1分もかからない返信を後回しにするビジネスマンは信頼を失う

shutterstock_711609931
 

ビジネスでの人間関係には信頼や信用が第一です。それをわかっていながら、なぜか返事や対応を後回しにしてしまう人がいますが…、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さんは、そんな人は自から進んで信頼を失っていると批判、たとえどんない忙しくても迅速に対応するのが基本だと記しています。

返事や対応の遅い人は…

仕事をしているとこんな場面、ありませんか?

A 「こないだ打ち合わせした件、どうなった?」
B 「あっ、すっかり連絡するのを忘れてました(汗)」

とか、

A 「先日、お願いしておいた件ですが、いかがでしょう??」
B 「あっ、すいません。バタバタしてましてまだ検討できていません(汗)」

とか、

A 「先日ご依頼頂きました件についてのお見積もりを出してから2週間経ちますが、いかがでした?」
B 「あっ、あれね。まだちゃんと見てないや」

など。このように頼んだことや伝えたことに対してBのようなタイプの人が時々います。そして、言い訳に挙がってくるのが、

「バタバタしてまして…」
「うっかりしてました。」
「出張が続きまして…」

など、自己都合によるものが大半。仕事を依頼したり、企画を提案したり、問い合わせをしたりあるいは、依頼を受けてそれに応える側にとっては、たまったもんじゃありません。イライラして余計なストレスを抱えるだけならまだしも、ある意味、その相手に裏切られたって感じてしまうこともあるでしょう。

相手のことを信用して、仕事を依頼をしている。相手の力量を見込んで、提案をする(あるいは依頼を受けて提案や見積もりをする)。相手のことを信頼して、問い合わせをする。

完全に抜けていたり、反応が遅れる、遅いということは、こうした信用や信頼を台無しにしてしまうのです。たとえどんな些細なことでも、迅速に対応し、返事をするのがマナーです。忙しければ忙しいということを相手に伝え、返事がその分遅れる、とか、いついつまでに返事します、ということくらいはできるのです。それすらやらないというのは、自ら信用を失っていっているのと同じです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 1分もかからない返信を後回しにするビジネスマンは信頼を失う
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい