fbpx

「急にまとまった資金が必要に…」凄腕FPがおすすめする不動産担保ローンとは?

「両親の医療費負担が大きく生活が苦しい…」「子供の学費が思った以上にかかりそう!」「事業の運転資金が一時的に足りない」――など、突然まとまった資金が必要になったらどうしますか?思いがけない出費である場合、すぐに用意するのはなかなか大変です。そこで今回は、老後の資金計画や住宅ローン見直しなど約3,000件の相談実績を持つファイナンシャルプランナー(FP)・吹田朝子さんに、実際にあったトラブル事例に沿っておすすめの不動産担保ローンの活用方法をご紹介していただきます。

よりよい条件の不動産担保ローンで、余裕をもった資金調達を

FP吹田さんおすすめの不動産担保ローンで解決した、3つのお悩みとは?

DSC_8625suita-profile医療費負担や子供の学費、スタートアップの事業資金など、思っていた以上に資金が必要になったとき、どのように資金を用意するか悩んだ経験はありませんか。銀行からスムーズに借りられれば問題ありませんが、なかなかハードルが高いのが現実です。

そうなったときにまず思いつくのは、親族に借金する、消費者金融などから借りる…などでしょう。これに対して、凄腕FP・吹田朝子さんは、「よりよい条件で借りられる方法があるなら、まずはそちらを検討してみるべき」と待ったをかけます。

「不動産担保ローンなら、融資を受けたお金の使途が限定されません。通常、銀行では厳しかったり時間がかかったりする案件も、不動産を担保に柔軟な審査が可能なのも魅力です。ただし、融資を返済できなくなった場合に担保にした不動産を手放さなければならないので注意が必要です。しかし、これは担保となる不動産の価値と必要な資金、返済額のバランスがしっかり取れていれば前向きな一歩となりうるでしょう」

そこで今回は、吹田さんおすすめの「不動産担保ローン」で解決した、それぞれ状況の異なる3つのお悩みをご紹介します。

お金の問題、悩まず一度ご相談を

事例1:借入額が残っている収益不動産を使い、教育資金の融資を

02

都内に住む53歳の坂本浩さん(仮名)は、予定していた以上にかかることになった息子の教育資金をどう捻出しようか悩んでいました。

現在所有している、築25年の収益不動産は評価額7,600万円。銀行から融資を受けて不動産ローンの返済中で、残高が4,200万円ある状態です。この物件を手放すこともできるものの、順調に収益を上げているためできれば手放さないでなんとかしたいと考えていました。

ローンの残債があるため、銀行から追加で融資を受けるのは難しい状態です。教育ローンや奨学金も検討してみましたが、少し特殊な進路を希望している今回のケースにはうまくフィットしませんでした。

そこで見つけたのが「不動産担保ローン」。評価額のうち、家賃の範囲内で月々返済できる額だけ、カードローンよりも低い金利で融資を受けることができることに満足しているそうです。

<吹田さんの解説>

お子さんの進路が医学、芸術系、留学などとなれば、年間1,000万以上もの費用が必要になることも多くあります。一般の教育ローンは使途の限定や融資額の上限があり、奨学金は親の年収制限や子の成績などが考慮される場合もあり、使いづらい面もあるでしょう。また、これらは卒業後からの返済や、在学中は利子のみの返済などが多く、残高を早く減らしたい場合の柔軟な返済がしづらいこともあります。収益不動産を担保にしたローンは、家賃収入が安定していれば在学中から返済をできるので効率的な返済も可能です。


◆不動産担保ローンでこう解決!

坂本さんの場合、「不動産担保ローン」独自の基準で担保が評価され、2番抵当でも融資受けられた点がポイントです。返済期間を長期に設定することで月々の返済額を抑制し、毎月の収入内で返済を賄えたためキャッシュフローが改善されました。

抵当に入っている物件も評価してくれる

事例2:運転資金が足りない…親所有の不動産で、月末の支払金を用意

03

脱サラして、1年前に事業を立ち上げたばかりの八木達也さん(仮名)は、現在36歳。取引先の都合で急遽月末の入金が足りず、急遽資金が必要となり困っていました。

事業の売上は順調に積み重なってはいますが、事業を立ち上げて日が浅いこともあり、急なニーズに対応してくれる金融機関とのつながりもない状態です。

両親も応援してくれているのですが月末までに必要な資金をすぐに用意することができない状態でした。八木さん自身はほかに資金を準備するあてもなく、自身の不動産などもありません

そこで出会ったのが、父親が所有する評価額6,400万円の不動産を担保にすることのできる「不動産担保ローン」でした。消費者金融やカードローンよりも低い金利でスピーディに融資を受けることができ、無事に月末をしのぐことができたということです。

<吹田さんの解説>

仕入れ原価や広告宣伝費、設備や備品の資金など、先に出ていくお金が多い一方で、売上が立っても売掛金として実際の回収にはタイムラグが出るなど、キャッシュが手元に潤沢にない事業者は多くみられます。最近では、銀行から借りられない場合の事業資金などをクラウドファンディングで集めるという方法もありますが、準備から賛同を得て資金を受け取るまでに半年程度はかかり、急な資金調達には向いていません。


◆不動産担保ローンでこう解決!

突発的な事業資金を自身で用意するのが難しかった八木さんの場合、父親からの担保提供協力をもらい、事業資金の融資を受けられたことがポイント。直近の売上実績と今後の事業計画を提出することで、安定した収入が確保できると判断されました。

親所有の不動産でも借りられる

事例3:母の所有するマンションを購入し、医療費の負担を軽減

01

都内の会社に勤務する57歳の大西徹さん(仮名)は、70代の母親の医療費負担による資金繰りを改善したいという思いがありました。千葉県にある実家の住宅ローンは支払い終わっているものの、母親は高齢のため銀行融資を断られてしまいました。

実家の売却も考えたものの、70代の母親が住み慣れた自宅を離れさせる負担も大きく、できるだけ売却しないで資金繰りを改善させる方法はないか検討していました。

そこで出会ったのが、SBIエステートファイナンスの「不動産購入ローン」です。インターネットの検索で偶然見つけて相談してみたところ、マンションの評価額は1,700万円でした。母親のマンションを大西さんが購入し、母親はそこで得た売却代金を医療費に充てることができることになりました。

また、大西さん自身も大きな負担を抱えることなく資金繰りできる範疇でローンを組むことができて一安心できたのです。

<吹田さんの解説>

銀行では、親族間売買での住宅ローンは消極的といわれます。それは、売買価格が市場価格と比べて妥当でないと贈与の可能性が発生してしまうことや、住宅ローンが居住用不動産購入以外の目的で使われる曖昧性を排除するためです。また、実際の手続きを進めるためには親子双方のサインや押印が必要で、お母様がご病気で動けない場合などは難しくなってしまう場合も。


◆不動産担保ローンでこう解決!

大西さんの事例のポイントは、母親所有のマンションを息子が購入した点にあります。母親は固定資産税等を支払う負担もなくなり、資金繰りが大幅に改善しました。

面倒な親族間売買にも対応

業者選びのポイントは「自由度」。SBIエステートファイナンスの特長とは?

ちなみに今回の事例では、不動産の査定方法に独自の工夫があったり、相談から融資内定までが早かったり、債権圧縮の相談にのったりと、特長がありましたが、実はいずれもSBIエステートファイナンスのものでした。

そんなSBIエステートファイナンスには、先ほど挙げた「不動産担保ローン」のメリットに加えて、この会社ならではのポイントが3つあります。

1.独自審査基準での与信・不動産評価

他の金融機関とは異なる評価になることも。築古や2番抵当の担保不動産、さらには赤字決算の法人、事業をはじめる個人でも、将来性や担保の流動を加味して評価していきます。

2.最短3日でのスピード融資

仮審査は最短即日、融資実行までは申し込みから最短3日のスピード感。

3.専属担当によるワンストップサービス

専属の担当者が、利用者それぞれの課題や事情をくわしくヒアリングし、解決策を提案しています。

この点を理解しておくことこそ、賢く使うための3つのポイントになります。

現在、SBIエステートファイナンスでは、個人、法人、不動産業者など様々な資金ニーズの相談を年間5,000件以上受けています。その実績で得たノウハウを利用者の問題解決へと繋げているのです。

ひとりでは解決できない「お金の問題」を抱えている方は、まずは気軽にご相談されてはいかがでしょうか。

DSC_8625suita-profileプロフィール:吹田朝子(すいた ともこ
ファイナンシャル・プランナー、1級ファイナンシャルプランニング技能士、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー。一般家庭のライフプランおよび住宅ローン・保障・貯蓄運用などについて、3,300人以上もの相談実績をもち、1人1人の価値観を尊重しながら豊かさへナビゲートするのがモットー。著書も多く、セミナーや個別相談も行う一方、一般社団法人円流塾にて自分の人生のためにお金の循環から幸せを高めるお金との付き合い方を伝授している。

お金の問題、悩まず一度ご相談を

screencapture-1

source:SBIエステートファイナンス 会社概要

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー