南海トラフに不気味な「ひずみ」。地震予測のプロはこの異変をどう見る?

shutterstock_382849273 copy
 

未だに収束の目処が立たない熊本地震 の混乱が続く中、海上保安庁の調査により、南海トラフ周辺に巨大地震を引き起こす「ひずみ」が存在することが明らかになりました。まさに地震大国・日本で暮らす我々にとって避けては通れない巨大地震。その発生時期を予知・予測しようと努力する民間団体の存在をご存知でしょうか?最新の地震予測情報を伝えてくれる3つのメルマガを紹介します。

●海底の直接測定でわかった南海トラフのひずみ

最大で震度7の揺れが観測され、熊本県を中心に大きな被害が出た今回の熊本地震。発生から1か月半経った現在も、余震とみられる揺れが頻繁に起こっており、終息する目途はまったく立っていない。

そのいっぽうで、先日イギリスの科学誌ネイチャー電子版に掲載された海上保安庁による論文が、大きな波紋を呼んでいる。その内容とは、南海トラフ周辺の広い範囲で、地震を引き起こす源とされる「ひずみ」が蓄積されている、というものだ。

南海トラフといえば、四国の南方から駿河湾に至る海底に存在する水深4000m級の海溝で、近い将来起こるとされる、巨大地震の震源域として注視されているエリア。国が発表した被害想定によると、最大でマグニチュード9クラスという巨大な地震の発生が見込まれており、その場合は津波などにより、約33万人の死者が出るとされている。

海上保安庁では2000年度から、日本列島周辺の海底にGPS観測器を設置し、ひずみがたまる陸側と海側のプレートの境目の動きを測定。今回の論文では、南海トラフ沿いに設置した15か所のGPS観測から、06年度から15年度に発生した地盤変動を分析し、その結果が明らかにした。それによると年間で最大5.5センチも移動する地点も存在するなど、南海トラフの広範囲にひずみが蓄積されていることが判明。また具体的なエリアとしては、四国の沖合や遠州灘の沖合で、特にその傾向が顕著であることがわかった。

これまでは海底の動きを正確に測定する術がなく、陸地にある観測点のデータから、海底の動きを推定していたという。しかし今回の分析結果は、海底の動きを直接測定したデータが用いられた点で非常に画期的で、これにより南海トラフにおける巨大地震発生のメカニズム解明が進むのではと、大きな期待が寄せられている。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 南海トラフに不気味な「ひずみ」。地震予測のプロはこの異変をどう見る?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい