MAG2 NEWS MENU

遺骨の混じる土で基地建設の異常。日本のメディアがほぼ報じぬ「重要な選挙」

日本の歴史の転換点となる可能性があるにも関わらず、メディアがほとんど報じない選挙まで既に2ヶ月を切っているという事実をご存知でしょうか。今回の『きっこのメルマガ』で人気ブロガーのきっこさんが取り上げているのは、米軍基地移設問題に揺れる沖縄県名護市で来年1月23日に行われる市長選。きっこさんは前回の同選挙で「基地容認派」市長を当選させた当時の安倍政権のやり口を批判的に記すとともに、1月の選挙が持つ重要な意義を解説しています。

きっこさんのメルマガご登録・詳細はコチラ

 

報じるべきニュースとは?

この地球上では、常に無数の事故や事件が発生し続けています。世界の面積のわずか0.28%しかないこの日本でも、全国の市町村で発生した小さな交通事故や盗難事件まで含めると、天文学的な数字の事故や事件が発生し続けています。そして、その数えきれないほどの事故や事件の中から、規模の大きなものや多くの人々に影響があるものが「ニュース」として新聞やテレビなどで報道されるわけですが、日本の場合、報道の大きさと内容の重要性は必ずしも一致しません。

ここ1週間を見てみると、無免許ひき逃げの木下富美子都議の吊し上げと、同級生を包丁で刺し殺した中学生のニュースが「これでもか!」「これでもか!」と報じられ続け、その次に、中国共産党の最高権力者の1人から性被害に遭ったという中国の女子テニス選手の話題が連日のように報じられました。他にも、高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違えによる死傷事故も報じられました。しかし、被害者やご遺族には申し訳ありませんが、これらの出来事って、当事者や関係者以外の大多数の人たちには、直接は関係ない話ですよね。

挙句の果てには、歌手の鬼束ちひろさんが救急車を蹴ったとかいう「どうでもいいニュース」を、いちいち面白おかしく報じまくるバカ丸出しのワイドショー。スポーツ紙のネットニュースも、わざわざ鬼束ちひろさんが派手なメイクをして異常な目つきをしている写真を選んで記事に添えるという念の入れよう。「お前ら、どんだけヒマなの?」と聞きたくなります。

そして、この「どうでもいいニュース」の10分の1も報じられない「立憲民主党の代表選」。ま、これは、立憲民主党サイドにも原因があることなので、一方的にメディアだけを批判することはできませんが、野党第1党の代表選よりも「どうでもいいニュース」を大きく報じるなんて、こんな滑稽な国、世界の先進国の中では日本だけだと思います。

そして、万人が興味ある新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が発生したとたん、メディアは一斉に「オミクロン一色」です。日本のメディアって、どうしてこんなに単細胞なのでしょうか?もちろん、真性の単細胞は、一部のメディアの一部の人たちだけだと分かっていますが、そうした「一部の単細胞」が垂れ流すバカニュースが放送媒体やネット媒体を席捲し、真面目に「立憲民主党の代表選」を取材し続けて来た記者の良質な記事は画面の隅っこに追いやられている。これが、今の日本の劣化しまくったメディアの悲しい現状なのです。

きっこさんのメルマガご登録・詳細はコチラ

 

…そんなわけで、今週、あたしが取り上げるのは、沖縄のメディア以外はほとんど報じていない、来年1月に行なわれる沖縄の「名護市長選」です。名護市の辺野古では、カネに目が眩んだ拝金主義者たちが、第2次世界大戦末期の沖縄の地上戦で犠牲になった数えきれない人たちの遺骨が混じる土を、米軍の海上基地を造るための埋め立てとして、かけがえのない「ちゅら海」に投入し続けています。そして、それを許している1人が、現在の名護市長、渡具知武豊(とぐち たけとよ)なのです。

競馬が好きなあたし的には、この「武豊」という名前、どうしても「たけ ゆたか」と読みたくなってしまうのですが、それはそれとして、この市長は、保守派として名護市議会議員を5期つとめた後、当時の首相だった安倍晋三の肝いりで、2018年2月4日に行われた名護市長選に出馬し、当選して市長となった人物です。

ここ10年、名護市の市長は、辺野古への米軍基地移設の「推進派(容認派)」と「反対派」が交互につとめて来ました。2009年までつとめていた推進派の島袋吉和市長は、2009年の政権交代を追い風とした反対派の稲嶺進候補に、2010年1月24日の市長選で敗れ去りました。当時の沖縄県知事は、反対派から容認派へ手のひら返しをして自民党政権の飼犬に成り果てた仲井真弘多(なかいま ひろかず)だったので、これでようやく「県も市も基地推進」という最悪の状態から「県は推進でも市は反対」という第一歩が踏み出せたのです。

稲嶺進市長は、2014年1月19日の市長選でも自民党推薦の推進派候補を大差で破り、再選を果たしました。そして、この年の12月10日の沖縄県知事選では、反対派の翁長雄志(おなが たけし)候補が現職の仲井真弘多を破り、ついに「県も市も基地反対」という沖縄の本来の民意が示されたのです。この明確な「民意」によって、それまで自民党政権が強行して来た工事にブレーキが掛かったわけですが、何が何でも自分の思い通りに行かないと気が済まない「わがままお坊ちゃま」の安倍晋三が、この状況を放置しておくはずはありません。

こうした流れから、当時の安倍政権は、2018年2月4日の名護市長選に保守派の渡具知武豊市議を出馬させ、自民、公明、維新というお約束のトリプル推薦をしたのです。そして、現職の稲嶺進市長が、2010年、2014年と同じく明確に「基地反対」を掲げたのに対して、渡具知武豊は地元の最重要課題である基地問題について賛成とも反対とも言わずに「国と県の裁判を見守る」と繰り返すのみ。つまり「自分に不利な基地問題は争点にしない」という卑怯な作戦に出たのです。

もちろん、これは自民党が立てた作戦です。その証拠に、選挙中は二階俊博幹事長、菅義偉官房長官、小泉進次郎などの自民党政権幹部が次々と応援に駆けつけ、渡具知武豊と同じく「経済振興」という名の莫大なバラ撒きを連呼したのです。テレビでしか見たことがない政権中枢の大物議員が次々とやって来て「渡具知が市長になれば、これだけ補助金が名護市に下りる。渡具知が市長になれば、これだけ市民の生活の向上する」と連呼されたら、基地反対派の市民の中にも、心が動いてしまった人もいたでしょう。

また、これは真偽不明な情報ですが、相当な実弾(現金)が有権者にバラ撒かれたという証言も複数あります。そして、その結果、渡具知武豊候補が2万389票、稲嶺進市長が1万6,931票、3,000票以上の差をつけて渡具知候補が勝ち、8年ぶりに「隠れ推進派」が新市長の座についたのです。当選後、渡具知市長自身も「私を支持した人の中にも基地反対派が何%かいたと思います」と述べました。

きっこさんのメルマガご登録・詳細はコチラ

 

これで辺野古の基地問題は「県は反対でも市は容認」という「ねじれ状態」へと一歩後退したわけですが、この年の8月8日、翁長雄志知事が膵癌で亡くなるという不幸が訪れてしまいました。そして、副知事が職務代理をつとめる中、翁長知事の死去にともなう沖縄県知事選が、同年9月30日投開票で行なわれました。

これをチャンスと見た安倍晋三は、保守派の佐喜真淳(さきま あつし)宜野湾市長を擁立し、自公だけでなく日本維新の会と希望の党という当時の右翼政党の力を集結させ、当選を目指してバラ撒きを開始しました。しかし、これは有権者が数万人の市長選ではなく、有権者が数十万人の県知事選なのです。安倍晋三がどんなに卑劣なバラ撒きを指示しても、有権者の過半数を思い通りに操ることなど不可能です。

結果は、翁長知事が生前に後継指名していた基地反対派の玉城デニー候補が39万6,632票、安倍晋三の刺客の佐喜真淳候補が31万6,458票、8万票もの大差をつけて、改めて沖縄の「民意」がはっきりと示されたのです。しかし、往生際の悪い安倍晋三は、自分の息の掛かった子分が名護市長なのをいいことに、これほど明確な「民意」を完全に無視して、かけがえのない辺野古の「ちゅら海」に土砂を投入するという既成事実づくりを始めたのです。

海上滑走路の建設予定地の海底は、通称「マヨネーズ地盤」と呼ばれる柔らかい構造で、現在の技術ではこの場所に基地を建設することは不可能です。それが分かっているのに、とにかく海に土砂を投入して工事を始めてしまえば、もう計画は後戻りできなくなり、目障りな反対派どもも諦めるだろうという、まるで欲しいオモチャを買ってくれるまで泣き叫んでいる幼稚園児のような発想です。

この「建設不可能な海への土砂投入」という最悪の環境破壊は、安倍晋三から菅義偉へ、そして岸田文雄へと引き継がれて来ました。それは、現在の「県は反対でも市は容認」という「ねじれ状態」が大きな原因です。そして、この「ねじれ状態」を解消し、この最悪の環境破壊に終止符を打つ手段が、来年1月16日告示、23日投開票の「名護市長選」なのです。

2期目を目指す現職の渡具知武豊市長(60歳)は、今回も基地問題への賛否を明らかにせず、お得意の争点隠しとバラ撒きで集票を狙っています。一方、「オール沖縄」の支援で出馬を表明している名護市議会の岸本洋平市議(48歳)は「名護市にとって基地問題は最大の争点」と明言し「これまでの調査で新基地建設は論理的にも極めて難しい工事と分かりました。前回の市長選からの4年間で明らかになった事実を皆さんに伝えて行きます」「玉城デニー知事の立場を支持し、県と連携して新基地建設を止めます」と述べました。

そして、岸本洋平市議は「名護市のことは名護市民が決めます。市民の生命財産を守って行くために、新基地建設を止めます」と力強く訴えました。前回2018年の「名護市長選」の投票率は76.92%でしたが、今回は80%を超えるかもしれませんね。

(『きっこのメルマガ』2021年12月1日号より一部抜粋・文中敬称略)

★『きっこのメルマガ』を2021年12月中にお試し購読スタートすると、12月分の全コンテンツを無料(0円)でお読みいただけます。
¥550/月(税込)初月無料 毎月第1~第4水曜日配信

きっこさんのメルマガご登録・詳細はコチラ

 

image by: Shutterstock.com

初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー

  • 第145号 テキスト版(12/1)
  • 第145号 報じるべきニュースとは?/目指せ!朔旦立春/木の葉髪/火山ツーリズムという違和感(12/1)

いますぐ初月無料購読!

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込550円)。

2021年11月配信分
  • 第144号 熱帯雨林の真実/アンドロギュノスの背中/冬紅葉/49歳になりました(11/24)
  • 第143号 女子高生たちのCOP26/親ガチャ、国ガチャ、時代ガチャ/追悼、瀬戸内寂聴さん/IFの世界(11/17)
  • 第142号 女性の自殺者急増を完全スルーの自公政権/夢見るカニ天国/初冬/夢見るカニ天国、再び!(11/10)
  • 第141号 消えた長蛇の列/同性愛は保守本流/行く秋/ネーミング大作戦(11/3)

2021年11月のバックナンバーを購入する

2021年10月配信分
  • 第140号 Get Up, Stand Up/うきうきバードウォッチング(後編)/太刀魚/無理やりコラボ(10/27)
  • 第139号 岸田文雄のズッコケ党首討論/うきうきバードウォッチング(前編)/十三夜/オープンカーでレディーゴー!(10/20)
  • 第138号 野党を攻撃しまくる法人アカ「Dappi」の正体は?/おせっかいな人々/芋虫/居酒屋さんを救え!(10/13)
  • 第137号 岸田文雄の爆笑自爆内閣/ロールスロイスに銀のエンジン/夜食/秋ナスはきっこに食わすな(10/6)

2021年10月のバックナンバーを購入する

2021年9月配信分
  • 第136号 河野太郎は大嘘つき!/秋の風邪/秋風 4/海の最強生物(9/22)
  • 第135号 4日遅れの万歳三唱/雨に対ひて月を恋ひ/秋風 3/競馬界の中田翔(9/15)
  • 第134号 賞味期限が切れたパンケーキ/天高く馬肥ゆる秋/秋風 2/宇宙からの侵略者 VS 地球防衛軍(9/8)
  • 第133号 音楽が禁止された国/木の足/秋風/寄り添う人々(9/1)

2021年9月のバックナンバーを購入する

2021年8月配信分
  • 第132号 がんばれ!中田翔/中秋の名月とアカナー伝説/露草/ブックレビュー(8/25)
  • 第131号 謝罪ができない大人たち/残暑には梅昆布茶/つくつく法師/炎上ユーチューバー(8/18)
  • 第130号 東京五輪のビフォーアフター/銃声を止めた愛の歌声/今朝の秋/シミチョロの秘密(8/11)
  • 第129号 黒い雨訴訟と国の戦争責任/時代錯誤の東京オリンピック/続・水着/デルタ株 VS シロタ株(8/4)

2021年8月のバックナンバーを購入する

2021年7月配信分
  • 第128号 IOCの根拠なき30秒ルール/猛暑とお素?/水着/人類は?類(7/28)
  • 第127号 ブロントサウルス復活!/謎の大三角/キャンプ/The Dooo(7/21)
  • 第126号 東京五輪は負のレガシー/小野小町と夏の夜/冷奴/パンダ獲得大作戦(7/14)
  • 第125号 自民党、都議選でも安定の敗北/寄生虫は帰省中/六丁目の俳句/ケラさんの主張(7/7)

2021年7月のバックナンバーを購入する

2021年6月配信分
  • 第124号 コロナで死ぬか、ワクチンで死ぬか/プーさんから学ぶこと(後編)/蟻/快楽の正常位、本能の後背位(6/23)
  • 第123号 盛りに盛られたG7サミット報道/プーさんから学ぶこと(前編)/父の日/お子ちゃま舌の皆さんに朗報!(6/16)
  • 第122号 火星から金星へ/恐怖のテュポン/続・浴衣/国会新喜劇(6/9)
  • 第121号 ぼったくり男爵より悪質なピンハネ男爵/紫陽花めぐり/浴衣/ミツバチとマスク(6/2)

2021年6月のバックナンバーを購入する

2021年5月配信分
  • 第120号 摩訶不思議な東京都の感染者数/I Don’t Like Mondays/夏蜜柑/恐怖のハンドパワー(5/26)
  • 第119号 海外メディアの東京五輪批判/母音戦隊ソロウンジャー/子規と漱石と夏蜜柑(5/19)
  • 第118号 菅首相のコント答弁/アメリカザリガニが万歳した日/葉桜/母さん、大好き!(5/12)
  • 第117号 大胃王たちの終焉/インディオからの贈り物/こどもの日/きっこの両論併記(5/5)

2021年5月のバックナンバーを購入する

2021年4月配信分
  • 第116号 菅政権、初の国政選挙で3戦全敗/嘘つき村/四月尽・弥生尽/スーパーのカゴに関する考察(4/28)
  • 第115号 人類初の火星ヘリ、いよいよテイクオフ!/ダイヤモンドはただの石?/雀の子/表記の違和感(4/21)
  • 第114号 海洋放出という破綻したシナリオ/神々しい神々の物語/佐保姫/先天性同性愛と後天性同性愛(4/14)
  • 第113号 聖火リレーという政治プロパガンダ/花のお江戸の釣りバカ日誌/石鹸玉/夏への扉(4/7)

2021年4月のバックナンバーを購入する

2021年3月配信分
  • 第112号 いよいよ安倍晋三逮捕のカウントダウン!/きっこ式/春の風邪/最後の晩餐(3/24)
  • 第111号 無知の知/おもうわよ/水温む/中島信也となかじましんやは別人格(3/17)
  • 第110号 東日本大震災から10年/然るべき鹿の話/東日本大震災を詠んだ俳句/三寒四温(3/10)
  • 第109号 ワクチン担当大臣、またまたご乱心?/117度の情景/雛祭/なんちゃって凍み豆腐(3/3)

2021年3月のバックナンバーを購入する

2021年2月配信分
  • 第108号 きっこ火星に到着/常套句と旧套墨守/追悼、青柳志解樹さん(2/24)
  • 第107号 地震・雷・火事・原発/アイ・ラブ・レズビアン/謝肉祭/亀の甲より年の功(2/17)
  • 第106号 アルパカお姉さんの野望/おにぎり行進曲/猫柳/汽車と電車の違い(2/10)
  • 第105号 補正予算と補正下着/新種ヨコヅナイワシのお味は?/薄氷/ネットニュースの落とし穴(2/3)

2021年2月のバックナンバーを購入する

2021年1月配信分
  • 第104号 加害者の更生と被害者の救済/消えた黒猫の謎/探梅(1/27)
  • 第103号 使い回しの施政方針演説/江戸時代のラブレター/スキー/あの魚の名前の意外な由来(1/20)
  • 第102号 往生際の悪い男と執念深い女/新成人の皆さんへ/女正月/あの魚の名前の意外な由来(1/13)
  • 第101号 初夢ダブルストラクチャー/大小歴と地球カレンダー/姫始(ひめはじめ)/世界のドナルド(1/6)

2021年1月のバックナンバーを購入する

2020年12月配信分
  • 第100号 変異種と奇行種/女の平和/古暦(12/23)
  • 第99号 今年の漢字/日本が大量保有する最強の化学兵器/海鮮鍋(12/16)
  • 第98号 お帰り!はやぶさ2/タヌキとキツネの化かし合い/すき焼き(12/9)
  • 第97号 あたしをスキーに連れてって/師走になると本当に師が走るのか?/寄せ鍋(12/2)

2020年12月のバックナンバーを購入する

2020年11月配信分
  • 第96号 急増する新型コロナ自殺/トワイライトゾーンで落ち葉焚き/三の酉(11/25)
  • 第95号 人間の幸福は動物の不幸?/厩火事/鮫(11/18)
  • 第94号 宇宙の謎と地球の未来/新語・流行語大賞にまで政治介入?/小春(11/11)
  • 第93号 尊重される民意と無視される民意/森のくまさん 2020/暮の秋(11/4)

2020年11月のバックナンバーを購入する

2020年10月配信分
  • 第92号 ローカルニュースから見えて来る現実/きっこのぬいぐるみ物語/文化の日(10/28)
  • 第91号 デマによって延命を図る政権/デマによって死刑台に送られた王妃/松茸(後編)(10/21)
  • 第90号 Go To キャンペーンという税金の無駄遣い/秋の夜はつづれさせ/松茸(10/14)
  • 第89号 三権分立を無視して暴走する菅義偉/長寿の星/沙魚釣り(10/7)

2020年10月のバックナンバーを購入する

2020年9月配信分
  • 第88号 新しい中古の原チャリレポート/日の丸と君が代/秋彼岸(9/23)
  • 第87号 安倍晋三以下のポンコツ総理誕生/わが家は似たもの母子家庭(後編)/早稲(9/16)
  • 第86号 安倍内閣から菅内閣へ引き継がれる無責任政治/わが家は似たもの母子家庭/狗尾草(9/9)
  • 第85号 安倍首相の辞任会見に容赦ないツッコミ!/夢の火星旅行/身に入む(9/2)

2020年9月のバックナンバーを購入する

きっここの著者の記事一覧

「きっこのブログ」のメルマガ版です。ブログと同様に、政治や芸能から文学やお料理、流行やファッションから日々の出来事まで、多岐にわたって綴って行きますが、よりディープに攻めて行こうと思っています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 きっこのメルマガ 』

【著者】 きっこ 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎月 第1水曜日・第2水曜日・第3水曜日・第4水曜日予定

print

シェアランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MAG2 NEWSの最新情報をお届け