身内以外は全員敵? 中国人に日本の「おもてなし」が通じぬワケ

dairen20161130
 

中国でビジネスを展開する日本人が、中国人に違和感を抱くことが度々あるというのはよく聞く話。それも国民性だと頭ではわかっていても、物事をズバズバ言う彼らに辟易している日本人は少なくありません。しかし、メルマガ『中国大連ビジネスリポート』の著者・高瀬正博さんは、中国人も日本人の美学である「大人な態度」を快く思っていないと指摘。むしろ、気を遣うほど中国人は遠ざかっていくという驚きの事実を明かしています。

大連から感じる日本の引っ込み思案的な態度

大連の今日は、時々小雨が降り車のフロントガラスを少々濡らすけれど、すぐそれは乾いてしまう。大連は、もともと乾燥度の高い地域だからかも知れない。洗濯ものなどは夏よりも早く乾くのでとても便利に思う。でも、風邪を引きやすくするので要注意だ。何でもそうだろうが、一長一短ある。

11月に入ってすぐ、各家庭に備え付けのスチームに暖気が入り、室内温度は24℃で外気との差は12℃以上はある。だから室内での服装といえば、Tシャツ一枚なんていう人もいる。でもさすがに外出ともなると、その3倍以上の衣服を纏って出かけるのだ。

こういう生活をしていると、おのずと気性も激しさを増してくるらしい。

己中心こそが中国人の考え方だということがよく言われている。自我を通すことで生きる道標を見出していくのだ。自我の中には、家族や親戚も含まれている。それ以外はいずれも関係なく、利害関係が起きた場合、それを自我の範疇に入れるためには、すべてが敵となるのだ。

日本人の言う「まあ、まあ、そこのところは…」なんていう曖昧な言い回しは決して通用しないし、そんな悠長なことを言っていれば、相手にその隙を突かれて横取りされかねない。どのような時代になろうとも、この気質は絶対に変わらないだろう。

反面、日本人は? と考えると、まず最初に弱さを感じる。突っ込まれたら、突っ込み返す、そういう強さがまったくない。大人的な思考を巡らして、大人的な対応を、なんて言っている、考えている、そんな時間の間に次から次と、ひたすら突っ込まれてくるだけ。

中国人に対する言葉の使い方をまず知らないから、ただただ責められるだけ。中国人をねじ伏せることができる理論を、中国人が納得する言葉を添えて面と向かって堂々と言論闘争すればいいのだ。

print

  • 身内以外は全員敵? 中国人に日本の「おもてなし」が通じぬワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け