とうとう日本にも。トランプが突きつけた貿易戦争を避ける手段

kitano20180913
 

中国、欧州相手に貿易戦争を仕掛けてきたトランプ大統領ですが、ついに日本との貿易協議に関しても強行姿勢を示し始めました。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、トランプ大統領の性格の知っておくべき3つの特徴をあげた上で、日本政府はその特徴に即した対応策を取るべきだと論じでいます。

トランプ、シンゾーとの緊密な関係は「終わる」

皆さんご存知のように、私の「トランプ観」は複雑です。まず、「アメリカ・ファースト」というスローガン自体がまずい。これ、「国益を最優先するのは当たり前」という意見もあるでしょう。

それなら、なぜどの企業も、「わが社ファースト! わが社の目的は、わが社の利益をマックスにすることです!」といわないのでしょうか? もしどこかの会社がこう宣言すれば、嫌われて誰もその会社の製品を買わなくなるからです。

誰かが、「私の哲学は、『自分ファースト!』です。まずは、自分の利益を最優先させます!」と宣言したらどうでしょうか? この人に友達はいなくなるでしょう

「この世界に、自己中心の人、自己中心企業のいる場所はない」

こんなことは、誰にもわかっていることですが、話が国家になると、「別の原則で動いている」とカン違いしてしまうのです。

というわけで、私は大昔から、「アメリカ・ファースト」というスローガンは「ヤバい!」と感じていました。

実際、彼が大統領になるよりずっと前、2016年4月に、「トランプ大統領誕生なら米国は覇権国家から転落する」という記事を書いています。

しかし、トランプに対する期待もありました。それは、彼が選挙戦中、一貫して「親ロシア」「反中国」だったこと。

皆さんご存知のように、私は15年ぐらい前から、「日本最大の脅威は中国である。しかし、日本アメリカロシアが組めば中国を封じこめることができる」と書いてきました。リアリスト神・ミアシャイマーさんも、世界最強の戦略家ルトワックさんも、同じことを主張しています。

ところが、現実はなかなか厳しい。主な理由は、「米ロ関係がとても悪い」こと。ところが、「親ロシア」「反中国」のトランプが大統領になった。安倍総理は、誰もよりも速くトランプと会い、良好な関係を築いた。それで、「いよいよ日米ロ同盟にむかうのか? トランプにはそういう戦略があるのか?」とかなり期待しました。

ところが、「トランプは戦略家」というのは、どうも違うようです。戦略家であれば、敵ナンバーワン中国に対抗するために、その他の国々とは和解していくはずです。しかし、トランプは、中国と貿易戦争をはじめただけでなく、欧州とも開始した。それで、欧州は中国ロシアに接近し、「一緒にトランプに対抗していこう!」というムードになっている。

  • アメリカ 対 欧州、ロシア、中国

本来であれば、

  • アメリカ、欧州、ロシア 対 中国

という構図にもできるはずなのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • とうとう日本にも。トランプが突きつけた貿易戦争を避ける手段
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい