中国・韓国は、なぜオバマの広島訪問にこれほど怯えるのか?

shutterstock_9258895
 

ほぼ確実になったと言われる、オバマ大統領の広島訪問。原爆を投下した国の大統領が被爆地に立つという「歴史的出来事」に関しては、被爆者の方々からも歓迎の声が上がっていると言います。しかし、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』によると、中韓、そして日本の一部の識者の間から懸念の声が上がっているとのこと。彼らは核廃絶に向けた大きな一歩となるこの訪問になぜ反対するのでしょうか。

【日中韓】中国・韓国はなぜオバマの広島訪問にこれほど怯えるのか

オバマ大統領の広島訪問に韓中日の識者が懸念の声

アメリカのオバマ大統領が5月下旬の伊勢志摩サミットに合わせて、被爆地である広島を訪問する可能性が浮上していますが、韓国の北東アジア戦略研究機関であるニア財団の招きで、今月22日にソウルで会談を行った日中韓の識者はこぞって懸念を表明したそうです。

ソウル大学の李泰鎮(イ・テジン)名誉教授は、「オバマ大統領が広島を訪問すれば(歴史問題解決をさらに難しくしてしまう。歴史問題が解決され、北東アジアの平和共存体制が確立された後、米国の大統領だけでなく各国の首脳が一緒に訪問するというのが妥当だ」と主張したそうです。

しかし、歴史問題を複雑にしているのはあくまで韓国側であり、日本ではありません。しかも昨年末には日韓慰安婦合意がなされ、日韓双方とも不満はあれど、一応は決着にむけた取り決めがなされたはずです。やはり韓国としてはいつまでも歴史問題を蒸し返す気で満々だということです。

ちなみにこの李泰鎮名誉教授は、日韓併合時代を徹底的に批判し、「日本が朝鮮の近代化を阻害した」という典型的な「日本悪玉論」を唱えている教授です。

李泰鎮教授「植民地期は祝福どころか近代化を阻害」

また、日韓併合条約に国王の署名がないということで、不法論を主導している人物でもあります。しかし条約には、当時の国王から全権を委任されていた当時の李完用首相が調印したのであり、これを無効だとするのはいくらなんでも荒唐無稽です。

中国人民大学国際関係学院の時殷弘教授は「米国の大統領が被爆都市(広島)を訪問するのは、中国を刺激する行為だ。(米日両国は)安全保障をめぐる競争をあおり、アジアの平和を脅かす行為をやめるべきだ」と述べたそうですが、なぜ被爆地をアメリカ大統領が訪問することが、アジアの平和を脅かす行為なのか、いまひとつわかりません。

この時殷弘氏は北京の代弁者であり、これまでも「南シナ海は譲れない」「安保法制は日中の対立を深める」などと発言してきた過去があります。

日本からは朝日新聞の若宮啓文・前主筆が出席しましたが、「広島は日本の被害ではなく、人類全体の悲劇を象徴する場所であり、米国の大統領が訪問するのは『核廃絶』のメッセージを発信するうえで基本的に望ましい。広島には韓国人被爆者も多かった」と述べたものの、「右派の首相が政権の座に就き米国との防衛協力を増強している時期でもあるので、特に中国や韓国などに波紋を呼ぶのだろう」とも述べています。

この若宮氏はかつて朝日新聞のコラムに「いっそ日本が竹島を譲ってしまい、韓国がこの英断を称えて『友情島』となづけて周辺の漁業権を日本に認める」ということを夢想するなどと書いたことでも有名です。また、かつて朝日新聞の主筆時代に、政治評論家の三宅久之氏との対談を行った際、三宅氏が「朝日は安倍というといたずらに叩くけど、いいところはきちんと認めるような報道はできないものか」と尋ねたところ、「それはできません。(安倍叩きは朝日の社是だからです」と答えたとされています(小川榮太郎『約束の日 安倍晋三試論』)。

このソウルでの会談において若宮氏は「その意味でも日本の首相の中国・南京への訪問天皇の韓国訪問が可能な状況であればより望ましい」と、とんでもないことを述べています。南京虐殺などという中国の嘘のプロパガンダのために、なぜ日本の首相が南京を訪れなければならないのでしょうか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国・韓国は、なぜオバマの広島訪問にこれほど怯えるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい