やらないで済む家事はないか。新しいコトをする時間を作る方法

shutterstock_1232042338
 

時間は誰にとっても公平に与えられた資産ですが、1日24時間という有限なものでもあります。そんな限られた時間の中で、明確なゴールのない家事を上手に段取りしていくには何が必要なのでしょうか。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、時間をやりくりするための「やらないことを決める」ことの重要性を説いています。

やらないことできないこと

さて、本日は選ぶお話

暑くなってきましたね!なーんていうレベルじゃないですよねえ。それなのに、来る日も来る日も家事は減らない(T∇T)

この、家事が減らないフシギを常々考えてみているんです。これはおそらく日本では家事のレベルアップを目指すあまり

  • 新しくやること

ばかりを考えるからではないかと思っています。家事は明確なゴールがなく無限に増えていきかねません。いや、私もオットによく言われているんですよ。

  • 新しいことを始めたいならなにか止めなきゃムリだよ(´0`;)

って。

当たり前ですが、時間は有限なんです。それなのに、新しく始めることを増やしていったら、時間はとーぜん足りなくなりますよね。この、当たり前の計算がなぜだか家事だとできなくなるんですよ。

家事は、明確なゴールもなく、時間や成果で計測しにくいですから、家事では

  • できないことやらないことを決める

ことがずーーーっと重要です。時間が有限であることの帰結として、なにかをやり始めるなら今既にやっていることを止めなきゃできるわけありませんから。

そして、できないことやらないことは、そのご家庭によって違うでしょう。家事の中でなにを大切と考えるのかは、それぞれ違うはずだからです。

ちなみに、我が家では

  • オットのシャツの洗濯

はやらないことに決めています。理由は

  • 洗濯担当の義母が難しい素材モノの洗濯が苦手
    洗濯タグ見ないんですよ…ヒソヒソ
  • 私がアイロン掛けが苦手
  • タタミ仕上げにして出張に持っていきたい

からです( ̄∇ ̄)…つまり、要は苦手だから」ですよ。

もちろん全部のシャツをクリーニングに出しているわけではありません。シワになりにくい(つまりアイロンを掛ける必要がない)素材ならフツーに私が洗濯しています。

ソコは選択…あ、別にシャレじゃなくて( ̄∇ ̄)…しているんです。

これで確実に数時間は空いているわけでここを他の家事に振り分けるんですね。逆に数時間しか空いていないので、難しい家事のための時間としては、足りないかもしれませんね。それでも、新しいことが入り込める余地は、この数時間分しかないんです。それ以上はとーぜん諦めます。

まるっと止められない場合には、

  • 頻度を落とす

ことを考えてみてくださいね。つまり

  • 毎日やっているものは週イチに
  • 週イチやっているものは隔週に
  • 隔週やっているものは月イチに

するということです。これもやらないこと出来ないことを決めるのと同じですから。

我が家では、タタミスペースの掃除の頻度を落としました。引っ越して来た当時は、他の場所と同じ頻度でやっていたのですがタタミスペースは、日常的に使う場所ではなくあまり汚れない上に置いてあるものも少なく散らかりにくいんです。なので、ここは10日に一度くらいに減らしました

このくらいでもちゃんと時間が空きますから。

逆に始めた家事は、

  • テキトースイーツ作り

ですね。ちょっとスイーツが食べたいと思っても、お店までとても遠いところに住んでいるので、簡単に買いに行けないんですよね。また、市販のスイーツをとても甘く感じるようになってしまったのも手作りするようになった理由です。現在は、甘さ控えめのスイーツをテキトーに作っています。

積み上げやすい性質がある家事。きっと積み上げすぎ詰め込みすぎになっているはずですよ。やらないことできないことがないか一度見直してみてくださいね。

image by: Shutterstock.com

真井花(まないはな)この著者の記事一覧

食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 システマティックな「ま、いっか」家事術 』

【著者】 真井花(まないはな) 【発行周期】 週3回(月水金)刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • やらないで済む家事はないか。新しいコトをする時間を作る方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい