アメリカ耐えろ。「パナマ文書」で中国からサイバー攻撃が激化中?

slack_for_ios_upload.png
 

本日、ワシントンに本拠を置く「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」が、タックスヘイブンに設立された世界21万4000法人の情報など、いわゆる「パナマ文書」をホームページ上に公開しました。

世界中がリアルで阿鼻叫喚となっている今、ネット上でもサイバー攻撃が盛り上がっているのではないかと思い、国家間のサイバー攻撃をリアルタイムで分析・可視化するサイトNorse IPViking」を覗いてみました。

_____________________

5月10日12:45時点で一番攻撃されてる国はやはりアメリカ! 続いてUAEドイツロシアと続いています。

続いて攻撃を仕掛けている国のトップは中国アメリカドイツフィリピンとなっています。

frag

中国がアメリカに攻撃、そしてアメリカが反撃というサイバー攻撃が可視化されています。

slack_for_ios_upload-2.png

チャイナ砲が米国に着弾!

 

screenshot_2016-05-10-13-20-31

世界大戦はもう開戦してる

これもパナマ文書の影響なのでしょうか? すでに第三次世界大戦は私たちの見えないところで始まっているのかもしれませんね。 

image by: Norse IPViking

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • アメリカ耐えろ。「パナマ文書」で中国からサイバー攻撃が激化中?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい