韓国籍の男が警察病院から逃走。中野駅でバス降車、顔と名前公表

2019.08.19
64
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1032245182
 

窃盗事件で逮捕されたのちに、治療のため釈放されていた韓国籍の男(60代)が18日午前、入院していた東京・中野の「東京警察病院」から逃走した事件で、警察は、男が財布や携帯電話を持って逃走している可能性があることが新たにわかったと、JNN産経新聞など複数のメディアが報じた。男は今も逃走しており、警察が行方を追っている。警視庁は顔写真と名前を公表して指名手配している。

日本テレビ「news every.」や日テレニュース24などによると、男は韓国籍の佐藤沅基こと、金沅基(キム・ウォンギ)容疑者(64)で、JR中野駅までバスで移動し、降車したあとから行方がわかっていない。警視庁は顔写真を公開し指名手配している。


Twitter上の反応



※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: JNN産経新聞日テレニュース24

image by: StreetVJ / Shutterstock.com

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国籍の男が警察病院から逃走。中野駅でバス降車、顔と名前公表
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい