自分に質問してみる。弁護士流、何事もうまく行かない時の解決法

shutterstock_1444341302
 

とんとん拍子に話がすすむと思っていたら、思わぬ問題発生…。よくある話ではありますが、そんな時、あなたは自らの不運を呪いますか、それとも正面突破を図り問題にぶつかりつづけますか?今回の無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』では現役弁護士の谷原誠さんが、一発逆転の発想を自らに問いかける「斬新な解決法」を紹介しています。

うまくいかない時の質問

こんにちは。弁護士の谷原誠です。

何かをやろうとするとき、障害が発生するのが常です。

「予算があと少しあれば…」
「人数がもう少し集まれば…」
「あの会社が協力してくれさえすれば…」

このような場合、障害を突破するためにまずは自分に質問するわけです。

「どうすれば、予算を増やすことができるだろうか?」
「どのタイミングで交渉すれば、予算を増やすことができるだろうか?」
「どんな条件を出せば、予算を増やすことができるだろうか?」

しかし、いくら考えても、うまくいかない、ということもあります。その場合でも努力し続ける、という方法もありますが、一度逆転の発想をしてみるという方法もあります。

反対から、自分に質問してみます。

「この予算でも成功させるには、どうしたらいいだろうか?」
「この人数でも成功させるには、どこを変えたらいいだろうか?」
「あの会社が協力してくれない場合、他に誰が協力してくれたらうまくいくだろうか?」

などです。ないことを前提に成功の方法を探してみる、ということです。「今ある環境の中で最大限努力する」ということです。

これは、自分の普段の生活についても同じです。

「お金さえあれば…」
「時間さえあれば…」
「あの上司さえいなければ…」

など、環境について不平不満に思う人が多いと思いますが、一度反対から、

「お金がなくてもうまくいくには?」
「時間がない中で、うまくやるには?」

など、自分に質問してみると、意外にうまくいく方法が見つかるかもしれません。

質問に興味がある方は、ぜひ、この本を読んでみてください。

人生を変える「質問力」の教え』(WAVE出版)

今日は、ここまで。

image by: Shutterstock.com

谷原誠この著者の記事一覧

人生で成功するには、論理的思考を身につけること、他人を説得できるようになることが必要です。テレビ朝日「報道ステーション」などでもお馴染みの現役弁護士・谷原誠が、論理的な思考、説得法、仕事術などをお届け致します。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 弁護士谷原誠の【仕事の流儀】 』

【著者】 谷原誠 【発行周期】 不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 自分に質問してみる。弁護士流、何事もうまく行かない時の解決法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい