ロシア軍の爆撃機が日本の太平洋上で領空侵犯。防衛省発表

2019.06.20
77
by gyouza(まぐまぐ編集部)
1024px-Ministry_of_Defense2 copy
 

NHKニュース共同通信などによると防衛省の発表で、20日午前、ロシアの爆撃機が沖縄県・南大東島と東京都・八丈島付近の計2回、領空侵犯したという。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進して対応したが、危険な行為はなかったという。NHKニュースによるとロシア機やロシア機とみられる航空機が日本の領空を侵犯したのは、4年前の2015年9月以来としている。航空自衛隊は2018年度、領空侵犯のおそれがあるとして999回のスクランブル=緊急発進を行っていたが、このうちロシア機に対するスクランブルは343回と全体の34%、中国機の638回に次いで2番目に多かったという。


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: 本屋 [CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

source: NHKニュース共同通信

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • ロシア軍の爆撃機が日本の太平洋上で領空侵犯。防衛省発表
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい