大人にこそ必要。あなたは「あたたかい学力」を身につけてますか

shutterstock_1099166561
 

これからの時代に必要とされる「学力」は、単に勉強ができるというだけでなく、模範解答のない問題に立ち向かっていく力である、とも言われています。今回のメルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』では著者で現役教師の松尾英明さんが、子どもだけではなく大人にも必要な能力のキーワードとして、ある学校の校長先生が提唱する「あたたかい学力」について解説しています。

「あたたかい学力」をつけよう

先日受けた、赤坂真二先生の学級づくりセミナーからの学び。

ある校長先生の言葉で「あたたかい学力」をつけようとのこと。つまりは愛情ベースの論理」である。この「あたたかい学力」とは具体的にどういうことを指すのか、自分なりに解釈してみた。

こういうことを考える時、私は得意の逆思考である。「冷たい学力を定義しその逆を考えればよい。冷たい学力。それは、利己的な学力である自分だけがよければいいという学力である。

逆に言えば、あたたかい学力は利他的であるといえる世に貢献する学力である。

冷たい学力。それは、冷たく凝り固まった学力である。応用が利かない。決められたテストに対し機械的に決められたように答える学力である。公式の丸暗記などもこれに当てはまるだろう。

逆に言えば、あたたかい学力は、応用が利く学力である。模範解答の存在しない問題に対し立ち向かっていける学力である。要は、あたたかい学力とは、クラス会議でつけようと目指す力そのものである。他に貢献し仲間と協力しながら自分たちで答えを求め新たな問題を発見していく。これからの時代に必要な学力である。

子どもにつける学力の話のようで、これは大人にこそ必要である。凝り固まった思考をしていないか。身の回りにある様々な問題に対し「仕方ない」「そういうもの」と諦めていないか。いや、そもそも問題を問題と捉えていないことこそ最大の問題点である。

子どもに「あたたかい学力」をつけられるよう、自分自身にその力をつけたい。

image by: Shutterstock.com

松尾英明この著者の記事一覧

『まぐまぐ大賞2014[無料部門]教育・研究』の大賞受賞メルマガ。実践例を通して、教育観を磨きながら、具体的な手法にもふれていきます。「教育を志事にする」を信条に、真に役立つ実践的な情報だけを厳選してお伝えします。教育関係者を中心に、子どもに関わる全ての方々に向けて発信します。登録・解除ともにすぐできますので、ご一読よろしくお願いいたします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術 』

【著者】 松尾英明 【発行周期】 2日に1回ずつ発行します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 大人にこそ必要。あなたは「あたたかい学力」を身につけてますか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい