MAG2 NEWS MENU

クーポン支給に事務費900億のナゼ。10万給付にチラつく“利権”の影

自公両党による協議の結果、現金とクーポン券5万円ずつの支給となった18歳以下の子供への10万円給付。しかしその事務費、殊に900億円にも上るというクーポン支給に係る費用については、野党などから強い批判の声が上がっています。この問題を不透明にしている原因は、どこにあるのでしょうか。今回のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』では著者で米国在住作家の冷泉彰彦さんが、「よく考えるとハッキリしないポイント」を3つ挙げ各々について分析・考察。その上で、クーポン支給とすることで現金のみの給付とコストが数百億も違うという点に疑問符をつけています。

※本記事は有料メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』2021年11月30日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

政治経済からエンタメ、スポーツ、コミュニケーション論まで多角的な情報が届く冷泉彰彦さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

10万円給付の事務費用はどうして高額なのか

今、岸田政権が強引に実施しようとしている「18歳以下の子どもへの10万円相当の給付」ですが、結局は現金とクーポンの両建てということにきまりました。

年内の12月に5万円の現金を、来年2022年の春頃に5万円相当のクーポンが支給されることのようです。問題は、その事務費用がどうなるかです。

どうやら、現金だと安く済む一方で、クーポンになると事務費用がかかると言うことが判明し、野党が騒ぎ出しています。一体どう言うことなのでしょうか?

まず、11月26日の時点ですが、財務省は、現金で10万円を一括で支給した場合の事務費用は約312億円、クーポン支給についての事務費用は約900億円と説明していたと報じられています。この時点で野党議員は「2回目をクーポンにすることで900億円ぐらい余計にかかる」と批判しています。

これを裏付けるように、29日に行われた立憲民主党の会議に出席した内閣官房の担当者の説明では、「クーポン支給をした場合の事務費用は967億円」で、クーポンではなく「現金で一括支給した場合の事務費用は、約280億円」になることが明らかになったとされています。こうした経緯から、野党は、政府が複雑な給付手法をとったことが事務費の増大を招いた、と批判を強めています。

この問題ですが、まるで政府が「外注先の業者など」に対して「巨額の中抜きを許している」とか、「その利権のためにクーポンにしたのか」などというニュアンスでの批判がされています。ですが、よく考えると次の3つの点がハッキリしません。

1つ目は、純粋な手数料の問題です。銀行振込には手数料がかかります。その一方で、クーポンにしても手数料がかかると思います。デジタルであれ、紙であれ、クーポンを発行して回収するのは手間ですから、一般的に数%の手数料が取られるはずです。例えば学用品に特化した1万円の金券クーポンを発行して、利用者がこれを使って買い物をしたとして、1万円はその小売店には行きません。数%の手数料を差し引いた金額が決済されるはずですが、仮にその手数料を国が払うのであれば、その金額は相当になります。

今回は銀行振込についての手数料が300億円と言うのですが、18歳以下の人口というのは1,900万人ぐらいいるので、所得制限に引っかかる人が100万として、トータル1,800万件とします。仮に1件200円の振り込み手数料だとすると、36億円になるので、これは300億円に含まれると思います。

そうなるとクーポンの部分は、例えば5万円の2%でも1,000円ですから、1,800万件となると180億円、3%だと270億円ということで、かなりの金額になります。万が一、手数料の取引条件で相当に高額の手数料が乗っているのであれば、是正が必要です。

政治経済からエンタメ、スポーツ、コミュニケーション論まで多角的な情報が届く冷泉彰彦さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

2つ目は、各地方で使えるクーポンを「地域限定」とか「商品の種類限定」にして、仮に市町村ごとに変えるとなると実務が大変になるだけでなく、「使えるお店」の側での対応など、現場の費用は相当な水準になります。これもある程度の計算があるのなら公開すべきです。

3つ目は、コンピュータによる管理、帳票や通知の打ち出し、紙媒体での発送といった純粋な事務コストです。これは、仮に現金(振り込み)にしても、クーポンにしても、同じように発行するのであれば、コストはそんなに変わらないと思います。プログラムを変えて、印字内容を変え、様々な帳票や銀行やクーポン関連の企業に渡す磁気データなどの作成にしても、最終消費者向けのEコマースをやっている企業のノウハウなどの延長で対応できる話です。

官庁の仕事ですから、民間よりはずっとコスト的には甘い点があるのかもしれませんが、どう考えてもクーポンにすることで数百億も違うというのは、奇妙です。もしかすると、この辺りに「利権」があるのかもしれません。

いずれにしても、野党の側も「現金一本よりコストがかかる」として批判するのであれば、少なくともその中身、つまり「純粋な取引手数料」「現場の経費」「管理コスト」の最低3つに分けて、追及するぐらいしてもいいのではないでしょうか。

政治経済からエンタメ、スポーツ、コミュニケーション論まで多角的な情報が届く冷泉彰彦さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 
 

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2021年11月配信分
  • 【Vol.405】冷泉彰彦のプリンストン通信『アメリカの分断疲れ』(11/23)
  • 【Vol.404】冷泉彰彦のプリンストン通信『日本のワクチン戦略』(11/16)
  • 【Vol.403】冷泉彰彦のプリンストン通信『選挙後の日米政局(11/9)
  • 【Vol.402】冷泉彰彦のプリンストン通信『総選挙結果を考える』(11/2)

2021年11月のバックナンバーを購入する

2021年10月配信分
  • 【Vol.401】冷泉彰彦のプリンストン通信『総選挙、3つの疑問点を解く』(10/26)
  • 【Vol.400】冷泉彰彦のプリンストン通信『日本病の原因を探る』(10/19)
  • 【Vol.399】冷泉彰彦のプリンストン通信『岸田演説から経済政策を読み解く』(10/12)
  • 【Vol.398】冷泉彰彦のプリンストン通信『岸田新政権の経済感覚を疑う』(10/5)

2021年10月のバックナンバーを購入する

2021年9月配信分
  • 【Vol.397】冷泉彰彦のプリンストン通信『総裁選直前、各候補を比較する』(9/28)
  • 【Vol.396】冷泉彰彦のプリンストン通信『アベノミクスの功罪』(9/21)
  • 【Vol.395】冷泉彰彦のプリンストン通信『911テロ20周年の追悼』(9/14)
  • 【Vol.392】冷泉彰彦のプリンストン通信『911テロ20周年+政局緊急特集』(9/7)

2021年9月のバックナンバーを購入する

2021年8月配信分
  • 【Vol.393】冷泉彰彦のプリンストン通信『アフガン情勢、現状は最悪のシナリオではない』(8/31)
  • 【Vol.392】冷泉彰彦のプリンストン通信『混乱続くカブール、バイデンは失敗したのか?』(8/24)
  • 【Vol.391】冷泉彰彦のプリンストン通信『カブール陥落と、反テロ戦争の終わり』(8/17)
  • 【Vol.390】冷泉彰彦のプリンストン通信『日本の政局の重苦しさを考える』(8/10)
  • 【Vol.389】冷泉彰彦のプリンストン通信『コロナとアメリカの分断の現在』(8/3)

2021年8月のバックナンバーを購入する

2021年7月配信分
  • 【Vol.388】冷泉彰彦のプリンストン通信 アメリカから見た東京五輪の開会式中継(4つの観点から)(7/27)
  • 【Vol.387】冷泉彰彦のプリンストン通信 東京五輪を直前に控えて、安全と安心の違いを考える(7/20)
  • 【Vol.386】冷泉彰彦のプリンストン通信 日本人差別事件に関する3つの視点
    (7/13)
  • 【Vol.385】冷泉彰彦のプリンストン通信 バイデン政権の弱点は、反ワクチン派と副大統領周辺か?(7/6)

2021年7月のバックナンバーを購入する

2021年6月配信分
  • 【Vol.384】冷泉彰彦のプリンストン通信 バイデン政策と現代資本主義論(政府の役割とその限界)(6/29)
  • 【Vol.383】冷泉彰彦のプリンストン通信 資本主義は修正可能か?(その2、改めて議論を整理する)(6/22)
  • 【Vol.382】冷泉彰彦のプリンストン通信 資本主義は修正可能か?(その1、現代の価格形成トレンド)(6/15)
  • 【Vol.381】冷泉彰彦のプリンストン通信 コロナ・五輪の迷走が示す「お上と庶民」相互不信の歴史(6/8)
  • 【Vol.380】冷泉彰彦のプリンストン通信 ロッキードと現在、政治の不成立(6/1)

2021年6月のバックナンバーを購入する

2021年5月配信分
  • 【Vol.379】冷泉彰彦のプリンストン通信 台湾海峡をめぐる4つの『ねじれ』(5/25)
  • 【Vol.378】冷泉彰彦のプリンストン通信 五輪追加費用、問題はIOCより国内の利害調整では?(5/18)
  • 【Vol.377a】冷泉彰彦のプリンストン通信 五輪の食事会場に『監視員配置して会話禁止』、どう考えても不可(5/14)
  • 【Vol.377】冷泉彰彦のプリンストン通信 東京五輪をめぐるカネの話を怪談にするな(5/11)
  • 【Vol.376】冷泉彰彦のプリンストン通信 衰退途上国論(5/4)

2021年5月のバックナンバーを購入する

2021年4月配信分
  • 【Vol.375】冷泉彰彦のプリンストン通信(4/27) (緊急提言)コロナ政策、全面転換を主権者に問え!
  • 【Vol.374】冷泉彰彦のプリンストン通信(4/20) 菅=バイデンの「対面首脳会談」をどう評価するか?
  • 【Vol.373】冷泉彰彦のプリンストン通信(4/13) 政治はどうして『説明』ができなくなったのか?
  • 【Vol.372】冷泉彰彦のプリンストン通信(4/6) 主権者が権力を委任しなくなった未来国家ニッポン

2021年4月のバックナンバーを購入する

2021年3月配信分
  • 【Vol.371】冷泉彰彦のプリンストン通信(3/30) オワコンばかり、3月4月のイベントは全面見直しが必要
  • 【Vol.370】冷泉彰彦のプリンストン通信(3/23) 中国の経済社会は、ソフトランディング可能なのか?
  • 【Vol.369】冷泉彰彦のプリンストン通信(3/16) 五輪開催の可否、3つのファクターを考える
  • 【Vol.368】冷泉彰彦のプリンストン通信(3/9) 311から10周年、被災地だけでない傷の深さ
  • 【Vol.367】冷泉彰彦のプリンストン通信(3/2) 日本でどうしてトランプ支持者が増えたのか?

2021年3月のバックナンバーを購入する

image by: 首相官邸

冷泉彰彦この著者の記事一覧

東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院卒。1993年より米国在住。メールマガジンJMM(村上龍編集長)に「FROM911、USAレポート」を寄稿。米国と日本を行き来する冷泉さんだからこその鋭い記事が人気のメルマガは第1~第4火曜日配信。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 冷泉彰彦のプリンストン通信 』

【著者】 冷泉彰彦 【月額】 初月無料!月額880円(税込) 【発行周期】 第1~第4火曜日発行予定

print

シェアランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MAG2 NEWSの最新情報をお届け