相手の「売り言葉」を借金してでも買って信頼性を手に入れる方法

shutterstock_708636244
 

「やれるもんならやってみろ」…なんて言う、相手も勢いで口にしたような言葉に、あなたならどう答えますか?その時の対応が、後の人生を大きく左右するかもしれません。今回の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』では著者の佐藤しょ~おんさんが、人生の岐路に立たされた時に敢えて勝負に出ることがいかに大切かを説いています。

クチだけだとバレそうになったら

ちょっと前に、口だけでおべんちゃらを言うかのように、

  • このメールマガジンは有料でも良いと思います! とか
  • 今日のネタは10万円以上の価値があると思います!

と言う人のことを書いたんですが、あなただって私だって人間なんだから、相手に気分良くなってもらおうとか少し大げさに褒めてしまうなんてことはあるんですよね。

ところがそんなことをしても、フツーは問題にならないわけ。ところがたまに、私のように

 ● おカネを払う価値があると分かったんだねだったら払ってくれる?

ってツッコむ人がいたりするんですよ。その場合どう振る舞うべきなのかというと

 ● そうですね!では○○という団体に30万寄附します!

と言って、借金をしてでも行動するんです。

「払ってくれる?」という人は、完全に売り言葉のつもりで、相手が本当に払うとは全く考えていません。というか、今までの人生でこれを行動に移した人が皆無だからこそ、払ってみろよって言えるわけです。

男たるモノ、この状況になったらやらなきゃならないんですよ。この時のあなたの態度でこれからの人生が決まるんですよ。

あなたのこの態度は見ている人はじっと良く見ていますから。そしてこういう場面で、口だけになっている人は、まったく信用されませんから。といっても、本人は全く気付いていないんですけどね。そこが非常に痛い。

これが中学生や高校生ならまだ分かるんですけど、社会人歴10年以上の人がやっちゃうと、まともな人は相手にしなくなりますから、要注意ですよ。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 相手の「売り言葉」を借金してでも買って信頼性を手に入れる方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい