪の方に多いのですが、基本出来ないことはないと思っています。そういった方々に対応する私ども執事も、「この世の中には出来ないことはない」、「出来ないことをやるのが自分の仕事であるじゃないの?」という発想で挑まなくてはなりません。

DSC00554

そこで、試行錯誤して何とか解決策を見出そうと、お客様に、なぜ木を切りたいのかをお聞きしたところ、「木を切ると海が見えるだろう?海が見たいんだ」とおっしゃったんですね。さらにお話をお聞きすると、お客様はヨーロッパの方で、お母様が山間部の出身の方だということでした。お母様は海を見たことがないので、日本に呼んでこの別荘で海を見させてあげたいということだったんです。「目の前の木を切りたい」は本当の目的ではなく、「別荘から海を見たい」がお客様の本当の望みだったんです。そこで私が考えたのが、「海が見たいのであれば、別荘を改築するのはいかがでしょうか?」と提案したのです。実はその別荘は建てたばかりだったのですが(笑)、ドローンを飛ばして、「2階を増築すれば、このように海が見えます」と提案したんです。

──これもまたスケールが大きい話です。

新井:はい(笑)。家を増築されたことがある方は分かるかと思うのですが、1階建ての建物を、2階建てにするのは非常に大変なんです。そもそもの構造から変えなければいけないので、かなりの費用がかかるんです。結局、1億円以上かかったのですが、2階を増築したことでお客様の要望に答えることができました。

──「お客様の本当の目的がどこにあるのか、ということを知って対処する」というビジネスでも大事なことだと思いますが、また新井さんが提案した案もスケールが大きくて庶民にはびっくりする内容ですね。

新井直之さんのメルマガ詳細・登録はコチラ

 

印刷する

  • なぜ「大富豪の執事」は月2979円もするメルマガを始めたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい