増加する企業のメンタルヘルス問題。デメリットはこんなにも多い

shutterstock_709138306
 

先日掲載の「6割の企業が抱える社員のメンタルヘルス問題。解決の糸口は?」では、現代の企業ならではのメンタルヘルスの問題点と、国が講じる対策等を紹介した無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』。今回は、中小企業ではあまり生かされていないのが現状という「産業医」の職務等が記されています。

産業医の職務

大塚 「メンタルヘルスの研修で、デメリットについては、講師さんって、どんな風に話しておられた?」

新米 「うーん、まず、メンタルヘルス不調者による休職者が増えると、労働損失経済的逸失利益が発生します」

深田GL 「それに同じ職場の人が休むことによる、残っている人たちの負担増、それによる事故やミスの増加モラルダウンも避けられないだろ」

E子 「うーん、最近は特に人手不足だから堪えるわねえー」

新米 「優秀でモチベーションの高い社員の離職・転職、インターネットへの書き込みなどの会社の信用低下、顧客へのサービス低下によるトラブル頻発、新規サービスの企画力低下など、与える影響は甚大とも…」

大塚 「もしも自殺なんてことがあったら…?」

新米 「安全配慮義務違反不法行為責任損害賠償責任も問われることがあります」

深田GL 「民事訴訟に発展することもね」

E子 「職場の人たちも強い衝撃を受けるでしょうね」

大塚 「同じように悩みを抱えている人の自殺願望も大きくなるかも」

印刷する

人気のオススメ記事

  • 増加する企業のメンタルヘルス問題。デメリットはこんなにも多い
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい